<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

小沢氏米有力紙インタビューのマスコミ報道の歪み

今、忙しくて時間がないので、原文のままご紹介します。ニュースではNHKも読売も全くこのインタビューを歪んだ形で伝えています。あたかも小沢氏の言い分の正当性を外国有力紙が取り上げているかのようです。以下にその原文(ウォール・ストリート・ジャーナル誌)を載せます。

長いので、どちらも無視して報じていない部分を赤で表示します。有力紙と言いながら、NHKではその誌名も挙げていないのは、原文でチェックされたくないのかとさえ疑ってしまいます。直接的な言い方は避けていますが、赤字部分以外でも、繰り返し、彼の置かれている立場を指摘していることからも、この記事はむしろ小沢さんを批判する意味で書かれているように私には見えます(この部分はオレンジで示します)。NHKも読売もその面をこそぎ落として報道しているように見えます。今、日本はこんな政争に巻き込まれている場合じゃないことこそ報道するべきなのに。

すみません、しばらく忙しくコメントのお返事もできません。お許しください。


Japan's Ozawa Challenges Kan Over Crisis

By YUKA HAYASHI And TOKO SEKIGUCHI

TOKYO—Ichiro Ozawa, the political power broker laid low by corruption charges, says he is ready to take on longtime party rival and sitting Japanese Prime Minister Naoto Kan for what he sees as the government's mishandling of the continuing nuclear energy crisis.

In an interview with the WSJ, Ichiro Ozawa, former president of the ruling Democratic Party of Japan, speaks about the government's handling of the nuclear crisis, failing support for the DPJ and his own political future.

The brash statement by one of the nation's most controversial political figures has further exposed the deep split that has emerged within the ruling Democratic Party of Japan, even as the government grapples with trying to contain one of the most complex disasters ever to face the country and rebuild the struggling economy.

Despite being in the middle of preparing to defend himself over charges of misstating the financial statements of his fund-raising group
, Mr. Ozawa told The Wall Street Journal in a rare interview that the prime minister should step down to pave the way for a new political era in Japan.

The veteran politician reiterated he had "done nothing wrong" and pledged to fight the criminal charges brought against him. He is awaiting trial, which is likely to start late this year.

Mr. Ozawa, who retains appeal to a certain segment of voters, said he wants to emerge from the scandal's shadow and serve as a catalyst for change, as he has done repeatedly over the past two decades in a roller-coaster political career.

"I was thinking about just fading away but now I feel I have a bit more work to do," Mr. Ozawa said, calling himself an old soldier, alluding to the words of U.S. Gen. Douglas MacArthur.

Mr. Ozawa, the former leader of the ruling party, said he believes that "anxiety and frustration are growing" among the Japanese people because of the government's inability to come up with effective solutions more than two months after a magnitude 9.0 earthquake and tsunami triggered the worst nuclear crisis since Chernobyl in 1986.

"If the prime minister cannot implement policies, it's meaningless for him to stay in power," Mr. Ozawa said. "I think the sooner he's replaced, the better."

Tetsuro Fukuyama, deputy chief cabinet secretary, said he was disappointed by Ozawa's remarks.

"Each politician has their own ideas, own views," Mr. Fukuyama said in Deauville, France, where he was accompanying Mr. Kan for the Group of Eight Summit. "But it is a bit disappointing," he added.

Despite the growing attack from the Ozawa sympathizers in the party, Mr. Kan himself has hinted he could offer a greater role for the senior politician in Japan's effort to rebuild the quake-damaged areas in the northeast, including Mr. Ozawa's own district.

Mr. Ozawa wouldn't say who should succeed Mr. Kan, nor would he confirm if he was himself interested in the post that has always eluded him.

But he was clear on the qualities he thinks are necessary. "This is a difficult time, a time of crisis. That's why we need to choose a leader who can withstand the hardship and an administration that can endure it."

Mr. Ozawa has largely stayed behind the scenes since he was indicted in January for his alleged violation of campaign-funds law. He spoke in his first interview with a mainstream media organization since September when he made a credible challenge against Mr. Kan for the prime minister's job in an internal party election, garnering 40% of the votes.

He is asserting his leadership role just as the prime minister is coming under renewed pressure to give up his job after a brief political truce that followed the March 11 earthquake. Opposition politicians are considering a parliamentary no-confidence motion to oust the government, and seeking cooperation from critics within Mr. Kan's ruling party.

