<   2006年 03月 ( 90 )   > この月の画像一覧

 

身体均整法(自力整体)

肩こり、五十肩などで悩んでいた人が、他のストレッチなどでは効果が得られなかったのに、これを一ヶ月続けて良くなったとか、、。背骨のゆがみを直す体操です。(日経12-24-2005)こういうのは自分に合う、合わないもありますが、悩んでおられる方はとりあえず試してみたらいかが?(以下、抜粋)

参考:『背骨矯正健康法』(甲木寿人著) 

抜粋
[PR]

by bs2005 | 2006-03-31 10:36 | お目を拝借  

柚子胡椒

前から、柚子胡椒は勧められていたのですが、鍋物を頂くときに使う位で、あまり活用していませんでした。たまたま、柚子胡椒のレシピを見て、急にマイブーム。この他にも美味しい食べ方があったら、教えてください!

追記:両方とも美味しかったですよ!

レシピ2品
[PR]

by bs2005 | 2006-03-31 06:28 | レシピに挑戦  

一分間リンパ・マッサージ

日経(1・29・2006)によると、これが世代を超えて受けているようですね。初めて知ったのですが、、。自分の為の覚書です。冷えとむくみに良いそうなので、、、。ダイエットにも良いらしいし、、(以下、抜粋)

身体が冷えると筋力が弱まり、リンパ液が流れにくくなる。従って血行が悪くなる。リンパ液は筋力により押し上げられるので、体を動かさないと滞りやすい。身体の末端から心臓に向けて一方通行で流れ、老廃物と一緒にリンパ管に回収される。

リンパ液をろ過する役目を果たしているのがリンパ節で、主に首、鎖骨、わきの下、足の付け根、ひざの裏などにある。ろ過機能が低下すると、リンパ節に余分な水分や老廃物がたまりやすくなり、免疫力が低下する。女性の場合は特に筋力が弱いので、リンパの流れが悪くなりやすい。女性特有の要因としては、きつい下着を身に着けて足の付け根のリンパ節が押さえつけられたりする。

一分間リンパ・マッサージ 3ポーズ
[PR]

by bs2005 | 2006-03-31 03:48 | お目を拝借  

謎の北勝力

北勝力は不思議だ。先々場所、二勝十三敗位の情けない成績。弱い力士なんだなと思っていた。なのに突然先場所は初日から十連勝位して、優勝争いの先陣を切っていた。やたら強い。一体、何が起こったのかと思った。

たまたま相撲にやけに詳しいデーモン小暮が解説に出ていて、「北勝力は二年に一場所しかないと思っているからな」などと言っている。どうも、普段は眠ったような感じなのに、二年に一度位、俄然目覚める、そういうのが過去にもあるらしい。

でも、まさかね、こんなに強いんだもの。これからは活躍するのだろうと思っていた。それがまた、今度の場所は、何と一勝十四敗!相撲にも全く覇気が感じられない。立ち上がってあっという間に終わる。先場所のあれは何だったの?!という感じの全く別人のよう。

どうも本気で二年に一度位しか頑張る気がないみたいに見える。番付の上位で頑張るのは嫌で、上に上がるとやる気を失って、番付の下の方で勝ち星を稼ぎたいみたい。

本当の所はどうだか分らない。何が起きているのか?でも、これが彼のパターンではあるよう。そうかと思うと、高見盛のように、しゃかりきに頑張って、気の毒な位、気合を入れて、三場所続けて負け越している力士も居る。

「出る、出る、出島」といつも言われる出島や安馬のように、負けても勝っても正攻法一本やりの力士がいるかと思うと、したたかな人を食ったような相撲で勝ち続けるのもいる。怪我を押してぼろぼろに負けながら頑張る力士、それぞれ、それなりに面白い。

絶好調の力士、圧倒的に強い力士でも、優勝を焦ったり、昇進を意識しすぎたり、ちょっと弱気になったりすると身体が固くなって自分の相撲が取れなくなり、思わぬ黒星になってしまったりする。気持ちが身体の動きにこんなに影響を与えるものか、まざまざと教えてくれる。

相撲は分ってくればくる程、面白い、人間くさいスポーツだ。こんな面白いもの、楽しまなかったらもったいない。終わったばかりなのに、もう来場所が待ち遠しい。
[PR]

by bs2005 | 2006-03-31 01:46 | 忙中閑の果実  

トランズ・アメリカン・ビルの思い出

サンフランシスコのダウンタウンに三角錐の建物があります。写真などでもよく撮られていて、馴染みのある方が多いと思いますが、トランズ・アメリカン・ビルと云います。三角錐の形なので、トランズ・アメリカン・ピラミッドと呼ばれてもいるようです。夜になると、ひときわ綺麗な輝きです。私はこの建物の傍を、夜通りかかると、いつも切なくなります。それは25年位前の思い出です。私達一家は腎臓移植を待つ父と一緒にサンフランシスコに住んでいました。

続き
[PR]

by bs2005 | 2006-03-30 06:34 | 待夢すりっぷ  

『東京タワー』 オカンとボクと、時々オトン ーその2

今日、読み終わりました。最後の方は、ぼろぼろと泣きました。とてもとても良い本でした。芥川賞取るのじゃないかな?少なくても私は、この本に上げるの賛成です。

追記:koroさんの所で、こういうサイトがあると知りましたので、お知らせしますね。♪
リリー・フランキーさんのサイト

続き
[PR]

by bs2005 | 2006-03-30 05:38 | 忙中閑の果実  

食べられる炭

食用竹炭っていうものがあるんですね!それで作ったおかきとかりんとうを頂いたんですが、とてもおいしかったです。食物繊維が豊富だとか。超微粉加工竹炭というのを使用しているんです。粗悪品や類似品には気を付けた方が良いらしいですけど。

炭が食べられるとは知りませんでした。食べてみると、食べたこともないのに、確かに炭の感じがすると感じるのも愉快でした。

私が食べて美味しかったのは、、
[PR]

by bs2005 | 2006-03-29 22:13 | お目を拝借  

十本の指

手の指が最多でも十本しかないってことは、自分が持っているものを数えるには、十本もあれば充分て神様が思ったってことだよね?

ないものを数えていたら、足の指を動員したってとても足りない。ないものを数えるなってことだよね?
[PR]

by bs2005 | 2006-03-29 21:55 | つぶやき  

荒川静香さんの名言

「どの一年、一日がなくても今日はない。」

仙台の祝賀パレードの時のインタビューでそういわれていたと、高野食堂さんのブログで知りました。さすが!ですね。

辛い日、失意の日、怒りの日、悲しみの日、そういうもの全て、人生で無駄なことも、無駄な一瞬もないんでしょうね。しびれました。高野食堂さん、紹介して下さって有難う!
[PR]

by bs2005 | 2006-03-29 11:45 | 忙中閑の果実  

幸せの鍵

他のなにものでもない。その人を幸せにするものは、感謝の気持ちを持つことだと思う。それがない人は、皆不幸だ。たとえ、他の全てに恵まれていても。

「感謝する心を知性のない人間に期待しても無駄だ」という言葉をどこかで読んだことがある。だから、人に感謝を期待するなと。確かにその通りだと思う。

続き
[PR]

by bs2005 | 2006-03-29 11:34 | 徒然の瞑想