勇敢なる希望の勝利

アメリカで人気抜群の黒人女性テレビ・パーソナリティのオプラ・ウィンフリーはごく初期の段階からオバマ支持を明確に出し、ヒラリーとも親しかったのに女性を支持しないのかという批判をものともせず、オバマを応援し続けてきました。

彼女はシカゴのオバマの勝利演説の際の大観衆の中にも居て、潤んだ眼で演説に聴き入っていましたが、終わった後のインタビューで感想を訊かれて、I think hope won.(希望が勝利したのだと思う)と答えました。彼女らしい簡潔で的を得た答と感じ入りました。



オバマ勝利演説の要旨←日本語訳)

この姿を投票日前日に亡くなった彼のおばあさんや、予備選でオバマが勝ったときに涙声になっていたTim Russertに見せたかった、、、。彼はどんなにこの歴史的瞬間を自分で報道したかったことでしょうか。

でも、彼らは天国でこの姿をしっかり見届けたことでしょう。キング牧師や他の多くの人々と共に、、。



これはロックフェラーセンターに架設されたElection Plazaで固唾を呑んで見守っていた群衆の当選の瞬間。歓呼の声で、文字通り建物が揺れたと今朝の報道番組で伝えられていました。

参考:

ミシェル・オバマに関する日本語記事←私は彼女のファンでもあります。というか、彼女が選んだ伴侶であるからオバマを信じられたという面もあります。お互いに相応しい理想の夫婦であり両親だと思います。これから彼らの素晴らしさがもっともっと日本でも知られて行くだろうことも、とても嬉しく思っています。

d0042100_222188.jpg
The Audacity of Hope(邦題:『合衆国再生 大いなる希望を抱いて』)←このサイトの下の方に出てくる商品説明、分かり易くてなかなか良いです。audacityは大胆不敵、勇敢、無謀、というような意味です。
[PR]

by bs2005 | 2008-11-05 23:25 | ドラマ・ド・オバマ  

<< I am who I am. It's history! >>