菅おろしは電力業界の陰謀?

相変わらず被災地そっちのけの政争、日本で一番低レベルのものは政治だなと改めて痛感します。

そして一番分からないのは菅おろし。菅さんが後手、後手の不手際であったことは、誰の眼にも明らかだし、原発問題を正しく処理してきたかは、20ミリシーベルト問題を初めとして大いに疑問です。でも、他の人が同じ立場に居ても、似たようなものだったのではないでしょうか。前代未聞の大天災と大人災が同時に起きた状態で、誰がまともに出来たでしょうか。

それだけでなく、有効な対案を提示できた政治家が他に居たでしょうか?菅さんが辞めて実際にこの人ならと思えるような人も居ず、居ないのみならず、誰も推薦すら出来ず、その後の展望を提示出来ない状態で、何故、「とにかくおろすこと先ずありき」という感じになっているのでしょうか。具体性がどこにも見当たりません。

経団連の有力なメンバーである電力業界、マスコミにも強力な影響力を持ってきた電力業界、長年与党として君臨してきた自民党と強力に連携し、核武装を本音とした原発推進に加担してきた電力業界、この業界が菅おろしの黒幕ではないかと私には思えてなりません。

浜岡原発を停止し、再生可能エネルギーの推進、買取りに進もうとしていること、発電、送電の分離を行おうとしていること、どれを取っても、菅さんが今やろうとしていることは、電力業界にとっては、どんな手段を駆使しても止めたいことでしょう。彼らが音頭をとって根回ししているからこその菅おろしなのではないでしょうか。

何の具体性も無いのに、ただおろすことのみが語られ、先行していることに大きな疑問を抱きます。

今回の災害対応で一番問題なのは、日本には「非常事態宣言」をする法律的根拠が無いことだと思います。アメリカならば大統領なり知事なりが、こうした災害にはただちに〔非常事態宣言」を発し、平常時とは違う迅速な処理がされます。まず法律を通してからなどということを一々やっているから、こんなに後手、後手なのだと思います。

菅さんのせいばかりではないと思うし、繰り返しますが誰がやっても同じで、それどころか谷垣さんや石原さんならもっと駄目だったでしょう。坊ちゃん政治家鳩山さんや利権に聡い小沢さんは言うまでもなく、、。

菅さんには大いに不満がありますが、それがおろす根拠にはならないと思います。被災地の対応が遅れているのを菅さんが下りないせいのようにただ煽っているだけのマスコミも電力業界とグルなのではないかとさえ思ってしまいます。どう考えても今は、首相おろしなどやっている場合じゃない筈で、被災地の対応が遅れているのはそのせいとしか思えません。

今、菅さんがおりることによって得られるものと失うものを天秤にかけると、日本の庶民にとっては失うものの方がはるかに大きいように思えて、私は電力業界への怒りを禁じ得ません。
[PR]

# by bs2005 | 2011-06-24 03:40 | 異論・曲論  

震災後の日本に初めて行って

更新、一ヶ月空いてしまいました。その間、何をしていたかというと、日本に行ってました。

震災後初めて、地震が大の苦手な私は余震に怯えながら日本に向かいました。日本のイメージは悲惨そのもの、暗いものでした。周りのアメリカ人もそうでした。皆、そのイメージから、日本から戻った私にも、「みんな、大丈夫だった?どうだった?さぞ日本は暗く沈んでいたでしょう?」と心配そうに、気の毒そうに訊きます。

飛行機に乗って先ず驚いたのは、こんな時に日本行きの飛行機に乗る人はそう居ないだろうと思っていたら満席で、いつも必ず通路席を確保して行くのに、どうにもこうにも通路が取れなかった程だったことでした。みんな、そんなに気にしないで日本に出かけるのだな~と思ったのですが、成田に着いてまた驚きました。

成田で乗り換えて他の国に行く便に並ぶ列が今までに無い長蛇の列でした。日本を素通りして行く人々がこんなに多いのだ、飛行機に乗っていた人々の多くは、日本に来たのではなく、日本を素通りする人達だったのだと寂しく思いました。ここでも暗い気持ちになりました。そんな気持ちで、ただただ暗い日本をイメージしてやって来た私だったのです。

今回は娘の手伝いが主な目的だったので、あまり出かけませんでした。駅前の本屋で、原発関係の本がうず高く積まれ、飛ぶように売れていることを想像していたら、その関係の本を探すのに苦労して、やっと見つけましたが、それを見る人も居ず、その無関心ぶりに先ず驚いてしまいました。今度こそ、もっと原発への関心は深まっているだろうと思い込んでいたので。

そして、もう何年も会っていない友人と会う為に一度だけ新宿まで出かけました。こんなことがあって、人出もそんなに前ほど居ないだろうし、街もどことなく暗い不安げな雰囲気なのだろうとアメリカで思い込んでいたので、出てみてまた驚きました。以前以上の人の波。買い物を楽しむ人々、外食を楽しむ人々、思い切りお洒落をして歩いている人々。暗さも不安もみじんも感じられません。

放射線や汚染のことは心配していないのか?何とのんきに見える人々なんだろう?もう喉元過ぎてしまったのだろうか?日本人てよほど鈍いのだろうか?汚染がはっきりと眼で見えないと、こんなに何事も無かったようにしていられるのだろうか?日本人は一体どうなっているのだろう?

そんな風に感じて、アメリカで悲惨なイメージを抱いていた私は、ただただ驚いてしまいました。正直言って、その時は呆れてしまいました。親しい友人にはそういう無遠慮な感想を漏らしてしまいました。友人の一人には「本当に呑気なわけじゃないわよ」とたしなめられました。

でも、今、こうやって戻ってきて、友人のその言葉の正しさを感じています。私はあの震災の日、日本に居ず、その体験を共有していないから、深い部分が見えなかったのだろうと。原発の話を娘としていた時、「もういい」とその話を遮られたときにも、そう感じました。きっとあの経験をした人々にとって傷は深すぎて、表に表すこと自体が今は苦痛なのかもしれないと。

9・11をアメリカの地で体験しなかった人々には絶対に共有してもらえないものがあるのと同様に、3.11を日本の地で経験しなかった人間には、同じ日本人でさえ絶対に共有できないものがあるのだろう、そのことを謙虚に受け止めなければと思いました。うわべからだけでは本当のことは分からないと云う当たり前のことを忘れていたことに、気づかされた今回の帰国でした。

被災地以外での日本の様子があまりにも平常で変わらないので、日本に戻ってきた外国の人も多いとか。日本人がこうやって何事もなかったかのように暮らしていること、それは日本人の鈍さではなく、強さなのだと誇りに思い始めた私です。
[PR]

# by bs2005 | 2011-06-23 14:24  

小沢氏米有力紙インタビューのマスコミ報道の歪み

今、忙しくて時間がないので、原文のままご紹介します。ニュースではNHKも読売も全くこのインタビューを歪んだ形で伝えています。あたかも小沢氏の言い分の正当性を外国有力紙が取り上げているかのようです。以下にその原文(ウォール・ストリート・ジャーナル誌)を載せます。

長いので、どちらも無視して報じていない部分を赤で表示します。有力紙と言いながら、NHKではその誌名も挙げていないのは、原文でチェックされたくないのかとさえ疑ってしまいます。直接的な言い方は避けていますが、赤字部分以外でも、繰り返し、彼の置かれている立場を指摘していることからも、この記事はむしろ小沢さんを批判する意味で書かれているように私には見えます(この部分はオレンジで示します)。NHKも読売もその面をこそぎ落として報道しているように見えます。今、日本はこんな政争に巻き込まれている場合じゃないことこそ報道するべきなのに。

すみません、しばらく忙しくコメントのお返事もできません。お許しください。


Japan's Ozawa Challenges Kan Over Crisis

By YUKA HAYASHI And TOKO SEKIGUCHI

TOKYO—Ichiro Ozawa, the political power broker laid low by corruption charges, says he is ready to take on longtime party rival and sitting Japanese Prime Minister Naoto Kan for what he sees as the government's mishandling of the continuing nuclear energy crisis.

In an interview with the WSJ, Ichiro Ozawa, former president of the ruling Democratic Party of Japan, speaks about the government's handling of the nuclear crisis, failing support for the DPJ and his own political future.

The brash statement by one of the nation's most controversial political figures has further exposed the deep split that has emerged within the ruling Democratic Party of Japan, even as the government grapples with trying to contain one of the most complex disasters ever to face the country and rebuild the struggling economy.

Despite being in the middle of preparing to defend himself over charges of misstating the financial statements of his fund-raising group
, Mr. Ozawa told The Wall Street Journal in a rare interview that the prime minister should step down to pave the way for a new political era in Japan.

The veteran politician reiterated he had "done nothing wrong" and pledged to fight the criminal charges brought against him. He is awaiting trial, which is likely to start late this year.

Mr. Ozawa, who retains appeal to a certain segment of voters, said he wants to emerge from the scandal's shadow and serve as a catalyst for change, as he has done repeatedly over the past two decades in a roller-coaster political career.

"I was thinking about just fading away but now I feel I have a bit more work to do," Mr. Ozawa said, calling himself an old soldier, alluding to the words of U.S. Gen. Douglas MacArthur.

Mr. Ozawa, the former leader of the ruling party, said he believes that "anxiety and frustration are growing" among the Japanese people because of the government's inability to come up with effective solutions more than two months after a magnitude 9.0 earthquake and tsunami triggered the worst nuclear crisis since Chernobyl in 1986.

"If the prime minister cannot implement policies, it's meaningless for him to stay in power," Mr. Ozawa said. "I think the sooner he's replaced, the better."

Tetsuro Fukuyama, deputy chief cabinet secretary, said he was disappointed by Ozawa's remarks.

"Each politician has their own ideas, own views," Mr. Fukuyama said in Deauville, France, where he was accompanying Mr. Kan for the Group of Eight Summit. "But it is a bit disappointing," he added.

Despite the growing attack from the Ozawa sympathizers in the party, Mr. Kan himself has hinted he could offer a greater role for the senior politician in Japan's effort to rebuild the quake-damaged areas in the northeast, including Mr. Ozawa's own district.

Mr. Ozawa wouldn't say who should succeed Mr. Kan, nor would he confirm if he was himself interested in the post that has always eluded him.

But he was clear on the qualities he thinks are necessary. "This is a difficult time, a time of crisis. That's why we need to choose a leader who can withstand the hardship and an administration that can endure it."

Mr. Ozawa has largely stayed behind the scenes since he was indicted in January for his alleged violation of campaign-funds law. He spoke in his first interview with a mainstream media organization since September when he made a credible challenge against Mr. Kan for the prime minister's job in an internal party election, garnering 40% of the votes.