Asked if he would support such a motion, Mr. Ozawa said: "I am thinking about how to deal with that right now." Despite his legal conflict, Mr. Ozawa remains a popular figure within the DPJ, particularly among freshman lawmakers who feel they owe their election victories to him. He long played a role as the DPJ's election strategist, helping to propel the party to power in historic elections in 2009. Some 160 lawmakers attended his 69th birthday party, held Tuesday.

Not everyone is a fan, however. Gerald Curtis, a professor of Japanese politics at Columbia University, said that while Mr. Kan's leadership has proved to be far from effective, the political in-fighting shows scant regard for the issues facing Japan.

"This low-level jockeying for political power by small-minded men occupied in petty politics will only disgust the public," Mr. Curtis said.

"Ozawa has no chance of coming back as prime minister," he said. "All he will create is political chaos, effectively breaking up the DPJ—that's what Ozawa does."

Criticizing Mr. Kan's handling of the nuclear crisis, Mr. Ozawa proposed putting fiscal austerity on hold in relation to the nuclear cleanup effort. "The government must be determined to put a stop to radioactive pollution no matter what it takes, money or otherwise."

"This is not a matter of money, but of life and death for the Japanese," Mr. Ozawa said. "We can always print money....The Japanese people must understand the situation. Bonds will have to be paid back, but if you can save lives with money, then so be it."

An advocate of populist policies such as a monthly cash allowance to families with children, Mr. Ozawa said the current method of central government-led reconstruction does nothing for the economy in devastated areas, with central government bureaucrats holding too much control over how the money is spent.

Bureaucrat bashing, a banner under which the former party president led the DPJ into power, has subsided in recent months—a trend that Mr. Ozawa faults for the dwindling party support.

"I expected the DPJ to be more serious and almost brutally honest" in breaking the codependent relationship between politicians and bureaucrats, he said.

He added he was disappointed that the DPJ has failed to become strong enough to create his vision of a true two-party system for Japan following more than 50 years of rule by the Liberal Democrats.
[PR]

by bs2005 | 2011-05-28 14:54  

生協の問題

武田さんはたて割無責任社会:大人が強いる子供達の被曝
新しい「信頼される」生産者・流通の時代に!という記事の中で、今の生協の問題を挙げています。ごく一部を下記でご紹介させて頂きます。是非、上記の記事をお時間のあるときにお読み下さい。

引用1.事故が起こってから国は「健康に影響がない」を繰り返してきました。また、多くの放射性物質が福島などに降り注いでいるのに、その事実を隠していました。

そんな国であることを知りながら、消費者を守るはずの生協が「国の検査をクリア」というのは、生協を信頼していた私には理解できません。

生協で販売されている、福島、茨城、千葉、群馬、栃木の5県の野菜は「放射性物質で汚染されている」ので、購入してはいけないことが判ります。

また、生協はトラックで日本中に「放射性物質」を運んでいるので、それはすぐ止めてもらいたいものです。

未来をつくる日本の子供達のために、私は批判を受けることを承知で「個別・具体的に」危険な食材を指摘していきたいと思います.個別のことを言うのですから、私の名誉は傷つくでしょうが、子供を守ることの方がずっと価値がありますから。


引用2.これが今、日本の大人が子供にしていることです。

法律では、1年1ミリシーベルト(一般人)、放射線作業者の上限1年20ミリシーベルト(実際の平均値は0.7ミリシーベルト)です。

これに対して、1年約50ミリシーベルトを「安全」と言って、学校を開いたり、食材を売ったりしています。生協は子供にこれだけの被曝をさせて生産者を保護しないと「いたたまれない気持ち」になるらしいのですが、私は生産者を保護するために子供に被曝させる方が「いたたまれない気持ち」になります。



生協の担当者なる人々は、ちゃんと国会の論議を聞いているのでしょうか。ちゃんと食品を家庭に運ぶ人間として必要な調査をしているのでしょうか。国の言うことを鵜呑みにしているか、福島支援を感情的に考えて科学的視点を失っているのではないでしょうか。

私も事故直後に「支援のために買うべき」とは言いました。でも、不安なら食べなくてよいとも言いました。買って捨てても構わないと。安全がどこまで保証されるかは不明だったからです。食べることまで求めることは誰にも出来ない筈です。

