<   2005年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

帰る

わが家に帰る

故郷に帰る

帰るところがある


「帰る」は何だか

ほっとする言葉

More
[PR]

by bs2005 | 2005-10-31 03:12 | 徒然の瞑想  

伝説のオバタリアン

オバタリアンと言えば、流布されたイメージがある。その特性の中で、あまり一般に自覚されていないものがあるように思う。言われてみれば、皆、そうそう!とは思うだろうけど・・・それは、信じ難い強運である。

友人から聞いた話
[PR]

by bs2005 | 2005-10-31 01:15 | 能天気  

scatter-brained

これも私のようなのである。「落ち着きのない」「頭の散漫な」「いつも気の散っている」「思考の集中が出来ない」「思考に脈絡がない」等々、、。

忘れ物をしたり、落し物をしたり、おっちょこちょいばかりやっている、そういう人のことをShei is scatter-brained.という。脳味噌がばらまかれた状態 。そのものズバリ!
[PR]

by bs2005 | 2005-10-30 08:56 | こんな英語表現  

live on the edge

edgeと言えば、端という意味だけど、そこからぎりぎりの境目というような意味になる。

きわどい瀬戸際ばかりを歩く人生のイメージであろうか。一歩間違えば、とんでもない目にあう、ぎりぎりの所で、いつも凌いで、何とかなっているような生活、、つまり、要するに私の生活みたいのである。傍からは、はらはらとして見ていられないような感じ。

たとえば、、
[PR]

by bs2005 | 2005-10-30 08:51 | こんな英語表現  

苦楽を共にする喜び

上の娘が日本に戻った。何とか無事にグリーンカードの変更手続きを終えられたので、本当にほっとした。手続きの当日は、怒涛の一日で、疲れ果てたけど、一日経ってみると、満更悪い日でもなかったのだと思える。

彼女は18歳の時から家族と離れて、日本に一人で生活してきた。大学受験も、就職活動も、一人で手続きし一人で頑張って、こちらは遠くでただ見ているだけだった。親が近くに居ないということで、女性の就職活動としてはハンディを背負った面もあったと思う。でも、基本的に親を煩わせることは一切なく、自分で全部やって来た。結婚もそうだった。

色々大変なことはあったと思うけど、非力な親は、取り立てて力になれることもなく、従って、その苦労をともにすることがなかった。何事も自力で切り抜いている彼女を、誇りに思う半面、親離れの淋しさも、感じないではなかった。

たった一日の、苦労と言えるほどのことでもないけど、一緒に振り回された一日は、久しぶりに同じ苦労の経験を共有する一日でもあり、共有する楽しさを味わった一日でもあったのだと、今ごろ感じている。私はすぐパニックになるのだけど、彼女は、いつも淡々として騒がない。久しぶりにその心強さを味わえたのも嬉しかった。苦楽を共にするというのは、人間の絆の基本なのだろうなとも改めて思った。
[PR]

by bs2005 | 2005-10-29 22:52 | 徒然の瞑想  

無責任女二人に振り回されるの巻ーその2

もう詳細を書くのも疲れたので、書かないけれど、この後、私はもう一人の著しく職業意識の欠けた女の為に、立ち寄ったモールの中を走り回される羽目になった。この女の職業意識の欠けている具体例を一つ挙げると、彼女はパン屋の店員なのだけど、人がパンの注文をしている真っ最中に、自分の携帯に掛って来た電話に出て、私用のおしゃべりを始めてしまう位なのだ。

無責任女その2のおかげで、、
[PR]

by bs2005 | 2005-10-28 13:41 | 日米雑記  

無責任女二人に振り回されるの巻ーその1

今朝、筋トレの成果で見事に(?)車を衝突から食い止めた私に襲いかかった試練は、これだけではなかった、、、。

その後、息も絶え絶えに、移民局のApplication Support Centerに戻った私を待っていたもの、それは上の娘が、その為にわざわざ2泊3日でアメリカまで来て、グリーンカードの名前を新姓に変更する面接を受けに来たのに、却下されたという知らせだった。そもそも私は、その娘を送って、面接が終るのを待つ間にスターバックスに行っていたのだ。

無責任女その1の話
[PR]

by bs2005 | 2005-10-28 12:54 | 日米雑記  

早くも筋トレ効果?で命拾い

用事でサンノゼに出かけた時のこと。スターバックスに寄って、コーヒーでもと思って、やっとスターバックスを見つけた。駐車してハンドバッグを忘れて来た事に気付く。車のトランクに入れてあるテニスバッグに、少々のお金ならあるかもと思って、後ろに回ってバッグをかき回す事、しばし。

あった!あった!さて、車に鍵を掛けてから、と、車のドアを開けたら、、、車が動きだした!ジンジャーを乗せたままで、勾配もあるので、ずるずると下がって行く。

後ろには、もう一列、駐車している車が並んでいるのみならず、その間を入ってくる車がある。その車の中に、どんどん車がひとりで行ってしまう。

ぶつかる!ぶつかった場合の被害総額は?!、なんて事がとっさに頭に浮かんで、止めようと必死の形相で頑張った。それでもずるずる、、。もう駄目と思った時に、何とか止まった。火事場の馬鹿力も捨てたもんじゃない。

それにしても、スターバックスの中に入っていた後だったら、出てきて真っ青!という所。トランクの後ろでゴソゴソやっている最中に動き出したら、自分の車に轢かれている所だった。危ないところだった。無事、切り抜けられたのは、きっと、いつもの悪運強さと、昨日の筋トレのお蔭?何でもやっておくものである。

後から考えるに、サイドブレーキも入れていたし、パーキングにギアも入れてあったのだけど、オートなので、スティックをジンジャーが蹴って、外していたようだ。危ない、危ない。愛犬に轢き殺される所だった、、。皆様もご用心。
[PR]

by bs2005 | 2005-10-28 02:51 | 能天気  

Curves 体験記

先日の「三分ダイエット」の記事でも書いたCurvesを近くで見つけて、覗いてみた。今や全世界に広がっているらしいけど、日本ではまだのようだ。30秒ずつ、有酸素運動と無酸素運動を交互に30セット、つまり、30分繰り返すというダイエット・プログラムだ。

テレビでは、それを自宅で、3セット3分だけでも、効果があると言っていた。ただ、自分で30秒を測ってというのも、意外と難しそうだし、そういうのを一人で黙々と続ける心の筋肉がない。三日坊主になるのは見えている。でも、心も身体も頭も、まず筋肉だと最近痛感している私は、とりあえず、身体の筋肉を付ける目的で、やってみたいと思い始めていた。

以前、ジムで、筋トレに取り組んだこともある。だけど、何分も同じことを一人でやっているのは、退屈でたまらない。あっという間に脱落した。それに比べると、筋トレ一回毎は30秒という所が、自分にも出来る感じがして、そそられた。

行ってみたら
[PR]

by bs2005 | 2005-10-27 04:53 | プロジェクトあれこれ  

あるエチケット

アメリカでは当り前で、誰もがする。老若男女しない人は居ないと言っても良いような、あるエチケットがある。ヨーロッパではどうなのか知らないのだけど。もし、国際的にもそうならば、日本も考えないと、とんでもない礼儀知らずの国に見えているだろう。

それは、、、
[PR]

by bs2005 | 2005-10-26 21:32 | 日米雑記