He is asserting his leadership role just as the prime minister is coming under renewed pressure to give up his job after a brief political truce that followed the March 11 earthquake. Opposition politicians are considering a parliamentary no-confidence motion to oust the government, and seeking cooperation from critics within Mr. Kan's ruling party.

Asked if he would support such a motion, Mr. Ozawa said: "I am thinking about how to deal with that right now." Despite his legal conflict, Mr. Ozawa remains a popular figure within the DPJ, particularly among freshman lawmakers who feel they owe their election victories to him. He long played a role as the DPJ's election strategist, helping to propel the party to power in historic elections in 2009. Some 160 lawmakers attended his 69th birthday party, held Tuesday.

Not everyone is a fan, however. Gerald Curtis, a professor of Japanese politics at Columbia University, said that while Mr. Kan's leadership has proved to be far from effective, the political in-fighting shows scant regard for the issues facing Japan.

"This low-level jockeying for political power by small-minded men occupied in petty politics will only disgust the public," Mr. Curtis said.

"Ozawa has no chance of coming back as prime minister," he said. "All he will create is political chaos, effectively breaking up the DPJ—that's what Ozawa does."

Criticizing Mr. Kan's handling of the nuclear crisis, Mr. Ozawa proposed putting fiscal austerity on hold in relation to the nuclear cleanup effort. "The government must be determined to put a stop to radioactive pollution no matter what it takes, money or otherwise."

"This is not a matter of money, but of life and death for the Japanese," Mr. Ozawa said. "We can always print money....The Japanese people must understand the situation. Bonds will have to be paid back, but if you can save lives with money, then so be it."

An advocate of populist policies such as a monthly cash allowance to families with children, Mr. Ozawa said the current method of central government-led reconstruction does nothing for the economy in devastated areas, with central government bureaucrats holding too much control over how the money is spent.

Bureaucrat bashing, a banner under which the former party president led the DPJ into power, has subsided in recent months—a trend that Mr. Ozawa faults for the dwindling party support.

"I expected the DPJ to be more serious and almost brutally honest" in breaking the codependent relationship between politicians and bureaucrats, he said.

He added he was disappointed that the DPJ has failed to become strong enough to create his vision of a true two-party system for Japan following more than 50 years of rule by the Liberal Democrats.
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-28 14:54  

生協の問題

武田さんはたて割無責任社会:大人が強いる子供達の被曝
新しい「信頼される」生産者・流通の時代に!という記事の中で、今の生協の問題を挙げています。ごく一部を下記でご紹介させて頂きます。是非、上記の記事をお時間のあるときにお読み下さい。

引用1.事故が起こってから国は「健康に影響がない」を繰り返してきました。また、多くの放射性物質が福島などに降り注いでいるのに、その事実を隠していました。

そんな国であることを知りながら、消費者を守るはずの生協が「国の検査をクリア」というのは、生協を信頼していた私には理解できません。

生協で販売されている、福島、茨城、千葉、群馬、栃木の5県の野菜は「放射性物質で汚染されている」ので、購入してはいけないことが判ります。

また、生協はトラックで日本中に「放射性物質」を運んでいるので、それはすぐ止めてもらいたいものです。

未来をつくる日本の子供達のために、私は批判を受けることを承知で「個別・具体的に」危険な食材を指摘していきたいと思います.個別のことを言うのですから、私の名誉は傷つくでしょうが、子供を守ることの方がずっと価値がありますから。


引用2.これが今、日本の大人が子供にしていることです。

法律では、1年1ミリシーベルト(一般人)、放射線作業者の上限1年20ミリシーベルト(実際の平均値は0.7ミリシーベルト)です。

これに対して、1年約50ミリシーベルトを「安全」と言って、学校を開いたり、食材を売ったりしています。生協は子供にこれだけの被曝をさせて生産者を保護しないと「いたたまれない気持ち」になるらしいのですが、私は生産者を保護するために子供に被曝させる方が「いたたまれない気持ち」になります。



生協の担当者なる人々は、ちゃんと国会の論議を聞いているのでしょうか。ちゃんと食品を家庭に運ぶ人間として必要な調査をしているのでしょうか。国の言うことを鵜呑みにしているか、福島支援を感情的に考えて科学的視点を失っているのではないでしょうか。

私も事故直後に「支援のために買うべき」とは言いました。でも、不安なら食べなくてよいとも言いました。買って捨てても構わないと。安全がどこまで保証されるかは不明だったからです。食べることまで求めることは誰にも出来ない筈です。

それが今は、買って食べなければ被災地への思いやり、支援の気持ちが無い人間、まるで非国民のように扱う雰囲気があるように感じます。戦時中の「欲しがりません、勝つまでは。贅沢は敵」と正義をふりかざした人々のように。私は前言を撤回します。今買うことはたとえ捨てても、こういう風潮の後押しをしてしまうので。

支援は他の形でも出来るでしょう。後述した武田さんの方法が一番理に適っていると思います。

生協がトラックで日本国中に汚染の塵を撒き散らしていること、売っているものが安全である保証が無いこと、等々を考えると、今の生協には大いに問題があると思います。武田さんの説が仮に正しくないとしても、それが誤りであると証明されていない段階で、ああいう動きは大いに疑問です。

私も子育ての頃は積極的に生協のものなら安全と買っていました。生協への信頼が最初に崩れたのは、例の中国の餃子問題でした。もっときちんと管理していると思っていたのに。そして今、この問題。

この生協の動きを止められるのは生協で買っているお母さん達だと思います。お母さん達に多角的な情報を伝えて、お母さん達は生協の動きに抗議するべきでしょう。そして不買運動をするべきでしょう。お知り合いで生協で買っている方がおられたら教えてあげてください。NHKが委員会で語られていることを中継報道してくれていれば、こんなことしなくても良いんですが。

国会の委員会論議を聞けば、どちらが正しいことを言っているかすごくよく分かります。大丈夫と言っている方はまともな論理になっていませんから。日本は戦争中も感情的なものが支配して、論理的・科学的考え方を押しつぶしました。今もそういう傾向があるようです。

武田さんは、こういう形の支援ではなく、政府が汚染された福島の野菜の全てを買い上げ、焼却すべきだと、委員会質疑の中で言われてました。真に正しい支援の形だと思います。今の生協のような形で支援するのは、日本国中に汚染をまき散らし、被爆を広げることだと思います。

何度も言いますが、NHKも生協のような動きを美化して、委員会の論議を報道しないのは犯罪的とさえ言えると思います。

武田さんのこの記事の最後の言葉、本当に本当に強く同感します。日本はとんでもない災難に遭いました。でも、その中から今までの過ちを正し、これを素晴らしい国にする糧に変えて行かなければ、あの災害で亡くなった膨大な数の人々の死も、被災地の人の中には「死んでいた方が良かった」とさえ思う程のすさまじい苦しみも、全て無駄になってしまいます。

私達がすべき事は、膨大なマイナスを膨大なプラスに変えていくこと。マイナスの上積みをすることではない筈です。子供達の未来は日本の未来そのものです。子供達を守らなければ、日本に未来は無い。
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-25 11:51  

武田邦彦さんの公式ビデオ

衆議院TVビデオ・ライブラリーのところに行くと、検索を使って過去の委員会での発言が見られます。この方法で武田さんが発言した会議が二つ出ています。

2011年 5月20日 科学技術特別委員会
2011年 5月18日 文部科学委員会

既に武田さんはブログでその委員会で発言した要点を書いておられますが、実際の録画を見ると、もっと詳しくよく分かります。また、その後の質疑も大変興味深く、参考になります。聞いていると、どちらが真実を語っているか、どちらがそうでないか分かってくる感じがします。

原子力安全委員会の久住(くすみ)さん、女性なのに母性というものが全く感じられず、理論や数字をもてあそんでいるだけに感じました。放射能を浴びたからと言ってDNAが傷つくとは限らない、素通りしてしまうこともあるとか言ってるんですけど、これって原発が全て事故に遭うわけではない、だから安全だというのに等しいと思います。

万が一にも傷つくDNAがあるということが問題であり、たった一つの原発が事故を起こしてもこんなに大変で、数字の確率で安全を語るような人が基準を決めていたのかと思うと愕然としました。私は発言の度にどんどん腹が立って行きました。時々無意味な笑い声まで上げていました。人間としての真摯さを全く感じませんでした。

逆の立場から語る人々の言葉は実に具体的で説得力があります。そして国民、特に乳幼児、これからの日本を背負う世代への深い同情と真摯な危惧を感じます。こういうことも分かるので、質疑も時間があれば是非見ることをお勧めします。仕事をしながら流して所々聞くだけでも、とても参考になります。

科学技術特別委員会では汚染をいかに除去するかなどについて語っています。また、文化科学委員会の冒頭では、国が政策として原発事故を許していたという恐るべき事実が語られています。

何度も言いますが、国会で論じられている、こんな大事なことがニュースで報道されないのは、本当に問題だと思います。アメリカの公聴会は、国民の関心が深いもの(公聴会で取り上げられるのは基本的にそうですが)は完全中継する局も数局あります。全部を放送しなくても三大ネットワークは、ニュースで大きく取り上げます。

NHKへの抗議に関してNHKは、ニュースで福島原発事故のことは取り上げているし、報道は中立、公正を基準に選んでいるという紋切り形の、実に失礼な返事をしてきました。

国会で取り上げて論じられていることを中立、公正の基準に合わないというのは、どういうことでしょう?一つの立場だけを伝えたくなければ、反対の立場も報道すればよいのです。ニュースでは御用学者ばかり登場させているのに、反対の立場の人が公式の場で述べていて、政府の機関がそのビデオを公開しているのに、それを放送しないということはどういうことでしょうか。

今、国民が一番苦しみ、不安を感じ、関心を寄せていることについて、可能な限りの情報を与えて行くのが報道の義務ではないでしょうか。ビデオを聞いていると、報道されていなかったので知らなかったことが沢山ありました。当然報道すべきことまで報道していない、、、全く嘆かわしいことです。

参考:武田邦彦さんのブログ記事 5月18日文化科学委員会の記事

追記:yasatexさんのコメントで、私の記事で説明不足の部分があったことに気づかされました。お忙しい方が、特定の方の発言だけを拾いたい時の方法をお伝えしていませんでした。

上記の衆議院TVビデオライブラリーの所に行き、カレンダーで、会議のあった日をクリックします。そうするとその日の委員会の表示が出てきます。聞きたい委員会をクリックすると発言者の一覧があります。その発言者のところをクリックすると、その人の発言部分を簡潔に見られます。

ただ質疑応答はやはり全部を聞かなければならなくなると思いますが、とりあえずお忙しい方の為にはこういう見方もあります。委員会の日付が分からないような場合は、上の方法の名前で検索されると出席日、出席委員会が分かります。

