<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

米公聴会への危惧

日本での公聴会に対する報道、発言などを聞いていると深い危惧を抱かずにいられない。そもそも、アメリカの公聴会の怖さというものがトヨタを初め、多くの人が分かっていないように思う。日本の議会におけるふやけた公聴会の延長線上で考えているのではないだろうか。’

アメリカの公聴会だって議員はスタンドプレーを目指し、自分を売り込むチャンスとして利用する野心は充分にある。自分の選挙区への利益誘導の下心もある。それでも公正性に関してはかなり厳密に守られている。個々の議員の思惑は何であれ、公聴会は全体としてはそれを超えた重みを持つ。

米政府は今やGMなどの株主だからトヨタ叩きをしているなどという発言は、公聴会というものに対してそもそも誤解していると思う。アメリカの中のごく一部のそういう発言を引用しているけれど、そういう発言をしている人々は元々民主政権のすることには何でもけちをつけようという非常に偏った人々で、誰もがそれを理解している。この公聴会がトヨタ叩きの為にされていると本気で思っている人は居ないだろう。トヨタに壊滅的な打撃を与えることにひそかに快哉を叫んでいる人々が一部に居ることは否めないだろうが、そういう被害者意識でいる限り、今日の公聴会はトヨタにとって悲惨な結果になるだろう。

昨日の公聴会に関して「批判が前面に出ていてショックを受けた」というトヨタの社内の反応も報道されていたけれど、その反応自体にこちらが驚いてしまう。そもそもアメリカの公聴会というのは、問題があると認められた個人や団体を追求する場である。ご意見を拝聴する場ではない。批判が前面に出る場である。認識が甘すぎる。何だと思っていたのだろうか。GMやアメリカの金融機関の公聴会だって、あれ以上に厳しいものだった。

また日本の報道の中で、証言した女性が「安全性の問題をトヨタに訴えたのに取り合ってもらえなかったと涙ながらに語った」という報道がされている。彼女は取り合ってもらえなかったことを泣いたのではない。アクセルを踏んでいないのにもかかわらず、ブレーキを踏んでも、ギアをニュートラルにしても、バックにしても、サイドブレーキを踏んでも、エンジンを止めても、160キロのスピードが落ちない状態に陥ったとき、彼女は完全に死を覚悟した。そのときに最後にご主人の声をもう一度聞きたいと思ったと言う。その生々しい瞬間を思い出して声を詰まらせ泣いたのである。

取り合ってもらえなかったから泣いたのと、その時の死を覚悟した絶望的な気持ちを思い出して泣くのは次元が違う。こういう深刻な状況に追い込まれた消費者の苦情を取り合わなかったことは大いに問題であるけれど、そもそもこういう消費者の気持ちに寄り添った経営でないのでは?ということが問題にされている。こういう巧妙なすり替え報道の仕方は、報道関係者も今回の問題の本質、深刻さが分かっていないように思う。

公聴会はまさにこういう消費者の心情に立ち、痛みに寄り添って行われているものだ。議員にとっては厳しい追及の姿勢を見せることで、それを有権者にどれだけアピールできるかの腕の見せ所でもある。これに対抗するには、こちらも空疎な言葉や綺麗事ではなく、消費者本位の姿勢の真実を厳密に証明してみせなければならない。これが分かっていないかぎり、今日の公聴会はトヨタにとって壊滅的なものになるだろう。

国際的企業として成長してきた筈のトヨタが、どこまで企業としての国際的普遍的基準を守れていたか、その国際性が問われているときに、公聴会を現地の社長任せにして乗り切ろうとし、その国際性の欠如をさらしてしまったトヨタおよび日本の報道、私は危惧せずにいられない。
[PR]

by bs2005 | 2010-02-25 01:09 | 異論・曲論  

伸び盛り

自分の欠点、限界、甘さ、そういうものにつくづくと向き合わされる。課題は多いな~、成長しなければならない地点ははるかずっと上だ。遠い、遠い上の方、やれやれ、、。そんなことを漠然と感じていた。

そしたら、ふと何処からとも無くこんな声が聞こえてきた。「成長の余地がそれだけあるってことは、それだけ伸び盛りってことかも?」

「そうだ、今、伸び盛りなんだ、私は。」そう思ったら何だか楽しくなってきたので、勝手にそう思うことにした。いくつになっても伸び盛りがあっていいじゃないか!一生、伸び盛り♪ ^^;
[PR]

by bs2005 | 2010-02-05 06:37 | 日々是口実