<   2009年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

西瓜の超簡単シャーベット

少し前にお近づきになった少し年下の友人、幅広い分野でとても物知りで、役立つ知恵満載の人だ。美味しい手作りのものを頂いたり、ドイツ製の美味しい濃縮酢(そのままでは使うなと警告が瓶に書いてある)の生のままでの安全な使い方まで教えてもらったり、おかげさまで最近の私の生活は以前と比べるとかなりグレードアップしている。

その彼女が教えてくれたこと、西瓜が食べきれなくて残りそうだと思ったら、ミキサーにかけて冷凍すると簡単で美味しいシャーベットが出来るとのこと。

ふーん、そう言えばそんなこと前にも聞いたことがあるような、、と言いながら、今度もまだ作っていなかった。先日、暑かったときにミニ西瓜を買って食べ切れると思ったのにすぐ涼しくなり、切っていつでも食べられる状態になったまま、冷蔵庫の中で忘れられていた。

今朝思い出した。まだ食べられるけれど、当然ながら買った直後の美味しさはもう無い。相変わらず涼しいし、残り全部を食べる気にもなれない。でも生で置いておくのは今日一杯が限度という感じ。それで彼女の言葉を思い出して実行してみた。ミキサーにかけるだけで何も足さないでよい。イマイチの西瓜なら、レモンを入れたり、蜂蜜を足したりすれば良いと言ってたけれど、美味しい西瓜だったのでそのままで充分。超簡単。

さっき大分凍りかかった所をすくって食べてみた。美味しい!生では大分味が落ちてきた西瓜だったのに美味しい!買ってすぐ作ればもっと美味しかったのだろう。生で食べるより美味しい位だ。冷凍庫から出して即食べられるところも都合が良い。(追記:完全に固まったら、出して即という具合には行きませんでした。^^;小さな一人分の容器に分けて凍らせた方がよいでしょう。それと完全に凍ってしまう前の状態の方が美味しかったです。

神様、こんな友人を私の元に送ってくださって有難うございます!!

追記:今週のピックアップ・ブロガーさんの自薦記事超簡単!いちごアイスクリームも驚くべき簡単さですね~。何しろ、冷凍してもう一度取り出してまた再冷凍という手間が要らないんですから。手作りアイスクリームと手作りシャーベットは、この二つだけ覚えればいいや~という感じ。(笑)
[PR]

by bs2005 | 2009-07-30 07:00 | レシピに挑戦  

紫玉葱を手軽に楽しむ

紫玉葱って、どちらかというと洋風に食べますよね。サラダに入れたりマリネにしたり。和風に使うと言っても、精々、玉葱、新玉葱の代わりという感じ。

紫玉葱は加熱すると甘みが増えるそうで、ローストしても美味しいらしいですが、もっと簡単に手軽に楽しめるのだということを今日発見してしまいました。他の人はみ~んな既に知っていたことかもしれませんが。(汗&笑)

それは胡瓜を斜め薄切りにしたものと紫玉葱を縦に薄く切ったものをあわせて、甘酢で和えるだけのもの。好みで生姜の微塵を入れたり、青紫蘇を刻んでいれても、まあ、好きなものを入れても構わないのですが、入れなくても構いません。胡瓜も切るだけで塩をしなくてよいです。塩したい方はどうぞ。大事なこと忘れてました。白だしをちょっとたらします。色々味は応用してみてください。

そうして甘酢に浸けてしばらくすると、紫玉葱がとても綺麗な色になり、胡瓜の緑と白ととても合うのです。紫玉葱はつんと来ないので味もまろやか。余った紫玉葱をどうしようとお考えの方。試してみてください。素敵な色合いの浅漬けになります。普通の玉葱では味わえない紫玉葱だからこその味と色が楽しめます。ただし、紫玉葱の色はすぐには変わりません。綺麗なピンクがかった紫になるまで待ってくださいね。白だしを入れてあれば翌日でも美味しいです。

サラダにほんのちょっと入れるよりも、紫玉葱の存在感を楽しめます。色々の野菜と一緒でなくて、胡瓜と紫玉葱の二つだけだからこそ、色も味も生きてくる感じです。

あ、お気づきでしょうが、これもレシピ以前のレシピシリーズの続きです。甘酢も先日の作り置きの出来る酢の物で使った市販の甘酢の残りを使っただけなので、、^^:
[PR]

by bs2005 | 2009-07-25 15:50 | レシピに挑戦  

人生は神様の宿題

最近、色々の人生を見てきて、人生は神様がポイと手渡した宿題、あるいはパズルのようなもの、そんな風に感じるようになってきた。人にやってもらっても解いたことにはならないし、出された宿題に文句を言っても始まらない、、そんなもの。

以前は何か試練に遭うと、それが神様のくれた宿題のように感じた。でも、今はそうではなくて、人生まるごと、そのまま、それ自体が神様の宿題と感じる。人はたった一度しかないチャンスを与えられて、文字通り一生を賭けてそれに取り組んで行くものなのだろう、と。