見るには適合するソフトが入っていないと駄目ですが、ダウンロードは比較的簡単になっています。私でも出来ましたから。とは言ってもいい加減に何となくやっただけなんですが、それでもダウンロード出来ました。yasatexさん、有難うございました。

[PR]

# by bs2005 | 2011-05-25 05:16  

NHKが中継しない「参議院行政監視 委員会」

マスコミ報道が全くあてにならない現在、ネットで色々のことを知ることが出来るのは真に有り難い時代ですね。そうして良心的な科学者が居ることも有り難いことです。最近、そういう情報を私にたくさん教えてくださっている情報師匠のクロエさんに、このことも教えて頂きました。皆様にもお裾分けさせて頂きます。既にこのビデオを見られた方はそうされていると思いますが、まだの方はご自分のブログでも是非紹介して、出来るだけたくさんの方にこの真実を伝えて頂きたく思います。マスコミの仕事ですが、それを彼らがしない以上、ミニコミの力を見せ付けたい、そんな思いです。

参議院USTREAM中継 脱原発への道 1/2
参議院USTREAM中継 脱原発への道 2/2

こういうことが議会の場で論じられるようになった時代も有り難いことです。自民党政権が続いていたら、こういう証人に語る場が与えられていたかどうか?ネットのお陰でこういうことを無視しても無駄だと理解されたからか?実際にあんなにひどい事故が起きてしまったからか?その全部かもしれませんね。

このことを中継しないNHK、日頃、国会中継を長々とやっている局なのに問題ですね。国会中継は議場審議に限るとか言うのでしょうか。国民がもっとも関心を持っている生死や健康、安全に関わる問題、国家の存亡に関わる問題に関する証言を放送しないなんて、、。特に被災地や放射能汚染が疑われている地域の人々は、知る権利があります。

中立を守りたいなら、両方の証人を放送して国民の判断を仰ぐべきだし、報道するものとしての義務を何と思っているのでしょう。政府の原発対応、復興計画、被災者達への支援などについて、柔軟性がないとか、臨機応変にとか言っている自分達は、それをどれだけ実行しているのでしょう。

アメリカのテレビ局なら、こういう委員会の実況を完全中継する局もあり、普通の局でもニュースの中でかなり詳しく紹介します。少なくてもこれだけ大きい問題が取り上げられていることを報道しないなんて考えられません。トヨタの事故問題もそうでした。原発の安全に比べたら、車の安全なんて屁でもない位なのにと言ったら言い過ぎかもしれませんが、、。

早速このフォームで抗議してきました。皆さんもどんどん抗議して、とりあえずまずNHKの報道姿勢から変えて行きましょう!

ついでながら、クローズアップ現代あさイチにも送っておきました。よろしかったら、皆さんもこちらにも、、。どこが一番先に報道するかな?どこもしないのかな~(怒)

追記:頃子さんの記事の中で紹介されていたので、参議院インターネット審議中継というものがあると知りましたので、お伝えします。こういうのがあったんですね。また一つ勉強させてもらいました。このページに入っても、どうすれば中継を見られるのか説明不足で分かりにくかったですが、カレンダーの日付(この場合五月に二十三日)をクリックすれば審議名が出るので、それを選んでクリックすれば見られます。

NHKが中継しないこと、ひょっとして非公開審議にされていて放送できないのかと思いましたがーそれはそれで問題ですがーこうやって公にされているものを放送しないなんて、ますます問題ですね。インターネットで見られる人は限られています。ネットそのものに無縁の人もまだ多いし、一番こういう情報を必要としている避難所に居る人は無理でしょう。それにパソコンでは中々「ながら」では見られないし、大勢で見ることも難しいです。テレビなら他の仕事をしながらでも見られるし、街頭でも見られるのに、国民の側に立った情報提供ということを、提供する立場にありながら全然真剣に考えていないようですね。

アメリカではああいう中継がどんどんなされるから国民は政治にもっと身近な関心を持っているのかもしれません。日本の報道機関がこういうことをさぼっているのは、勘繰れば目覚めた国民を作りたくないのかもしれせんね。そうだとしたらネットがこれからどんどん進んで行く時代、その手はいつまでも通用しないとはっきりと知らせしめなければ!
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-24 06:22  

NHK報道と民放、ネット放送

私は日本のニュースはテレビジャパンという海外の日本人向きに日本語放送を行っている局から配信される番組を見ています。殆どはNHKの番組です。ドラマや娯楽のものは1割位はNHK以外のものも見られますが、ニュース関係はNHKだけです。

それで今まで、日本の報道の問題を批判してきましたが、今回の原発事故に関しては、民放はもう少し真実を伝えているのだと、ご紹介いただいたビデオ等をきっかけに遅ればせながら知ることが出来ました。

民放が真実を伝えて偉いかと言えば、そうとも言い切れないなと思います。元々、彼らはセンセーショナルなことを報道して視聴率を稼ごうとする輩ですから、原発事故のパニックを抑えようとするよりは、その反対にそもそもDNAとして方向が向いていたのでしょう。

でも、そういう限界はあれ、NHKの一方的御用放送ばかりを聴くよりは良いと思いました。またそういう商業的な媒体ばかりでなく、ネットを利用した市民の放送局もあるのですね。おかげさまで色々学ぶことが多かったです。ブログのおかげ、皆様のおかげです。感謝!感謝!

広瀬さんも批判されてましたが、日本の記者会見というのはあまりにも腑抜けで、勉強不足、たまに食いついても感情的になるばかり。アメリカの記者会見とは大人と子供のレベルの差があります。アメリカの報道に全く問題が無いわけではありませんが、というより大いに問題ありますが、記者会見のレベルの高さはやはり凄いと思います。答になっていない返答にあっさり引き下がるとか、あらゆる点であんないい加減な迫力の無い記者会見はアメリカではありえません。

自分たち独自で調査も徹底的にして、勉強もものすごくしているし、冷静に、相手の矛盾をきちんきちんと追及して行く。子供の頃からディベート教育を受けてきたからだと思います。勘繰ると日本の政府があまりディベート教育に熱心でないのは、きちんと批判できる人間がどんどん増えてきて、記者会見なので立ち往生するのを恐れているのかなと思ってしまいます。

度々しつこく書いていますが、日本ではちゃんとしたディベート教育を行うことが是非とも必要で、自立して自分の頭で考えられる市民を生み出し、生産的な議論の出来る国にすることは、日本の再起には不可欠のことだと思います。

これからは市民が自分の頭で考え、きちんと発信し、腑抜けな日本の記者たちに渇を入れてもらいたいものです。またネットを通じたコミュニケーションでマスコミを乗り越えていかなければならないし、それが出来る次代になっているという実感も得ました。

最近はネットで色々の情報が伝えられるせいか、さすがのNHKも最近は少しずつ、御用学者の話ばかりでないことを伝えるようになってきているみたいですね。視聴者もどんどん抗議して、こういう報道をさせるべきだと思います。

クロエさんがご紹介してくださり、幸い私はあさイチは見られるのでもう見ましたが見損なった方の為に、下記をご紹介します。放射能汚染地図の続きです。
あさイチで報道されたもの

(上記は間違いで、まだ私も見ていないもので、今週の木曜日に放送されるので、お見逃し無く。寝ぼけ頭で勘違い、早とちりの間違いでした。私の場合、珍しくないとはいえ、失礼しました!)

こういうこと、そもそも強力な足を持つ報道機関が率先して問題にするべきことだと思うのですがーアメリカならそうしてますー民間に背中を押されて、というのは情けないです。でも、これが日本の報道の現状ですから、私たち市民は大いに背中を押しましょう!

私も日本に居ないので出来ることは少ないのですが、NHKにはHPのコメント欄で批判を送っています。そういう報道姿勢でよいのかと思った時には。皆さんもどんどんするべきだと思います。そうでもしないと日本の報道は多分変わらないでしょうし、やっても大したことはなくても、やらないよりはましでしょう。

ところでNHKのネットでコメント送れる欄、電話番号の欄が国内の電話番号しか受け付けないのです。これもNHKの体質を表していると思います。仕方なく私は実家の電話番号を入れる始末。文句を言っても直らない、、、。NHKはいっぱい良い番組を作っているのに、こういう根っこの部分がまだまだ駄目ですね~。民放が良いというわけではありませんが。日本のマスメディアの報道は駄目です!!!
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-23 00:19  

一見に価するビデオ

予言されていた"原発震災"/広瀬隆氏インタビュー

広瀬氏は『原子炉時限爆弾』という本で、おそろしいほど正確に今回のような原発事故を予言していたそうです。彼の熱弁、聞くに価いします。

広瀬さんのビデオの追加:

福島原発事故 メディア報道のあり方 広瀬隆
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-20 11:54  

外国科学者が語る「福島原発事故の真実」

全部、字幕または下に日本語訳(Show more をクリックする)がついてます。信じるも信じないも自由ですが、日本の報道機関は、こういうものを無視した報道は出来ないと思います。自分たちで調べて真偽をつきつめる姿勢が必要だし、また政府、東電に厳しく答を求めて行くべきだと思います。

これが100%の真実とすれば背筋が凍りますし、これを隠し続ける政府、東電への憤りはとても収まりそうもありません。辞任した参与に守秘義務違反の恫喝まですることは犯罪的とも言えるし、真実を伝えないことでは意識的にか無意識にか分かりませんが、見事に片棒を担いでいる報道機関の問題も深いと言わざるを得ません。

思わず本当ではないことを祈ってしまいます。

日本未放送:福島原発事故解説,仏アレバ報告書,ガンダーセン博士4/8 (日本語訳文付き)

福島原発,4号機プール保管核燃料再臨界した! ガンダーセン博士4/19 (日本語訳文付き)

福島原発,微量放射性粒子で何千人もガンの可能性広まる! Dr.ウィング 4/21(日本語訳文付き)

福島原発事故の現状:アーニー・ガンダーセンがロシア報道番組で語る4/27(字幕付き)

福島3号即発緩和臨界爆発! 日本,海洋汚染調査却下! 地上水汚染史上最悪5/6(日本語訳文付き)

福島4号地震で傾斜崩壊危機! 1.2.3号燃料容器漏!ガンダーセン5/13(日本語字幕)
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-20 08:31  

本音丸出しの開き直り、早くも始まる

『「原発事故で精神的苦痛」と都内男性が提訴 東電は争う姿勢』

この記事によると「東電は『原発事故を引き起こした東日本大震災は「関東大震災とは比較にならない規模」であり、「異常で巨大な天災地変について、対策を講ずる義務があったとまでいえない」と言って反撃する構えだという。

白々しい土下座、謝罪の文句の本音が丸見え。「絶対に安全」と地元を説得して建設した原発。あらゆる最悪のことを想定すべきであったし、想定が足りていなかったとしたら、その事自体問題だし、想定外のことが起きらどうするかということまで対策を講じる義務があったのに、、、。