それが今は、買って食べなければ被災地への思いやり、支援の気持ちが無い人間、まるで非国民のように扱う雰囲気があるように感じます。戦時中の「欲しがりません、勝つまでは。贅沢は敵」と正義をふりかざした人々のように。私は前言を撤回します。今買うことはたとえ捨てても、こういう風潮の後押しをしてしまうので。

支援は他の形でも出来るでしょう。後述した武田さんの方法が一番理に適っていると思います。

生協がトラックで日本国中に汚染の塵を撒き散らしていること、売っているものが安全である保証が無いこと、等々を考えると、今の生協には大いに問題があると思います。武田さんの説が仮に正しくないとしても、それが誤りであると証明されていない段階で、ああいう動きは大いに疑問です。

私も子育ての頃は積極的に生協のものなら安全と買っていました。生協への信頼が最初に崩れたのは、例の中国の餃子問題でした。もっときちんと管理していると思っていたのに。そして今、この問題。

この生協の動きを止められるのは生協で買っているお母さん達だと思います。お母さん達に多角的な情報を伝えて、お母さん達は生協の動きに抗議するべきでしょう。そして不買運動をするべきでしょう。お知り合いで生協で買っている方がおられたら教えてあげてください。NHKが委員会で語られていることを中継報道してくれていれば、こんなことしなくても良いんですが。

国会の委員会論議を聞けば、どちらが正しいことを言っているかすごくよく分かります。大丈夫と言っている方はまともな論理になっていませんから。日本は戦争中も感情的なものが支配して、論理的・科学的考え方を押しつぶしました。今もそういう傾向があるようです。

武田さんは、こういう形の支援ではなく、政府が汚染された福島の野菜の全てを買い上げ、焼却すべきだと、委員会質疑の中で言われてました。真に正しい支援の形だと思います。今の生協のような形で支援するのは、日本国中に汚染をまき散らし、被爆を広げることだと思います。

何度も言いますが、NHKも生協のような動きを美化して、委員会の論議を報道しないのは犯罪的とさえ言えると思います。

武田さんのこの記事の最後の言葉、本当に本当に強く同感します。日本はとんでもない災難に遭いました。でも、その中から今までの過ちを正し、これを素晴らしい国にする糧に変えて行かなければ、あの災害で亡くなった膨大な数の人々の死も、被災地の人の中には「死んでいた方が良かった」とさえ思う程のすさまじい苦しみも、全て無駄になってしまいます。

私達がすべき事は、膨大なマイナスを膨大なプラスに変えていくこと。マイナスの上積みをすることではない筈です。子供達の未来は日本の未来そのものです。子供達を守らなければ、日本に未来は無い。
[PR]

by bs2005 | 2011-05-25 11:51  

武田邦彦さんの公式ビデオ

衆議院TVビデオ・ライブラリーのところに行くと、検索を使って過去の委員会での発言が見られます。この方法で武田さんが発言した会議が二つ出ています。

2011年 5月20日 科学技術特別委員会
2011年 5月18日 文部科学委員会

既に武田さんはブログでその委員会で発言した要点を書いておられますが、実際の録画を見ると、もっと詳しくよく分かります。また、その後の質疑も大変興味深く、参考になります。聞いていると、どちらが真実を語っているか、どちらがそうでないか分かってくる感じがします。

原子力安全委員会の久住(くすみ)さん、女性なのに母性というものが全く感じられず、理論や数字をもてあそんでいるだけに感じました。放射能を浴びたからと言ってDNAが傷つくとは限らない、素通りしてしまうこともあるとか言ってるんですけど、これって原発が全て事故に遭うわけではない、だから安全だというのに等しいと思います。

万が一にも傷つくDNAがあるということが問題であり、たった一つの原発が事故を起こしてもこんなに大変で、数字の確率で安全を語るような人が基準を決めていたのかと思うと愕然としました。私は発言の度にどんどん腹が立って行きました。時々無意味な笑い声まで上げていました。人間としての真摯さを全く感じませんでした。

逆の立場から語る人々の言葉は実に具体的で説得力があります。そして国民、特に乳幼児、これからの日本を背負う世代への深い同情と真摯な危惧を感じます。こういうことも分かるので、質疑も時間があれば是非見ることをお勧めします。仕事をしながら流して所々聞くだけでも、とても参考になります。