はたから見ると、苛酷すぎる宿題だったり、とても解けるようには見えない難解なパズルだったりしても、きっと神様には神様の計算とお見通しがおありなのだろう。それぞれの人にふさわしいもの、必要なものをお与えになっているのだろう。たとえ力量を超えるものであったとしても、そのことにもきっと意味があるのだろう。

ごく稀には易し過ぎるパズル、楽すぎる宿題を与えられている人も居るかも知れない。でも、そういう宿題を終えても、パズルを解けても、達成感も充実感も低いことだろう。辛すぎる宿題、難解すぎるパズルは、神様がこちらの力をそれだけ買って下さっているということかもしれない。

まだ宿題の全容も、パズルの全体像も私には見えていないし、夏休みの宿題をふ~ふ~言いながらやっていたように、私もそうやって、人生の最後を迎えた時に、にっこり笑って胸を張って「ちゃんと片付けました!」というのか、「すみませ~ん、全部は間に合いませんでした」というのか分からないけれど、とにかく、そんな風に生きていくより他ないのかなと思っている。神様が「結果はどうあれ、よくやった」と言って下さるかどうかは分からないけれど。

今日もせっせと宿題をやるだけサ!ーそう思うと小学生の夏休みに戻ったような、懐かしくてちょっと嬉しい気分になるから我ながら不思議である。
[PR]

by bs2005 | 2009-07-25 00:47 | 徒然の瞑想  

世界初の快挙

日本サッカー協会、国連の活動に参加へ

環境、労働、人権問題などの解決に向けて企業・団体が自発的に取り組む国連の運動「グローバルコンパクト」の参加団体に登録している団体は、国内ではキッコーマン、富士ゼロックス、川崎市などに続いて93番目になるそうですが、スポーツ団体としては世界初だとか。

スポーツ団体がこういう視点を持って、現実的活動に積極的に参加する態度は素敵な快挙だと私は思います。そして、こういうことをどんどん世界の先頭を切って実行して行くことも「日本を守る道」に繋がって行くように思います。
[PR]

by bs2005 | 2009-07-24 12:23 | スポーツ半可通  

梅みりんーその三年後

今更言うまでもないけれど、私は好奇心が強い。へ~?!と思うと、後先考えずすぐやってみる。面倒で繊細な神経を必要とすること以外は、、(笑)。後先考えずにやってみるので、作ったあとに使いこなせず、困っているものも少なくない。塩漬けレモン、塩づけバジル、最近では自家製冷凍、自家製干し野菜、、、

大分前のことだが超簡単な梅醤油梅みりん梅味噌を作ってみた。

梅醤油は今でもお気に入り、翌年も早速作った。梅味噌はいまいち使いこなせていない。ディップ代わりが精々。まだ大量に残っている。そして梅みりん、作ってしばらく経った頃なめてみたけれど、そのまま忘れていた。なめた頃はまだ半年か一年の頃で、もっと飲みたいとそそられる程のこともなかった。

それを昨日、グラスに沢山氷を入れてそのまま飲んでみた。三年経ったせいだろうか?美味しい!氷砂糖もリキュールも使っていないので、そんなに甘くなくねっとり感が少なく爽やか。甘口のワイン位の甘さ。オットも美味しいと言ってくれた。ワインと同じ感じで飲める。上質の最高級のみりんで作るとより美味しいらしいが、そんなみりんはこちらで手に入らない。普通のみりんで作ったのだけど、充分美味しい。

そして私にとって一番良いことがその後分かった。飲んでいる間はワインのようでもあり、非常にすっきりした梅酒という感じでほろ酔い加減で飲めるのだが、みりんのアルコール度のせいだろうか。後を引く酔いにならないのだ。

私は大酒飲みの酒豪タイプに見られるのだけど、滅法アルコールに弱い。はたちの頃はビールをコップに数センチ飲んだだけで千鳥足になった位だ。梅酒だって沢山の水で薄めなければ飲めなかった。さすがに最近は大分強くなり、グラス一杯のワイン位は飲めるようになった。お代わりも出来ないことはない。ビールもそんなもの。

少しなら飲めるようにはなったけれど、後が使い物にならない。少量でもへろへろになって、その日やらなければならない用事が片付けられなくなる。それが梅みりんは、飲んでいる間はお酒を飲んでいる気分なのに、飲み終わってしばらくするとしゃっきり!