結局、彼らはあの事故に関して、本当には全く責任を感じていず、天災の被害者だと思っていること、したがって、原発被災者の苦しみなんて全く理解する気も本当にはないのだという本音を丸出しにしてしまった。

きっと、このこともマスコミは大した問題にしないのだろう。この提訴した男性は要求した金額から言っても明らかにお金目当てではない。こうした東電の本音を引き出したかったのだろう。まんまと乗ってしまった東電である。

『「メルトダウン? 英語に訳せばそうなりますか」国民をナメきった東電副社長の答弁』

基本的に彼らは政府も国民もなめているのである。これから、時間が経つと共に、彼らの本音と開き直りはますます激しくなってきて、ますます怒りに火をつけてくれるのだろうと思うと、本当に憂鬱になってくる。
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-20 00:28  

『外人は来ない保安院・東電の会見』

紹介して頂いた武田邦彦氏のブログの記事が大変興味深く、順不同に選んで読んでいます。

その中で衝撃を受けた写真が『外人は来ない保安院・東電の会見』という記事の中にありました。外人というのは外人記者のことなのですが、彼らはこの会見が中身の無いごまかしだらけのものと喝破し、時間の無駄と来ることもないのだとか。

誰も聞きに来ていない会場。一方で保安院・東電の会見をもっともらしく放送している日本の報道機関。

外人記者のようにボイコットして、彼らのごまかしを痛切に突きつけるガッツのある報道人は日本に居ないのでしょうか。そして日本の報道の中身について、受ける側の私たちも、もっと抗議の声を上げて行かなければいけないと思いました。

追記:この記事には直接関係ありませんが、クロエさんが教えてくださった番組をウエブで見られるサイトを頃子さんが教えてくださったので、ご紹介します。お二人とも有難うございます♪

「ネットワ―クで作る放射能汚染地図 」

そもそもは政府がこういうことをやっていなくてはいけないんですけど、そういう受身の姿勢を越えて、活動を起こされている人々、こういう市民の力が日本を変えて行くのでしょうね。
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-19 10:35 | お目を拝借  

luck out

英辞郎によると、lucked out には運が尽きたという意味とラッキーだったという意味と二通りあるようだ。今朝、友人が電話で We lucked out! と言ったとき、最初私は前者かと思ってしまって落胆しかかったのだけど、念のため確かめたら後者だった。普通は圧倒的に後者を意味するようだ。

luck runs out は運が尽きるという意味で、これなら分かりやすいけれど、前者の意味で使うときの文章がまだ分かっていない。それなのに、記事にしているのは、例文で面白い表現だな~と思ったものがあるからだ。

luck out in the husband department
   幸運にも素晴らしい夫に巡り合う
luck out in the wife department
   幸運にも素晴らしい妻に巡り合う


in the husband department, in the wife department なんて面白い言い方だと思う。この場合のdepartment は分野とか領域という意味で、言うまでもなくお店のデパートじゃないけれど。

そもそも、この表現を私が殆ど聞いたことが無いのも、こんな事言うのは結婚式とか新婚の時だけの表現なのかもしれない。(ひがみ?) 何年も連れ添ってこんなこと本音で言える人が、世の中、どれ位居るのかな~?隠し子(love child:非嫡出子)が見つかったばかりのシュワちゃん、絶対に言ってもらえないな~。うちのダンナも絶対言わないだろうな~。前者の意味ならともかくとしても。良い伴侶が売っているデパートがあると良いのに、、、(笑)
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-19 01:12 | こんな英語表現  

原発推進の下心

浜岡原発の停止という全く正当な遅すぎる位の決定の後、電力不足ということで各業界は血眼になっている。そして色々なアイデアがどんどん出てきているようでもある。良いことである。

そもそも最初から原発など導入しないで、今の必死さで、どうすれば原発抜きで日本経済を発展させて行くか考えるべきだったし、原発以外のエネルギー開発を本気で考えるべきだったのである。

最初からそうしていれば、今の日本は、こんな目に遭っていないし、再生可能エネルギー技術の先端を走って、世界のモデル国として、世界中から頼られ繁栄を誇っていたことだろう。

原発はコストが安いなどというけれど、事故が起きたときのコストは天文学的なものになる。お金で償えないものの大きさも勘定に入れたら、それこそ超天文学的なことになる。

原発以外のエネルギー開発にあの頃、惜しみなくお金をつぎ込んでいたら、今の国家財政を揺るがしかねない金額よりはるかに少ない金額で済んだはずだ。

今は火力、風力発電、太陽熱のことばかり話題になるけれど、地熱資源は日本は世界第三位、技術は世界有数という。その他にもまだ採算は取れるベースになっていないけれど、発酵エネルギーだの、廃棄プラスチックを利用したもの、等々、いくらでも可能性はあった。節電だってもっと本気で取り組むべきだった。その研究に全精力と国の財力を注ぎ込んでいたら、今の日本は原発なしでも悠々とやって行けた筈だ。

原発を推進してきた自民党政権は、本当はそんなこと分かっていただろう。でも、原発を推進してきた。それは核武装をしたかったからである。だから、原発の中ではより安全なトリウム原発-プルトニウムを生産しない(=核武装の役に立たない)原発のことはおくびにも出さなかった。開発しようとすらしなかった。電力を必要とする業界は目先のコストのことしか考えていなかったから、原発推進に乗っかった。そもそも日本を引っ張る立場の誰も日本の安全なんて真剣に考えていなかった。

先日『ニュース9』で高村薫さんが実に正論を述べておられた。私は『マークスの山』を読んだだけで、何も知らなかったけれど、彼女は長年原発の問題を扱ってこられたのだそうだ。彼女が問題にしてきたこともマス・メディアでは全然取り上げてこられなかった。

彼女の発言の中で一番印象に残ったのは、原発が政争の具に扱われたことが一番の悲劇だった。政治と切り離して、地震国の日本で原発の安全を本当に守れるのかという科学的アプローチが失われたということが今回の原発事故を招いたということ。

推進派の下心に反対派も直対応しすぎてきたかもしれない。今こそ、市民レベルで原発を基本的に問い、日本の進むべき道を探るべきだろう。一時的には日本は経済困窮し、他国に大きく差をつけられるかもしれない。でも「急がば回れ」である。王道を歩むことが長い眼では必ず日本を繁栄に導く。正に「災い転じて福とする」べき時なのだと思う。日本はそれが得意な筈だ。特に庶民は。今こそ市民の力が問われているのだと思う。
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-19 00:59 | 異論・曲論  

真にメルトダウンしたもの

外国の報道では、福島原発はとっくにメルトダウンしていると言われてきた。事故の程度は当初の段階でチェルノブイリ級であること、このまま悪化して行けばそれ以上のものになる可能性があることも。海の汚染を考えれば、私から見ると既にチェルノブイリを超えているように見える。

東電はデータがもう少し出てきて、1号機は地震直後からメルトダウンしていたことが「今」分かったという。保安院は、二号、三号基もメルトダウンしていると認め始めたらしい。今頃認めているのは今までデータが無く、中の様子が分からなかったからだという。

本当にそうだろうか。事故から2ヶ月も経って未だに低温になっていない。三号基は300度を超えて上昇中ともいう。注水量が足りないのだという。こんなに時間が経って、不足している量ではあれ水を入れても、この高温の核燃料。事故直後の温度上昇は凄まじいものだったろう。その時点でメルトダウンしていると考えるのは理論上、当然導き出される結論ではないだろうか。外国の多くの科学者が理論的に導き出していたように、理論的に導き出せていた筈ではないのか。その可能性を否定していたわけではない、なんて言いかたは姑息過ぎる。

ただ真実を認めようとしなかっただけではないのか。パニックを恐れたこともあるだろうが、第一には保身のように見える。それが本当かどうかは分からないけれど、外国の報道によると汚染はもっともっとはるかに広く浸透しているという。国民には広範囲の数字すら与えられていない。日本全土を調べるべきだろうに。調べて教えないだけなのだろうか。数千キロ離れた西海岸でもデータを取り、影響が見られるという話を聞くのに。日本の報道機関はそういう外国の情報をきちんと自らの手で検証しているのだろうか。

核燃料がメルトダウンした時、そして東電が数々の事実を政府にまで隠してきた時、東電の言うことをそのまま呑み込むままだった政府、何の力にもなれなかった原発業界、そして、それらの問題を抉り出し、きちんと批判してこられなかった報道機関、政府発表、東電発表を鵜呑みにして、自分たち独自で突き止めようとしてこなかった彼ら。長年、政府、原発業界の癒着をスルーしてきて、今、東電や政府を批判しながらも、自分たちの今までを一向に反省する様子も無い彼ら。

政府、政治家、原発業界、報道機関の無力さ、無責任さ、姑息さが白日の下に曝され、今、国民は何を信じることも出来ずに、怒りと絶望の淵に突き落とされている。本当にメルトダウンしたものは、彼らに対する国民の幻想である。その事の深刻さを彼らは分かっているのだろうか。その幻想すら無しに、日本はどこへ行けるのか?

追記:鍵コメさんに原発、及び原発事故のことがよりよく分かる分かりやすいサイトを紹介して頂きましたので、皆様にもお伝えします。科学者としての専門的知識から分かりやすく説明してくれています。

武田邦彦 (中部大学) ブログ

氏は、『原発大崩壊!-第2のフクシマは日本中にある』(ベスト新書)を書かれています。
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-18 00:27 | 異論・曲論  

素朴な疑問

メガフロートに汚染された水を入れた後、そのメガフロートはどこに置いておくのだろうか?その後はどうするのか?

海上にそのまま置いておくとして、もしまた大きい余震が来て、津波で転覆したり、破損したりしたら、大量の放射能に汚染された水がそのまま海中に流出してしまうのではないのだろうか?そうしたら日本の漁業は壊滅的な危機を迎える。

百歩譲って、そんな地震や津波は来ないとしても、鉄製のものならば長年放置すれば錆びて穴が開いてくるだろう。ちゃんとそういう先のことまで考えているのだろうか?最悪の事態を考えているのだろうか?