科学技術特別委員会では汚染をいかに除去するかなどについて語っています。また、文化科学委員会の冒頭では、国が政策として原発事故を許していたという恐るべき事実が語られています。

何度も言いますが、国会で論じられている、こんな大事なことがニュースで報道されないのは、本当に問題だと思います。アメリカの公聴会は、国民の関心が深いもの(公聴会で取り上げられるのは基本的にそうですが)は完全中継する局も数局あります。全部を放送しなくても三大ネットワークは、ニュースで大きく取り上げます。

NHKへの抗議に関してNHKは、ニュースで福島原発事故のことは取り上げているし、報道は中立、公正を基準に選んでいるという紋切り形の、実に失礼な返事をしてきました。

国会で取り上げて論じられていることを中立、公正の基準に合わないというのは、どういうことでしょう?一つの立場だけを伝えたくなければ、反対の立場も報道すればよいのです。ニュースでは御用学者ばかり登場させているのに、反対の立場の人が公式の場で述べていて、政府の機関がそのビデオを公開しているのに、それを放送しないということはどういうことでしょうか。

今、国民が一番苦しみ、不安を感じ、関心を寄せていることについて、可能な限りの情報を与えて行くのが報道の義務ではないでしょうか。ビデオを聞いていると、報道されていなかったので知らなかったことが沢山ありました。当然報道すべきことまで報道していない、、、全く嘆かわしいことです。

参考:武田邦彦さんのブログ記事 5月18日文化科学委員会の記事

追記:yasatexさんのコメントで、私の記事で説明不足の部分があったことに気づかされました。お忙しい方が、特定の方の発言だけを拾いたい時の方法をお伝えしていませんでした。

上記の衆議院TVビデオライブラリーの所に行き、カレンダーで、会議のあった日をクリックします。そうするとその日の委員会の表示が出てきます。聞きたい委員会をクリックすると発言者の一覧があります。その発言者のところをクリックすると、その人の発言部分を簡潔に見られます。

ただ質疑応答はやはり全部を聞かなければならなくなると思いますが、とりあえずお忙しい方の為にはこういう見方もあります。委員会の日付が分からないような場合は、上の方法の名前で検索されると出席日、出席委員会が分かります。

見るには適合するソフトが入っていないと駄目ですが、ダウンロードは比較的簡単になっています。私でも出来ましたから。とは言ってもいい加減に何となくやっただけなんですが、それでもダウンロード出来ました。yasatexさん、有難うございました。

[PR]

by bs2005 | 2011-05-25 05:16  

NHKが中継しない「参議院行政監視 委員会」

マスコミ報道が全くあてにならない現在、ネットで色々のことを知ることが出来るのは真に有り難い時代ですね。そうして良心的な科学者が居ることも有り難いことです。最近、そういう情報を私にたくさん教えてくださっている情報師匠のクロエさんに、このことも教えて頂きました。皆様にもお裾分けさせて頂きます。既にこのビデオを見られた方はそうされていると思いますが、まだの方はご自分のブログでも是非紹介して、出来るだけたくさんの方にこの真実を伝えて頂きたく思います。マスコミの仕事ですが、それを彼らがしない以上、ミニコミの力を見せ付けたい、そんな思いです。

参議院USTREAM中継 脱原発への道 1/2
参議院USTREAM中継 脱原発への道 2/2

こういうことが議会の場で論じられるようになった時代も有り難いことです。自民党政権が続いていたら、こういう証人に語る場が与えられていたかどうか?ネットのお陰でこういうことを無視しても無駄だと理解されたからか?実際にあんなにひどい事故が起きてしまったからか?その全部かもしれませんね。

このことを中継しないNHK、日頃、国会中継を長々とやっている局なのに問題ですね。国会中継は議場審議に限るとか言うのでしょうか。国民がもっとも関心を持っている生死や健康、安全に関わる問題、国家の存亡に関わる問題に関する証言を放送しないなんて、、。特に被災地や放射能汚染が疑われている地域の人々は、知る権利があります。

中立を守りたいなら、両方の証人を放送して国民の判断を仰ぐべきだし、報道するものとしての義務を何と思っているのでしょう。政府の原発対応、復興計画、被災者達への支援などについて、柔軟性がないとか、臨機応変にとか言っている自分達は、それをどれだけ実行しているのでしょう。