アルコール好きには物足りないアルコール度かもしれないけれど、私には何とぴったりのお酒!何と言っても超簡単!もう梅は終わりだけど、来年からはせっせと梅みりんを作ろうっと!
[PR]

by bs2005 | 2009-07-23 23:34 | 忙中閑の果実  

救われたのは彼らだけでなくて、、、



紹介文
[PR]

by bs2005 | 2009-07-23 06:42 | お勧めYouTubeビデオ  

そういうことだったノネ~、、、

恥ずかしながらーという出だしを何度使ったことか(汗)-この年まで知らなかったことを最近になって知った。

冷凍する時に、金属トレーにラップを敷いて、その上にできるだけ薄く、かつ広げた食品を離して置く。そうやって冷凍してから冷凍保存袋に移す。ここまでは知っていた。それは短時間で冷凍できるので、食品の味を比較的損なわない。そこまでも知っていた。

「でも、それだけの為なら、わざわざめんどっちいな~」と、この何事にも手を抜きたがる、大雑把でブログのタイトルまでアバウトな人間であることを隠そうともしない私の心を動かすことは無かったのだ。つまり、そんなプロセスは「えーい!省いてしまえ!無視!無視!」とこれまでウン十年も通してきた。直接、冷凍保存袋にぶちこんで、それを冷凍庫にしまいこんでいた。

それが何故だか自分でも覚えていないのだけど、突然、きちんとそのプロセスを入れるようにしてみた。

そうして分かったこと。なるほど、こうすると大抵のものは、30分から1時間位で凍ってしまう。短くなるのは分かっていたけれど、こんなに短時間とは思わなかった。

そして、もっと肝心なことが分かった。こうやると、しっかり凍ってしまうので、冷凍保存袋に移しても、袋の中でくっつかないでバラバラのまま冷凍状態が保たれる。だから必要なだけ取り出すときも実に簡単。

最初からそう言ってくれたら、この無精者の私もこのプロセス省かなかったんだけどな~。結果的にこの方がずっと楽になるんだもの。そういうことだったノネ~~。人の言うことは聞くもんだ、とシミジミ、、、、。
[PR]

by bs2005 | 2009-07-20 12:39 | 未知と無知  

speak out

speak out には「大声で言う」という単純な意味もありますが、「思い切って(本当の気持ちを)言う」「正々堂々と意見を表明する」という意味で使われることが多いです。

三宅一生さんがニューヨークタイムズに寄稿されたことも、そういうことになります。

もの言えば唇寒し、沈黙は金、そういう言葉にも勿論真実はありますし、何でもかんでも言えば良いというものではないとは思います。黙って呑み込む知恵も大事な場面も沢山あります。それでもきちんと言いたいことを表明することが、とても大事な場面というのもそれに負けない位沢山あるのだと思います。

オバマの演説が三宅さんの心を動かしたように、三宅さんの勇気がまたさらに波紋を広げ、長崎市のNGO、市長がオバマ大統領訪問へ署名集めという動きに繋がってきたように感じます。

オバマのイスラムに向けての演説も先日のイランでの民主化運動に拍車をかけました。言葉に出すということの大事さ、その力を改めて感じさせられました。大事なことはやはり、きちんと言葉に出して行かなければいけないなぁ、、と。
[PR]

by bs2005 | 2009-07-19 13:02 | こんな英語表現  

チャップリンの言葉

「人生はクローズアップで見れば悲劇 ロングショットで見れば喜劇」


疲れたココロに力をチャージ! 20代女子に聞いた「仕事で落ち込んだときに一番思い出したい格言」ランキングという記事の中で、第九位に挙げられていましたが、私にとっては第一位に挙げたい言葉でした。

喜劇王と呼ばれたチャップリンらしい言葉。確かに、確かに、、と頷いてしまいます。私の人生などロングショットで見たらと考えてみるだけで既に、お腹を抱えて笑いたくなります。落ち込んだときには、ロングショットで見てみると気持ちも晴れるかもしれませんね。

関連過去記事:
  「『チャップリン自伝』のお勧め」
  『チャップリンの映画より」
[PR]

by bs2005 | 2009-07-17 02:47 | 忙中閑の果実  

意外で美味しい組み合わせーうなぎとピーマン

14日にNHK『きょうの料理』でうなぎとピーマンのぽん酢炒めを紹介したようですね。こちらではまだ放送になってませんが。

この二つの組み合わせ、意外に美味しいんですよ!作ってみましたがオットにも好評でした。上のレシピでは赤ピーマンだけ使ってますが、普通のピーマンも加えました。彩りもその方が良いような気がしましたので。

以前、この組み合わせでカレー炒めというのをご紹介しました。それも美味しかったです。赤ピーマンや黄ピーマンも加えれば彩りもよく、カレー炒めの方はあっという間にできるお弁当のおかずとして重宝します。うなぎは4人で一串あればよいのですから経済的で、野菜も同時にとれて便利。それぞれの量もそんなに拘らなくて、お好みで良いように思います。

騙されたと思ってお試しあれ、、、って、アレ?「アンタには何度騙されたことか!」という声が今、聞こえてきたような?(汗&笑)
[PR]

by bs2005 | 2009-07-16 07:17 | レシピに挑戦