今までの彼らを見ていると、そういう信頼はとても持てない。最悪の状態というのを想定する想像力を全く持ち合わせていなように見えるけれど、、、。その場、その場で行き当たりばったりにしか見えないけれど、、。(息&涙)
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-17 16:34 | つぶやき  

極限状況でへらへら笑って力を合わせられる仲間

東北の被災地で頑張る人々の姿が色々報道されていますが、改めて東北人の凄さというのを痛感させられています。何と強い人々なのかと。そして、その人々の強さが基本的には、地域の絆の強さでもあることに、そこまでの絆はなかなか見かけない東京の山の手で生まれ育った私は、羨望すら感じてしまいます。

先日のドキュメンタリー『被災地 再起への記録』で釜石の不屈の人々の姿を伝えていたのを、見た方も大勢いらしたと思います。

その中で商店主の仲間の人々が夜、避難所の一角に集まり、通称「居酒屋 津波」と名づけて、団欒、笑い合う姿を見ました。雪で初めてうがいが出来て、それまでは歯磨きも考えられなかったことを「やっと人並みの被災者になれた」、「人並みの被災者って何だよ?」と大声で笑い合う仲間たち。ここで「毒出しをしているんだよ、ははは」と笑う仲間。

その仲間の息子達が大学に入学し、被災で荒廃した故郷を離れる後ろめたさ、後ろ髪を引かれる思い、被災者の親に負担をかけることなどへの複雑な思いを抱えて旅立つ前に、彼らが集まって送別会を開きます。

その時に、その中の一人が旅立つ若い二人に贈った言葉。

とりあえず厳しかったけどいい体験だと思う。すごいこやしになると思う。こんなにやってられるのも仲間の大切さとかそういうのも学べるし、どんな極限状態でも、へらへら笑って力を合わせられる仲間を、今度は自分で作れ。頑張れよ。

あの凄まじい被災の中、どんな弱さを見せても恥じることはないし、それも普通の人間の姿だと思います。そういう瞬間もたくさんあって当たり前のことで、彼らもそういうことはあるのでしょうが、その一方でこういう強さの瞬間を見せられる人々の絆の美しさに、我が身を省みて鞭を打たれるような思いがします。
[PR]

# by bs2005 | 2011-05-12 00:10  

東電の社長は何故、現場に詰めていないのか?

船長は船と運命を共にするという。あれだけの大事故を引き起こして、何故社長は安全な東京に居るのだろう?

彼が居なくたって、会長、副社長、その他の役員に任せれば何とかなる。彼自身が入院とやらでそれを証明している。大体、被災地の人々が劣悪な環境で薬もなく医者にもかかれず、亡くなる人まで出ているというのに、病院の個室にのうのうと入るような人間が、自殺なんか本気でするわけがない。大体、そういう輩でないのは顔を見れば分かる。

被災地に謝りたいとか言っているけど、そんなことより現場で陣頭指揮し、原発と運命を共にする方が、被災地の人々はよほど納得するだろう。

現場で命がけで一ヶ月以上も劣悪な状況で、神経をすり減らし、頑張っている人々の為にだって居るべきだ。社長も命がけで詰めて苦難を共にしていると思えば、彼らの志気は全然違うだろう。

現場には東電以外の下請けの人も沢山居るという。東電以外の方が多いとさえ聞く。自分達の地域を守ろうと命がけで居るのだという。それだけ多くの東電以外の人間にまで命を賭けさせているのだから、社長は当然、役に立とうと立つまいと現場に居るのが、責任と礼儀というものなのじゃないのか。最近はテレビでよくお目にかかるけれど、見る度に腹が立ってしまって、甚だ精神衛生上よろしくない。
[PR]

# by bs2005 | 2011-04-16 00:53 | 異論・曲論  

『懲りない奴ら』

安部譲二さんの小説に『塀の中の懲りない奴ら』という小説があったけれど、東電のことかな?と思ってしまう。

今日のニュースで余震、津波が来ても大丈夫なように、非常電源を高台に移す工事を明日までにすると言っていた。

え?!今頃、そんなこと言っているの?あの地震の後に、同じ位の大きさの余震、津波があり得ると地震の専門家は繰り返しテレビで言っていた。私はそれが一番心配だった。この状態で大きい津波が来たらどうなるのか?今の無防備な状態の原発では水に浸かる程度の津波でも大変なことになる。心配でたまらない。

それが彼らは一ヶ月もそのことは、ほったらかしで心配さえしていなかったみたいだ。この間の大きな余震でやっと腰を上げたということらしい。そもそも今回のトラブルはそれで起きたというのに、、。一度あったら二度無いとでも思っていたのだろうか。

まさか可能性を忘れていたわけではないだろうけど、とりあえず他のことを先にと思っていたのか。でも、その間に津波が来たらどうするのか?自然はこちらの都合には合わせてくれない。3月11日の津波は、それを嫌というほど思い知らされたのではなかったのか。

今までも、発表を聞いて、「え?!まだやってなかったの?!今頃?」と思うことは幾らもあったけれど、こんな基本的なことまで対策を採っていなかったなんて、本当に「懲りない奴ら」である。これが放射能でなければ笑って済ますけど、笑い事でないから情け無い。

今日は今まで東電に通産省から天下りしていたことが明るみに出て、今後はするべきではないと言っていたけど、初めから当たり前の話。当たり前のことが余りにも簡単に無視されてきた。

想定できた筈という記事があった。想定がそもそも甘すぎるという指摘は遅すぎる位だ。大体、インドネシアの津波があった後でも、5.7メートルの高さの想定で大丈夫かと心配にならなかったのか?マグニチュード9.0の地震は日本の周りでは起きないと思っていたという。五重の原子炉なら大丈夫と思っていたという。何を根拠に?!今まで無かったことが何の根拠になるのだろう。

想像能力も反省能力もないから、いつまでも後手後手、やって当たり前のことが疎かにされる。マスコミも今頃?!と批判もせず、前進なんて言っている。全く、彼らの「懲りない度」は、私の想定を遙かに超えている。私は今日も、「想定外でしたよ、ここまで阿呆でお粗末とは、、、」と彼らに聞こえない嫌味を呟く。
[PR]

# by bs2005 | 2011-04-14 06:40  

生ぬる過ぎやしませんか?

NHKのニュースを見ていたら、原発業界は今まで「事故を起こさないことに重点を置いてきた」ので「事故が起きた後、どうするか」という点に関する関わりが手薄だった。今後はそういうことも考えていかなければいけない、と言っていた。

一見、もっともらしいけど、生ぬる過ぎやしませんか?

普通の頭で考えたら、「自然」に「人間」が敵うわけないのだし、どんな想定外のことが起きるかも分からないのだから、その場合にどうするか、危険きわまる原発の安全を守る為のあらゆる手を尽くしてくるべきだった筈。両方とも必死にやってくるべきだった筈。それが「どんなことがあっても安全」と住民を説得してきたことに対する誠意というものだろう。

前者にいくら重点を置きすぎたって、後者をあそこまで何もしてこなかったことの説明には全くなっていない。彼らは意識的にサボタージュしてきたのだ。儲けにならない部分、経費が掛かるだけの部分、原発推進の妨げになる部分は無視してきただけである。だからこそ、内部告発は握りつぶされたし、外部から警鐘を与えてきた人々の声も無視されてきた。

フランスではそういう事故が起きたらどういう対処をするかという具体的なプランがあり、原発の近くの住民にはいざという時の為にヨード剤も配ってあるという。放射能汚染した水の処理能力もとっくに持っているという。

アメリカも原潜は汚染水を海に流すわけには行かないから、当然フランス同様、汚染水の処理の仕方も知っている。何かが起きたら活躍できるロボットも準備している。日本は何もしてこなかった。外国に頼るより他なかった。頼ってもハードもソフトもゼロから作り上げなければならないから、とても当面は間に合わない。

この事故の処理に数ヶ月は少なくても掛かると最近渋々認めたけれど、どうしてそうなるか、どういう展望のもとに、その数字が出てきているか一切説明が無い。多分、処理するハードとソフトの完成だけでも、それだけ掛かるということなのだろう。

その挙句が諸外国を唖然とさせ激怒させた海への大量放出だ。比較的汚染度が低いと言ったって、高度に汚染された方と比べればの話で、実際にどのレベルの汚染度かは私の知る限り、一切発表されていない。怖くて言えないのだろう。スリーマイル以上であることは既に外国では周知の事実であり、チェルノブイリを超えてしまうのも時間の問題、知らぬは国民ばかりと思っている国は少なくない。

スリーマイルの時には、政府直轄の安全委員会が直ちに直接指揮をとり、主導権を握って処理した。会社に主導権を取らせなかったという。だからこそ、すぐ廃炉の策が取れた。企業の損得を抜きにして動けたから。そしてその時の委員長は現場から1キロの所で記者会見をやった。その姿に国民は事故が起きていても自分達は安全なのだと信じられ、風評被害も起きなかったという。彼は事故を最小限のダメージに抑えたヒーローとして讃えられたとか。

日本の原子力安全・保安院とやらは一体、今まで何をしてきたのか?テレビで他人事のように経過報告を涼しい顔でしていたけど、本来は事故が起きた途端に、自分達が先頭に立って主導的に処理しなければいけなかった筈だ。スリーマイルのように。

原子力の専門家なのだから、フランスやアメリカではとっくに出来ているいざという時の体制の知識位は当然得ていた筈である。そうでなければ完全に給料泥棒である。でも知識は得ていても、するべきことは何もしてこなかった。だから、ああいう場面で雁首を並べて他人事のようにぬらりくらりと報告をするしか出来なかった。彼らに出来ることなど他に何もなかったから。政治はそういう体制を全く作ってこなかったから。

政府は今頃「原子力安全・保安院は原発推進も一緒にやっていたので安全がおろそかになっていた面がある、今後は分離する」と言う。安全、保安を名乗るからには最初から一番にやっていなければならなかった当たり前のこと。こういうことが一切、全くやられてこなかったことは、こちらに重点を置きすぎたとか、気を取られていたとか、そんなことである筈がない。

彼らは意図的にそれを無視し続けてきたのである。気づかぬふりをしてきたのである。言ってみれば確信犯である。それをこんなに生ぬるい言い方をするのは、こういう風潮をマスコミも一切問題にしてこなかったからだ。内部告発、警鐘はマスコミにも届いていた筈だ。彼らが中でどうにもならなければ、最初に接触するのはマスコミであり、反原発勢力だろう。だけど、マスコミは政府と原発業界と一緒になってそういう声を握りつぶしてきた。それはマスコミのトップも企業の論理で動いてきたからだ。その結果が今のこの無残な状態である。

汚染した水の処理も出来ずに海に垂れ流した東電ひいては原発業界の無知と無力は、その怠慢と傲慢から生じてきたものであることは、事故に備えてきた国からみれば火を見るより明らかだろう。一方に神経を注ぎ過ぎて、もう一方が疎かになったというようなことである筈がない。冗談もいい加減にしてもらいたい。

1700万円を自民側に献金=東電役員、07年から3年間-「組織ぐるみ」の指摘もという記事は、この問題の氷山の一角を表わしている。

いざとなったらどうするか何の実践的知識も手段も体制も持たずに、55基も国内に原発を作ってきた国として日本は世界中に生き恥をさらしてしまった。今回の事故は明らかに人災であり、最も責めを負うべきは今までの政治家、原発業界、マスコミ業界のトップで癒着してきた人々である。そして、こういう事態を許してきてしまった日本人皆の責任でもある。