アメリカのテレビ局なら、こういう委員会の実況を完全中継する局もあり、普通の局でもニュースの中でかなり詳しく紹介します。少なくてもこれだけ大きい問題が取り上げられていることを報道しないなんて考えられません。トヨタの事故問題もそうでした。原発の安全に比べたら、車の安全なんて屁でもない位なのにと言ったら言い過ぎかもしれませんが、、。

早速このフォームで抗議してきました。皆さんもどんどん抗議して、とりあえずまずNHKの報道姿勢から変えて行きましょう!

ついでながら、クローズアップ現代あさイチにも送っておきました。よろしかったら、皆さんもこちらにも、、。どこが一番先に報道するかな?どこもしないのかな~(怒)

追記:頃子さんの記事の中で紹介されていたので、参議院インターネット審議中継というものがあると知りましたので、お伝えします。こういうのがあったんですね。また一つ勉強させてもらいました。このページに入っても、どうすれば中継を見られるのか説明不足で分かりにくかったですが、カレンダーの日付(この場合五月に二十三日)をクリックすれば審議名が出るので、それを選んでクリックすれば見られます。

NHKが中継しないこと、ひょっとして非公開審議にされていて放送できないのかと思いましたがーそれはそれで問題ですがーこうやって公にされているものを放送しないなんて、ますます問題ですね。インターネットで見られる人は限られています。ネットそのものに無縁の人もまだ多いし、一番こういう情報を必要としている避難所に居る人は無理でしょう。それにパソコンでは中々「ながら」では見られないし、大勢で見ることも難しいです。テレビなら他の仕事をしながらでも見られるし、街頭でも見られるのに、国民の側に立った情報提供ということを、提供する立場にありながら全然真剣に考えていないようですね。

アメリカではああいう中継がどんどんなされるから国民は政治にもっと身近な関心を持っているのかもしれません。日本の報道機関がこういうことをさぼっているのは、勘繰れば目覚めた国民を作りたくないのかもしれせんね。そうだとしたらネットがこれからどんどん進んで行く時代、その手はいつまでも通用しないとはっきりと知らせしめなければ!
[PR]

by bs2005 | 2011-05-24 06:22  

NHK報道と民放、ネット放送

私は日本のニュースはテレビジャパンという海外の日本人向きに日本語放送を行っている局から配信される番組を見ています。殆どはNHKの番組です。ドラマや娯楽のものは1割位はNHK以外のものも見られますが、ニュース関係はNHKだけです。

それで今まで、日本の報道の問題を批判してきましたが、今回の原発事故に関しては、民放はもう少し真実を伝えているのだと、ご紹介いただいたビデオ等をきっかけに遅ればせながら知ることが出来ました。

民放が真実を伝えて偉いかと言えば、そうとも言い切れないなと思います。元々、彼らはセンセーショナルなことを報道して視聴率を稼ごうとする輩ですから、原発事故のパニックを抑えようとするよりは、その反対にそもそもDNAとして方向が向いていたのでしょう。

でも、そういう限界はあれ、NHKの一方的御用放送ばかりを聴くよりは良いと思いました。またそういう商業的な媒体ばかりでなく、ネットを利用した市民の放送局もあるのですね。おかげさまで色々学ぶことが多かったです。ブログのおかげ、皆様のおかげです。感謝!感謝!

広瀬さんも批判されてましたが、日本の記者会見というのはあまりにも腑抜けで、勉強不足、たまに食いついても感情的になるばかり。アメリカの記者会見とは大人と子供のレベルの差があります。アメリカの報道に全く問題が無いわけではありませんが、というより大いに問題ありますが、記者会見のレベルの高さはやはり凄いと思います。答になっていない返答にあっさり引き下がるとか、あらゆる点であんないい加減な迫力の無い記者会見はアメリカではありえません。

自分たち独自で調査も徹底的にして、勉強もものすごくしているし、冷静に、相手の矛盾をきちんきちんと追及して行く。子供の頃からディベート教育を受けてきたからだと思います。勘繰ると日本の政府があまりディベート教育に熱心でないのは、きちんと批判できる人間がどんどん増えてきて、記者会見なので立ち往生するのを恐れているのかなと思ってしまいます。