関連記事:
   津波は天災でも原発事故は天災ではない
   人災であることの証拠

追記:参考記事 「現場放棄、東電批判を"自粛"......震災であぶり出される大手メディアの素顔」より

「これまでテレビはもちろん新聞・雑誌など多くのメディアは、東電、そして各電気会社の連合会である電事連から莫大な広告出稿という恩恵にあずかってきました。東電だけで年間220億円以上もの広告費が垂れ流されていた。ゆえにめったなことで東電批判はしない、タブーとなっていた」(メディア事情に詳しい関係者)
[PR]

# by bs2005 | 2011-04-09 13:03 | 異論・曲論  

頑張らなくてもいい日が一日も早く訪れますように

キャンドル追悼会の時、どうしても言葉にならなかった、被災者の方達に送りたかった思いがやっと言葉になりました。タイトルがそれです。

一ヶ月近く必死で頑張り続けて、さぞお疲れのことと思います。その上、一昨日深夜の大きな余震、どんなにショックが大きかったことか、、

もう頑張らなくても良いんだ、そう心から思える日が一日も早く、皆様に訪れますように心から切に切にお祈りします。

その日が来るまで、私は本当に無力で情けないばかりですが、めげずに自分に出来ることを頑張ります!
[PR]

# by bs2005 | 2011-04-09 06:17 | メッセージ  

ベイエリア在住の方へー東日本震災救援募金活動のお知らせ

4月16日(土曜日) 11時から3時までクパティーノ・マルカイの前で募金活動が行われます。

学生さんとレストラン業界の方々が、(特に若い人が中心になって)企画して実現にこぎつけたものです。彼らは他の場所でも既にやっていて、これからもやる予定ですが、とりあえず、この日の連絡が入ったので、当日お時間のある方は、是非募金活動をされている人々を励ます意味でも、お立ち寄りください。

実は私も友人と声を掛け合って、募金活動をするつもりでしたが、色々の規則やら制約が沢山あり、非営利団体に所属していないと、実に難しく、また折角全額募金を集めても、非営利団体が集めたものでないと、集めたものに所得税がかかるということも分かりました。

それで、手数がかかる上に税金まで持っていかれる位なら、その分はそのまま募金した方がマシと、募金活動の音頭を取るのはやめました。こんなに厳重に色々と制約がかかっているのは、募金に名を借りた詐欺が結構居るからのようです。普段でも胡散臭さ丸出しの私が街頭に立っても信用してもらえそうもなく、、、。(汗)

今、日本のニュースなどでも在米の日本人が、あちらこちらで募金活動をされていることを報道していますが、そういう方達は非営利団体との太いパイプを持っていたか、あるいは、活動が出来るまでに大変な根回しの努力をされていると思います。テレビで見るほど簡単に実現できることではないのです。

ですから、そうやって、ともかく実現にこぎつけた彼らを励ます意味でも、ご協力ください。
[PR]

# by bs2005 | 2011-04-08 08:29 | 日米雑記  

ベイエリア在住の方へー二つのチャリティー

1.バイオリン・コンサート

一つ前の記事でご紹介したコンサートはAnne Akiko Meyersという世界的にも高名なバイオリニストの方がなさいます。切符はこちらのサイトでどうぞ。

4月29日(金曜日)、午後8時
Woodside High School Performing Art Center
199 Churchill Avenue
Woodside, CA 94062-1152
(650) 367-9750

1.バンド演奏でダンスの出来るチャリティー

こちらはダンス関係の人々が中心になっているダンスのチャリティーです。

4月23日(土曜日)、オークランドで開催されます。詳細は下記をご覧下さい。
d0042100_212933.jpg

[PR]

# by bs2005 | 2011-04-08 02:02  

ベイエリア在住の方へーチャリティー・コンサートのお知らせ

4月29日(金曜日)、午後8時にWoodside High School Performing Art Centerで東日本大震災の被災者達を応援するチャリティー・コンサートが開かれます。こちらの非営利団体の幾つかが結集、合同して行います。

まだ当日の詳細は決まっておりませんが、関心のある方は主催団体の一つ、Kurosawa Piano Music Foundation (KPMF: non-profit organization) のホームページを時々チェックしてみてください。勿論、こちらでも詳細が分かり次第、掲載しますが、とりあえず、当日の夜の予定を空けておいて頂ければ嬉しく思います。

Woodside High School Performing Art Center
199 Churchill Avenue
Woodside, CA 94062-1152
(650) 367-9750
[PR]

# by bs2005 | 2011-04-05 10:11  

原子力情報

鍵コメさんから原子力情報資料室のニュースを頂きました。出来るだけ多くの方に見ていただきたい、広めて頂きたいということでした。今、田中三彦さんのお話が見る事が出来ます。

鍵コメさんは私の納得が行ってからで構わないと言ってくださいましたが、日頃から信頼を寄せている鍵コメさんからの情報なので、そのまま載せます。

判断も納得も読む方にお任せします。じっくり検討している時間が今無いのと、政府や東電から与えられる情報があまりにも中途半端な今、こういう情報を個々人がそれぞれの判断で検討することには意味があると思いますので、、。勝手ながら、どうぞご自分の頭で考えて、広めるべきだと思われた方はそうして頂けると有難いです。

追記:佐平次さんのブログで、原子力情報に関して色々の記事を紹介されています。動画で見るより見やすいかと思います。私のパソコンも動画を見るのはあまり良い状態で見られませんので、そういう方もおられるかと思いますし、お勧めです。
[PR]

# by bs2005 | 2011-03-29 13:08  

キャンドルライト追悼会に参加して

キャンドルライト追悼式に参加してきました。会場には、色とりどりの紙が置いてあり、被災者達を励ますメッセージを書いて下さいとありました。

沢山そういうメッセージが集まって被災者のもとに届くのは、これだけ多くの人が心に留めて祈っていることの表れであり、多ければ多いほど良いだろう、書くべきだと頭では思うのですが、どうしても書けませんでした。

言葉を失う、というのはこういうことを言うのかなと思いました。書けないことに後ろめたさを感じながらも、「頑張って下さい」というのも、「くじけずにあきらめずに希望を失わずに」というのも、そうしなくても生きていける今の自分が言うことにすごく抵抗を感じてしまったのです。

そしてそのとき、痛切に胸を打ったのは被災者達の孤独の深さでした。頑張らなくては生きていけない、あきらめては生きていけない境遇に突き落とされた人々同士にしか共有できない孤独の深さ、その深淵の深さに圧倒されて書けなかったのだと今は思います。

これから私に出来ることは本当に限られていますが、せめて、その孤独への深い敬意と謙虚さを忘れずにいたいと今の私は思っています。被災地の方々、何も言葉を送れずにすみませんでした。どうかどうかご自愛ください。
[PR]

# by bs2005 | 2011-03-29 12:28 | 徒然の瞑想  

Candlelight Vigil 延期のお知らせ

箱根ガーデンの情報によりますと、悪天候の為、3月24日(木)から28日(月)の同時間に変更になったそうです。天気予報では今後、十日間とも殆ど雨なので、28日も更に延期になる可能性があるので、上記のサイトでチェックしてからお出かけください。

ずっと雨の予報なのに、何も変更の話が出てこないので、テントでも張ってやるのかな~と思っていたら、やはり雨では無理みたいです。思い切り着ぶくれして行くつもりだったんですが、、。
[PR]

# by bs2005 | 2011-03-23 12:01 | メッセージ  

話題の校長訓話

今、ツィッター上、感動的過ぎると話題になっているという卒業式を中止した学校の校長訓話、読んでみたら確かに感動的でした。→全文

以下、抜粋

誤解を恐れずに、あえて、象徴的に云おう。大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。

 悲惨な現実を前にしても云おう。波の音は、さざ波のような調べでないかもしれない。荒れ狂う鉛色の波の音かもしれない。

 時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。

 いかなる困難に出会おうとも、自己を直視すること以外に道はない。
 いかに悲しみの涙の淵に沈もうとも、それを直視することの他に我々にすべはない。
 海を見つめ。大海に出よ。嵐にたけり狂っていても海に出よ。

 真っ正直に生きよ。くそまじめな男になれ。一途な男になれ。貧しさを恐れるな。男たちよ。船出の時が来たのだ。思い出に沈殿するな。未来に向かえ。別れのカウントダウンが始まった。忘れようとしても忘れえぬであろう大震災の時のこの卒業の時を忘れるな。

 鎮魂の黒き喪章を胸に、今は真っ白の帆を上げる時なのだ。愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。

惨状を目の当たりにして、私は思う。自然とは何か。自然との共存とは何か。文明の進歩とは何か。原子力発電所の事故には、科学の進歩とは、何かを痛烈に思う。原子力発電所の危険が叫ばれたとき、私がいかなる行動をしたか、悔恨の思いも浮かぶ。救援隊も続々被災地に行っている。

世界の各国から多くの救援が来ている。地球人とはなにか。地球上に共に生きるということは何か。そのことを考える。

今この時こそ親子の絆とは何か。命とは何かを直視して問うべきなのだ。

 今ここで高校を卒業できることの重みを深く共に考えよう。そして、被災地にあって、命そのものに対峙して、生きることに懸命の力を振り絞る友人たちのために、声を上げよう。共に共にいまここに私たちがいることを。

 巣立ちゆく立教の若き健児よ。日本復興の先兵となれ。

[PR]

# by bs2005 | 2011-03-23 04:47  

今、私達に出来る一つのこと

今、日本中の人々が、何かしたいと思いながら、かえって現地の邪魔になる段階でもどかしく思っておられることと思います。寄付をするのが精一杯、近くで邪魔にならずにボランティアを出来ればよいけれど、小さい子供を抱えていたり、介護をしていたり、誰もがそういうわけにも行きません。

でも、気づかれておられないことが一つあります。今まで通りに暮らし、今まで通りに被災地、特に放射能の影響を受けている土地の周りのものを買い続けることです。

放射能汚染の風評を恐れて食べない気持ちはよく分かります。政府や東電の今までしてきたことを見れば、信用する気になれないのもよく分かります。だから買ったものは食べなくて構いません。買い続けることが大事なんです。嫌なら捨てても構いません。寄付のつもりで買い続けてください。

これも大きな復興への寄付の形であり得ます。ユニクロ社長の10億円には及びませんが、日本中の人がこの姿勢を見せれば大きな金額の寄付になるでしょう。一人一人はほうれん草を買うという程度のものでも。検査に受からなかったものまで買わなくてよいのです。せめて検査を合格したものは買うという姿勢を見せてください。検査が信用ならないと思われていたとしても。

皆が日本の中で収穫されるものを恐れて買わずにいたらどうなるでしょうか。

世界中が日本人さえ怖がって買わないものを買わない、ということになるのです。今既に、こちらであれだけ同情してくれている人々も、これから日本から来るものは危ないから、日本のものは今の内に買っておくという人がかなり居ます。

悲しいことですが、これから日本の食品は、今まで中国の食品があっていたのと同じ目に合うのです。日本製品と分かれば、ぱたりと買うことをやめてしまう、、、。現状を見ていても、その動きを止めることはかなり難しいと思います。食品には留まらず波及効果を生んでしまうかもしれない。日本の経済はますます悪化します。復興はますます遅れます。

日本人自身が恐れる姿を見せてしまえば、風評は世界に広がってしまうのです。

せめて、そういう姿をあからさまに見せないでください。食べなくても構いません。買ったお金は寄付したつもりで、食品は捨てても構いません。ただ風評を恐れず毅然と買い続ける姿勢は見せてください。検査を合格したものは大丈夫なのだという自信を、見得でもよいから見せて下さい。それが今、私達に出来る一つの大きなことです。被災者達の生活の術を奪わない為にも。日本の復興の為にも。

本題とずれますが、友人が送ってくれたメールの一部を紹介します。こういう内容のメールを送ってくれた友人は多いのです。時間が無いのでまた英文のままで失礼します。

Thanks for the donation information. I will share this info.
That certainly will be most direct way to help needed people.

Our church and USA Presbyterian church organizations are
doing donation campaigns also.

Our church had a Mission (we, Saratoga Presbyterian Church, support) family in Sendai and we heard they are all saved.

Even though so many donations are pouring in from every where,
it will be a long long road to recover with strong patience from all parties,
people and government.

The whole world got to see how orderly and calm Japanese people
are and I hope we all learn a lot. We are all same human being but we can
behave differently in given situation. Think of those screaming scenes from Katrina...

Not only how great people are, how well NHK did their job in disaster like this
for quick/auto warning and continuously broadcasting with real time
information and how they are well prepared for this procedure in place... Wow!

I just saw it on TV how Korean KBS (like NHK in Korea) were talking about
reviewing their system and to learn from NHK.

I have been watching NHKWorld Live broadcast on my computer.
Just can't take eyes away, and wanting to see good/better news to
come out any minute or seconds.

I pray for young and old... to never loose their hopes.
My heart aches,  XXX

おまけ
[PR]

# by bs2005 | 2011-03-22 20:26  

Candlelight Vigil on March 24th

ニュースなどでもよく出てくる、蝋燭を灯して被害者の為に祈る集まりのことをcandlelight vigil と言います。

vigil は寝ずの番という意味ですから、本来は夜を徹しての催しだったようですが、最近は必ずしもそうではないようで、今回の催しも6時半から8時までです。

シリコンバレーのサラトガ市に「箱根ガーデン」という日本庭園があるのですが、そちらでその催しが開かれます。テレビ局も来るそうなので、沢山の人が集まって祈る姿が日本の被災者にも届くと嬉しいです。

この催し、そもそもアメリカ人からの呼びかけで始まったとか。日本人主導でないのは、ちょっと残念な面もありますが、アメリカ人が率先して動いてくれたことは半面嬉しくもあります。

私のアメリカ人の友人達も寄付には続々と協力してくれているようですし、伝えられる被災者達の態度には感銘を受けてくれています。世界の他のどこでも、こういう具合には行かなかっただろうと日本人への尊敬を語ってくれる人も居て、日本人として誇らしく思っています。

先日は全くの赤の他人のアジア系の人が、私が日本人と知ると、「日本の親しい人々は大丈夫だったのか。テレビで見る度にこちらも胸が張り裂ける思いがする。何とか頑張って欲しい。ああいう中で頑張っている日本人の姿には驚嘆し、深い敬意を持っている。」と話しかけられました。こういう風に思っている人々が沢山居ることもこの機会にお伝えしたいです。

以下はその箱根ガーデンの財団理事長からの呼びかけです。ベイエリアのお近くの方は是非ご出席ください。ここ数日雨が続き寒いので、当日は防寒にはくれぐれも気をつけてください。


皆様

今回の東北関東大地震においては多くの命が失われ、多くの人々が避難所での不自由な生活を余儀なくされています。また、原子力発電所の事故に関しては多くの技術者やマネージメントの方々が日夜安全確保のために命を懸けて働いておられます。サラトガにある日本庭園を管理する箱根財団においては、キャンドルライト追悼・募金会を開催し、カリフォルニアの地から被災地の皆様に励ましの声をお伝えしたいと思います。

キャンドルライト追悼会は3月24日(木)午後6:30-8:00の間、箱根ガーデンにて行います。伊藤牧師の指導の下みなで祈りを捧げ、被災地に激励の言葉を送ろうではありませんか。入場は無料ですので、友人をお誘いの上お家族の皆様とともにご参加ください。キャンドルは当方で用意いたします。

箱根ガーデンについては下記を参照ください。
箱根ガーデン
地図

また、募金については在サンフランシスコ日本国総領事館の下記サイトを通じて送金ください。当日箱根ガーデンからも送金できるようにコンピューターの手配をしております。
サンフランシスコ領事館募金についてのサイト
(注:このサイトで見ると、領事館宛ての募金は日本赤十字社に送られるようです。先日の記事はその点間違っていたので訂正します。すみません。ただ日本赤十字は義援金とタイトルのついた募金は100%被災者に送金するそうです。支援金は違うそうです。

では木曜日に箱根ガーデンにてお待ちしております。

箱根財団理事長
松尾正人

[PR]

# by bs2005 | 2011-03-22 12:24 | こんな英語表現  

FW: 福島第一原子力発電所の事故に関するメモ (放射線計測のプロからのアドバイス)

「放射線問題に関する説得力のある解説メールで長文だが読む価値あり」のメールが回ってきたと、顔の広い友人が私にも回してくれました。そのメールを回している最初の方は「読むも、読まぬも、判断お任せ!」という注つきで送っておられました。ネットの情報なので、私も真似して「信頼するかしないかは自己責任にお任せ!」します。一応調べてみたところ、こういう方が北海道大学におられることは確かなようです。内容も風評被害を拡大するようなチェーンメールとは違うように思います。全部を読むのは大変なので、とりあえず私がここはポイントと思ったところは赤字にしてあります。また、このメールは海水汚染の発表以前のものなので、それについては言及していません。

注:ご本人からメールの転送、ブログへの転載はかまわないが、原文そのままで部分だけ読むことのないようにとのご連絡があったそうなので、その赤字でポイントを提示するのはやめましたので悪しからず。



皆様

 北海道大学の金子と申します。

 今回の福島第一原子力発電所に関していくつか投稿があったので、私がビジネススクール関係の同級生から受けた質問を中心に、不要な恐怖を感じないために必要な情報をまとめたメモをお送りいたします。長文なので興味のある方のみお読みください。

 一般の方が正しい判断をしていただくために必要な情報を提供することが目的なので、直感重視で正確さには目をつぶっています。また時系列に従って書き加えていった事から、すでに心配しなくてよい事柄も含まれています。

 私は原子力工学で博士号を取っており、専門は放射線計測です。2000年に発生したJCO臨界事故当時は同じ東海村にある旧日本原子力研究所に勤務しておりました。現在、北海道大学で放射線計測関係の教育・研究をしています。

 福島第一原子力発電所の事故ですが、2011/3/18から3号機に対する地上からの放水作業が順調に進み始めたようなのでかなりほっとしております。まだ予断は許しませんが、最悪の事態は免れつつあるようです。

 内容は下記の通りです。

?放射性物質がまき散らされているようだけど、何に気を付ければよいのか?

?食べ物から放射性物質が検出されたようだが大丈夫か?

?原子炉の状態はどの程度危ないのか?

?-1 原子炉の状況について

?-2 使用済み核燃料プール

< ?放射性物質がまき散らされているようだけど、何に気を付ければよいのか? >

 風向きや天候に作用されるので非常に大雑把ですが福島県以外の方は、赤ん坊を含めてナーバスになる必要はありません。線量率が数μSv/h(新聞の表現だと毎時数μSvです)以下の所ではこの記述が適用になります。

 現在、原子炉および使用済み核燃料プールから放出されている放射性物質は131ヨウ素、133キセノンが中心で137セシウムが少し含まれます。キセノンは希ガスなので体内に蓄積する心配はありません。ヨウ素は甲状腺に集まるので、原子炉周辺にいる乳幼児や妊婦はあらかじめヨウ素剤を服用して甲状腺をいっぱいにし、放射性物質である131ヨウ素が蓄積することを防ぎます。ヨウ素剤は副作用がある事と40歳以上では飲んでも効果が無いことが知られています。素人が勝手にヨウ素剤を服用する事は危険です。またイソジン等を飲んでも体に悪いだけなのでやってはいけません。以下、ヨウ素剤に関するホームページです。

ヨウ素剤に関するホームページ

普段から我々は放射線がたくさんある環境で生活をしており、我々の体からも1秒間に4000~6000の放射線が出ています。これは食べ物によって体内に蓄積した40カリウムと14炭素によるものです。食べ物の他宇宙線や地面などから、年間平均で2.4mSvの線量を我々は浴びています。インドや中国など場所によってはこの10倍程度の放射線を浴びる地域がありますが、影響はありません。

μSvに直すと、m(ミリ)=10^-3、μ(マイクロ)=10^-6なので2.4mSv = 24000μSvになります。人間は10 Sv程度の放射線を浴びるとほぼ100%死にますが、250mSv(=0.25Sv)以上にならないと観測出来る影響が出ません。これは、このレベルになってようやく人間の放射線防御機構が追い付かなくなることを意味しており、かなり高い放射線防御機能が備わっていると考えることも出来ます。

テレビなどで報道されている線量率を見ていると、関東北部の室外で0.数μSv/h~数μSv/hまでです。仮に原子力発電所の事故が1か月続き、1μSv/hの線量率の場所にずーーーーーっといたとすると、

1μSv/h×24時間×30日=720μSv の線量を被ばくしたことになります。

線量率と線量の関係は、自動車で走った時の速度と走行距離と同じだと思ってください。時速:km/hに時間をかけると走行距離:kmになりますよね。線量率で騒いでも(瞬間最大風速のようなもの)はっきり言って無意味で、走行距離:kmに当たる線量Svがいくつになったかが重要です。

話を戻します。720μSv=0.72mSvですから、通年で浴びる分に加えて3か月分の線量を余計に浴びたことになります。直接的な影響が出るのが250mSvからなのでまあ、全く影響は無いでしょう。癌などの影響(確率的影響と言います)も実質的には無いものと考えていいでしょう。実害の無い放射線影響を心配するストレスの方がはるかに影響があるので、無駄なことを心配する事はやめましょう。