度々しつこく書いていますが、日本ではちゃんとしたディベート教育を行うことが是非とも必要で、自立して自分の頭で考えられる市民を生み出し、生産的な議論の出来る国にすることは、日本の再起には不可欠のことだと思います。

これからは市民が自分の頭で考え、きちんと発信し、腑抜けな日本の記者たちに渇を入れてもらいたいものです。またネットを通じたコミュニケーションでマスコミを乗り越えていかなければならないし、それが出来る次代になっているという実感も得ました。

最近はネットで色々の情報が伝えられるせいか、さすがのNHKも最近は少しずつ、御用学者の話ばかりでないことを伝えるようになってきているみたいですね。視聴者もどんどん抗議して、こういう報道をさせるべきだと思います。

クロエさんがご紹介してくださり、幸い私はあさイチは見られるのでもう見ましたが見損なった方の為に、下記をご紹介します。放射能汚染地図の続きです。
あさイチで報道されたもの

(上記は間違いで、まだ私も見ていないもので、今週の木曜日に放送されるので、お見逃し無く。寝ぼけ頭で勘違い、早とちりの間違いでした。私の場合、珍しくないとはいえ、失礼しました!)

こういうこと、そもそも強力な足を持つ報道機関が率先して問題にするべきことだと思うのですがーアメリカならそうしてますー民間に背中を押されて、というのは情けないです。でも、これが日本の報道の現状ですから、私たち市民は大いに背中を押しましょう!

私も日本に居ないので出来ることは少ないのですが、NHKにはHPのコメント欄で批判を送っています。そういう報道姿勢でよいのかと思った時には。皆さんもどんどんするべきだと思います。そうでもしないと日本の報道は多分変わらないでしょうし、やっても大したことはなくても、やらないよりはましでしょう。

ところでNHKのネットでコメント送れる欄、電話番号の欄が国内の電話番号しか受け付けないのです。これもNHKの体質を表していると思います。仕方なく私は実家の電話番号を入れる始末。文句を言っても直らない、、、。NHKはいっぱい良い番組を作っているのに、こういう根っこの部分がまだまだ駄目ですね~。民放が良いというわけではありませんが。日本のマスメディアの報道は駄目です!!!
[PR]

by bs2005 | 2011-05-23 00:19  

一見に価するビデオ

予言されていた"原発震災"/広瀬隆氏インタビュー

広瀬氏は『原子炉時限爆弾』という本で、おそろしいほど正確に今回のような原発事故を予言していたそうです。彼の熱弁、聞くに価いします。

広瀬さんのビデオの追加:

福島原発事故 メディア報道のあり方 広瀬隆
[PR]

by bs2005 | 2011-05-20 11:54  

外国科学者が語る「福島原発事故の真実」

全部、字幕または下に日本語訳(Show more をクリックする)がついてます。信じるも信じないも自由ですが、日本の報道機関は、こういうものを無視した報道は出来ないと思います。自分たちで調べて真偽をつきつめる姿勢が必要だし、また政府、東電に厳しく答を求めて行くべきだと思います。

これが100%の真実とすれば背筋が凍りますし、これを隠し続ける政府、東電への憤りはとても収まりそうもありません。辞任した参与に守秘義務違反の恫喝まですることは犯罪的とも言えるし、真実を伝えないことでは意識的にか無意識にか分かりませんが、見事に片棒を担いでいる報道機関の問題も深いと言わざるを得ません。

思わず本当ではないことを祈ってしまいます。

日本未放送:福島原発事故解説,仏アレバ報告書,ガンダーセン博士4/8 (日本語訳文付き)

福島原発,4号機プール保管核燃料再臨界した! ガンダーセン博士4/19 (日本語訳文付き)

福島原発,微量放射性粒子で何千人もガンの可能性広まる! Dr.ウィング 4/21(日本語訳文付き)

福島原発事故の現状:アーニー・ガンダーセンがロシア報道番組で語る4/27(字幕付き)

福島3号即発緩和臨界爆発! 日本,海洋汚染調査却下! 地上水汚染史上最悪5/6(日本語訳文付き)