とは言え無駄な被ばくをしても得をすることは無いので具体的な対処法をまとめます。テレビでも言われていますが、基本的に花粉症対策と同じでO.K.です。放射性物質は「埃」について飛んできます。福島や茨城北部、宮城の方で気になる人は、外出する際は肌をあまり露出させないようにして、マスクや帽子をかぶるとよいでしょう。

さらに家の中に「埃=放射性物質」を持ち込まないようにすることが重要です。外から家に戻ったら、玄関の所で外套を叩いて埃を落とし、玄関に置いたビニール袋に入れるといいでしょう。次に外に出る際には袋から出して同じ服を使ってよいことは言うまでもありません。基本、「埃」なので手洗いやうがいも有効です。

叩けば落ちるし、洗えば流れるのが放射性物質です。「放射性物質=埃」と思って対策を取ってください。これらの物質は埃にへばりついているので、地面に一番多く広がっています。もし仮に線量が高い場所に入る可能性があるときは水で流して除染しやすい長靴などを履くと良いでしょう。家に入る前にザーッと水をかければ玄関を汚さずに済みます。あと、線量率が高い原発近くでは、雨が降ると埃と一緒に放射性物質が落ちてくるので、その時は外出しない方が良いでしょう。

ちなみに131ヨウ素は半減期:8.1日、133キセノンの半減期:5.2日なので、この2つは事故が収束して2か月も経つと実質的に消えてなくなります。137セシウムは半減期が30年ほどあるので大量に放出された場合、長期的にはこちらが問題になります。筑波にある産総研の測定データを見ると、137セシウムはヨウ素の3%強しか出ていないので今と同じ放出状況で終息すればまず問題ないと思います。

つくばセンター放射線測定結果

< ?食べ物から放射性物質が検出されたようだが大丈夫か? >

今日(3/19)、福島の牛乳とホウレンソウから基準値以上の放射性ヨウ素が検出されたという報道が出ました。繰り返しになりますが、今放出されている放射性物質は大部分が揮発性の高い物のみで、半減期の短い131ヨウ素が中心です。後述する137セシウム以外では131ヨウ素の半減期が最も長く8日で、原子力発電所からの放出が止まれば3か月経つと1/1000程度になり、実質的になくなります。

10半減期とすると、8日×10=80日で計算すると、1/2×1/2×1/2×1/2×1/2×1/2×1/2×1/2×1/2×1/2 = 1/1024になります。今は食品衛生法の基準を超えていますが、原子力発電所からの放射性物質の放出が停止すれば半月も経てば基準以下になり、3か月も経たずに通常の状態に戻ることが分かります。


一つ気を付ける必要があるのは半減期30年の137セシウムです。セシウムは純粋な状態では極めて反応性が高い低融点金属です。核燃料の中ではほとんど化合物を作っていると思います。先日のメールで参照した筑波にある産業技術総合研究所のデータを見ると、半減期の長い137セシウムは131ヨウ素の3%程度以下です。ここ数日の事故対応の進み方を見ると、この後、137セシウムの残留放射能を気にする必要のあるような放出のされ方はまずないでしょう。

余計な話かもしれませんが、過去の原水爆実験が頻繁に行われた1950~60年代は膨大な量の137セシウムと90ストロンチウム(こちらも長半減期)が全世界にばらまかれています。当時、東京在住者の歯から137セシウムが測定出来たと昔授業で聞いたことがあります。

ここ数日の新聞やテレビの報道を見ると、「今は基準値を超え摂取すべきでない事から一次的に出荷停止とする。ただし、原子力発電所の事故が終息すれば短期間で残留放射能の影響は無くなるので心配はない」という最も伝えるべきことが伝わっていないように感じました。

いずれにせよ、事故が終息した後、福島を中心に宮城、茨城は大きな風評被害を受けるでしょう。ひどい風評被害を目の当たりにしたJCO事故経験者として、心が痛みます。これを読まれた方は、風評被害は無知から発生することを認識していただければと思います。文部科学省も数年前からこの状今日を改善する必要性を感じ、小・中学校で放射線に関する教育を立ち上げようとしています。

< ?原子炉の状態はどの程度危ないのか? >

話を簡単にするため原子炉の話を先にやり、そのあと危険度の高かった使用済み核燃料プールの話をします。

?-1 原子炉の状況について


原子力発電所の事故として皆さん誰もが知っているのがチェルノブイリの事故です。これは黒鉛チャンネル炉という、もともと原爆用のプルトニウムを生産するために作られた原子炉を発電用に転用したものです。この炉は運転中に燃料棒を抜き差ししてプルトニウムを効率よく生産することを主目的として作られたため、事故時に放射性物質の拡散を防ぐ原子炉格納容器がありません。

チェルノブイリ原発事故は反応度事故と呼ばれるもので、原子炉の出力が急上昇したため燃料棒が融け、蒸気爆発とそれに続く水素爆発によって原子炉が内部から破壊されました。その後、黒鉛火災が発生し核分裂生成物を大気中高く舞い上げ、広範囲にわたる重篤な放射性物質による汚染を引き起こしたというのが一般的な解説です。ただし、黒鉛火災については仁科先生という炉物理の大御所が授業中否定していた記憶があるので違うかもしれません。

今回の福島第一原子力発電所で使われている軽水炉はチェルノブイリのような反応度事故は原理的におきません。例えれば、ジャンボジェット機が宇宙に行けないのと同じです。負の反応度といいますが、専門的になるのでやめておきます。

軽水炉で起こり得る最も重大な事故が1979年に米国・スリーマイル島(TMI)発電所で起きた、冷却材損失事故です。今回の福島第一原子力発電所の事故はこれです。簡単に説明すると、地震によって炉心の入っている原子炉圧力容器から水漏れが起きました。こういう場合に要となるのが、炉心を冷却するための装置(緊急炉心冷却システム:ECCS)です。今回の事故では津波のため緊急用ディーゼル発電機が全滅したために炉心を冷却するための装置を動かすことが出来なくなり、原子炉が空焚きになりました。原子炉は運転を停止しても、核燃料の中で発生した放射性物質が崩壊する際に熱を出すので冷却が必要になります。この冷却に失敗したのが今回の事故です。

炉心溶融を心配する質問を頂きましたが、今の所、1~3号機の原子炉への海水の注入は安定して行われているようなので、冷却が十分行われればまずは大丈夫です。一番重要なことは「放射性物質=核分裂で出来た物」を外に出さない事です。炉心(核燃料集合体)が融けても、一般の人への被害はまずありません。先日、WinWinで今の状態を「おなら」、チェルノブイリの状態を「うこん」をまき散らした状態と表現しているホームページの紹介がありました。

?で書いた揮発性の高い131ヨウ素、133キセノンなどはおならです(笑) うんこを外部にまき散らさないことが最重要となります。

軽水炉は原子炉格納容器(原子炉圧力容器などが入っている外側の容器。厚さ5cm程度の鋼鉄製)、原子炉圧力容器(炉心が入っている厚さ20cm程度の鋼鉄製の容器)の中に燃料集合体と制御棒からなる炉心が水の中に漬け込まれています。ネットで調べたところ、事故を起こした1~5号機のMrak1炉心は圧力容器:16cm、格納容器:3cmの鋼鉄製との事です。

圧力容器の中に水がどのぐらい入っているかはわかりませんが、圧力容器が外側からであっても十分に冷やされていれば圧力容器に穴が開くことはまずありません。当初は水蒸気爆発のリスクを感じましたが、今は安定して注水が行われているので大丈夫でしょう。海水を注入したこともあり、事故を起こした原子力発電所が2度と使われることは無いので、外にいる我々は「うんこ」が外に出なければO.K.と思いましょう。

原子炉に関してちょっと心配なのが2号機です。数日前に原子炉格納容器内で爆発があり、下の部分に破損が入ったとの情報がありました。空気が入り、水素爆発が原子炉格納容器内で発生することを恐れていましたが、あれから何日か経ったので今の所は大丈夫なようです。

あと、「3号機はプルサーマルをしているが、プルトニウムの影響は無いのか?」との質問を頂きました。原子炉は新品の燃料として235ウランを3%に濃縮したウラン燃料を使います。運転の最終段階では出力の40%程度は238ウランが中性子を吸収、β崩壊を経てできた239プルトニウムが担っています。

従って、プルサーマルだから特に危ないということはありません。プルトニウムは物質中最悪の毒性を持つという話がありますが、化学物質としての毒性を心配する必要は無く、毒性の大部分はα線の放出によるものです。α線放出物質としては半減期の短い(放射線を短時間にたくさん出す)241アメリシウム等の方がはるかに強力です。

?-2 使用済み核燃料プール

昨日から自衛隊の航空機火災用消防車を中心とした放水作業が軌道に乗り始めたようなので、だいぶホッとしました。19日19:00のニュースでは屈折放水塔車で連続注水が可能となったとの事なので、いやーーーーーっ、やれやれですね。一昨日、ヘリコプターからの放水がなかな進まない事や機動隊が水もかけずに撤退した話を聞いたときは正直「状況、わかってる? 僕が志願して水かけに行く?」と思いました。

やばさ加減ではこちらの方がはるかに上です。ここまで読まれた方は重要なのが「おなら」の臭さは我慢するにしても、「うんこ」= 使用済み核燃料(核分裂生成物)をまき散らさないことに限ることはわかっていただけたのではないかと思います。

原子炉から取り出した使用済み燃料は自分で熱を出すため、原子炉から取り出した後しばらく冷却する必要があります。発熱量は原子炉から出した後急激に下がりますが、「燃料集合体1本あたり、9か月たった時点で家庭用電気ストーブ3~4台分」とテレビで北大の奈良林先生が言っておりました。ただし、3号機では500本、4号機は1300本以上保管されていますから冷却しなければ、プールの水も沸騰します。

使用済み核燃料プールが非常に恐ろしいのは「うんこ」の飛散を防ぐ原子炉圧力容器も原子炉格納容器も無い事です。原子炉の空焚きに近い状態が使用済み核燃料プールで起き、4号機では水・ジルカロイ反応で水素爆発が発生し原子炉建屋(コンクリート厚さ:1m)が壊れました。3号機ではプールの水が沸騰し、どの程度かわかりませんが使用済み核燃料がむき出しになった可能性があります。現在(3/21)、3号機ではプールの容量の3倍程度の注水に成功したとのことです。水はγ線・中性子に対しては非常に良い遮蔽になります。放射性ヨウ素もかなり吸収されます。あとは電源系の回復とあわせて、一歩一歩事故が収拾に向かうことを祈るしかないですね。長文ご容赦ください。 以上です。


金子純一 (Junichi H. KANEKO, Ph.D., MBA)

北海道大学大学院 工学研究科
量子理工学専攻 准教授

[PR]

# by bs2005 | 2011-03-22 08:37