福島4号地震で傾斜崩壊危機! 1.2.3号燃料容器漏!ガンダーセン5/13(日本語字幕)
[PR]

by bs2005 | 2011-05-20 08:31  

本音丸出しの開き直り、早くも始まる

『「原発事故で精神的苦痛」と都内男性が提訴 東電は争う姿勢』

この記事によると「東電は『原発事故を引き起こした東日本大震災は「関東大震災とは比較にならない規模」であり、「異常で巨大な天災地変について、対策を講ずる義務があったとまでいえない」と言って反撃する構えだという。

白々しい土下座、謝罪の文句の本音が丸見え。「絶対に安全」と地元を説得して建設した原発。あらゆる最悪のことを想定すべきであったし、想定が足りていなかったとしたら、その事自体問題だし、想定外のことが起きらどうするかということまで対策を講じる義務があったのに、、、。

結局、彼らはあの事故に関して、本当には全く責任を感じていず、天災の被害者だと思っていること、したがって、原発被災者の苦しみなんて全く理解する気も本当にはないのだという本音を丸出しにしてしまった。

きっと、このこともマスコミは大した問題にしないのだろう。この提訴した男性は要求した金額から言っても明らかにお金目当てではない。こうした東電の本音を引き出したかったのだろう。まんまと乗ってしまった東電である。

『「メルトダウン? 英語に訳せばそうなりますか」国民をナメきった東電副社長の答弁』

基本的に彼らは政府も国民もなめているのである。これから、時間が経つと共に、彼らの本音と開き直りはますます激しくなってきて、ますます怒りに火をつけてくれるのだろうと思うと、本当に憂鬱になってくる。
[PR]

by bs2005 | 2011-05-20 00:28  

『外人は来ない保安院・東電の会見』

紹介して頂いた武田邦彦氏のブログの記事が大変興味深く、順不同に選んで読んでいます。

その中で衝撃を受けた写真が『外人は来ない保安院・東電の会見』という記事の中にありました。外人というのは外人記者のことなのですが、彼らはこの会見が中身の無いごまかしだらけのものと喝破し、時間の無駄と来ることもないのだとか。

誰も聞きに来ていない会場。一方で保安院・東電の会見をもっともらしく放送している日本の報道機関。

外人記者のようにボイコットして、彼らのごまかしを痛切に突きつけるガッツのある報道人は日本に居ないのでしょうか。そして日本の報道の中身について、受ける側の私たちも、もっと抗議の声を上げて行かなければいけないと思いました。

追記:この記事には直接関係ありませんが、クロエさんが教えてくださった番組をウエブで見られるサイトを頃子さんが教えてくださったので、ご紹介します。お二人とも有難うございます♪

「ネットワ―クで作る放射能汚染地図 」

そもそもは政府がこういうことをやっていなくてはいけないんですけど、そういう受身の姿勢を越えて、活動を起こされている人々、こういう市民の力が日本を変えて行くのでしょうね。
[PR]

by bs2005 | 2011-05-19 10:35 | お目を拝借  

luck out

英辞郎によると、lucked out には運が尽きたという意味とラッキーだったという意味と二通りあるようだ。今朝、友人が電話で We lucked out! と言ったとき、最初私は前者かと思ってしまって落胆しかかったのだけど、念のため確かめたら後者だった。普通は圧倒的に後者を意味するようだ。

luck runs out は運が尽きるという意味で、これなら分かりやすいけれど、前者の意味で使うときの文章がまだ分かっていない。それなのに、記事にしているのは、例文で面白い表現だな~と思ったものがあるからだ。

luck out in the husband department
   幸運にも素晴らしい夫に巡り合う
luck out in the wife department
   幸運にも素晴らしい妻に巡り合う


in the husband department, in the wife department なんて面白い言い方だと思う。この場合のdepartment は分野とか領域という意味で、言うまでもなくお店のデパートじゃないけれど。

そもそも、この表現を私が殆ど聞いたことが無いのも、こんな事言うのは結婚式とか新婚の時だけの表現なのかもしれない。(ひがみ?) 何年も連れ添ってこんなこと本音で言える人が、世の中、どれ位居るのかな~?隠し子(love child:非嫡出子)が見つかったばかりのシュワちゃん、絶対に言ってもらえないな~。うちのダンナも絶対言わないだろうな~。前者の意味ならともかくとしても。良い伴侶が売っているデパートがあると良いのに、、、(笑)
[PR]

by bs2005 | 2011-05-19 01:12 | こんな英語表現