<   2005年 06月 ( 64 )   > この月の画像一覧

 

San Francisco

ここは有名な所で、今さら写真を載せるまでもないのですが、お印までにケーブル・カーを。今回は写真に光りが入ってしまったのが多く、載せられないのが多くなってしまいました。

夕食に行ったクラスタシオンというベトナム料理のレストランは蟹が有名で、日本人にもよく知られているせいで、日本語のメニューが出て、日本語であいさつされたりします。その料理、写真に撮るつもりでいたのですが、出てきたら、食い地にあっさり占領されて忘れてしまいました。

Crustaceon
1475 Polk Street, San Francisco
415-776-2722

行ったことのない方の為に追記

ここはベトナム料理なのに高いです。ドレス・コードがあります。と言っても、よほどカジュアルでなければ良いのですが。ここのロースト・クラブとガーリック・ヌードルが特に有名で、殆ど皆、これを注文しています。

d0042100_23374432.jpg

[PR]

by bs2005 | 2005-06-30 23:38 | 映像で見るアメリカ  

Sausalito

Golden Gate Bridgeを渡るとすぐの所にある港街です。対岸からサンフランシスコを見られるお洒落な街なので、観光客もたくさん来ます。
d0042100_23303215.jpg
d0042100_2330475.jpg
d0042100_2331295.jpg
d0042100_23313275.jpg
d0042100_23314564.jpg
d0042100_23315972.jpg

[PR]

by bs2005 | 2005-06-30 23:32 | 映像で見るアメリカ  

Tiburon

Mill Valleyから海に向かって10分ちょっとの所にあります。近いのに、内陸と海岸の違いのせいか、がらりと雰囲気の違う街です。
d0042100_23252012.jpg
d0042100_2325362.jpg
d0042100_2326934.jpg
d0042100_23263028.jpg
d0042100_2327511.jpg

[PR]

by bs2005 | 2005-06-30 23:27 | 映像で見るアメリカ  

MIll Valley

San Franciscoのゴールデン・ゲート・ブリッジを渡って、20分位の所の内陸にある街です。とても背の高い木がたくさんあって、街全体に木陰がたくさんあります。どことなく、ヨーロッパ風、あるいは軽井沢のような雰囲気があり、家々も小ぶりだけどお洒落な家がたくさんあります。時間がゆったり過ぎているような素敵なこじんまりとした街です。お店も小さいけど、お洒落な店が多いのです。

お昼はベーカリーカフェで食べました。そこのケーキがあまりおいしそうだったので。でも、ちょっと甘すぎました。

Champagne French Bakery Cafe
41 Throckmoron Ave. Mill Valley
415-380-0410
今、資料を見たら、このカフェはSan Diego County, Los Angeles County, Ventura County, Orange County, Marine Countyとあちこちに10店以上あるチェーン店でした。ここも食い地に気を取られて、写真を撮りそこないました。

d0042100_23203529.jpg

d0042100_2321858.jpg

d0042100_23212147.jpg

d0042100_23214693.jpg

d0042100_2322283.jpg

[PR]

by bs2005 | 2005-06-30 23:21 | 映像で見るアメリカ  

二日目

今日はギルロイのアウトレットに行って来ました。ともこさんはお友達に頼まれたものを買うのに、大半の時間を使っていました。私もともこさんも彼女の友達もテニスをするので、行った所はもっぱらこんな所です。もうあとたったの8日。
d0042100_12111217.jpg
d0042100_12112816.jpg
d0042100_12114240.jpg

[PR]

by bs2005 | 2005-06-29 12:11 | 日々是口実  

哀しみ

二十代には二十代の

三十代には三十代の

哀しみがある

五十になって知った

五十代の哀しみ

六十代にはどんな哀しみと

向き合うのだろう

六十代の哀しみは

未知の哀しみ

父母、祖父母が

向き合った哀しみ

五十代の哀しみは

今になって分かる

父母、祖父母の

哀しみ、切なさ
[PR]

by bs2005 | 2005-06-28 23:21 | 徒然の瞑想  

剥く

さみしさの皮を剥く

また さみしさの皮が出てくる

むいても むいても 出てくる

さみしさは玉葱みたい

ひりりと辛く

ほんのり甘い
[PR]

by bs2005 | 2005-06-28 23:13 | 徒然の瞑想  

友あり。遠方より来たる。

明後日、ともこさんが日本からやって来ます!去年は二か月程、わが家に滞在していたのですが、今年はたった10日間。帰る時を考えるともう淋しいですが、今は来る事を楽しみにしている毎日で、気もそぞろです。

ともこさんは皆から好かれる素敵な人なので、こちらでは、アメリカ人も日本人も、皆とても楽しみにしています。そして、わが家では、彼女のブログで披露しているおいしそうなケーキをたくさん作ってくれるのです。しばらく極楽です。
[PR]

by bs2005 | 2005-06-25 23:15 |  

受け売りレクチャー その2 ー 壁を作らない

言葉での意思の疎通は、難しい事です。間に誤解が生じる恐れもあるし、少しも理解してもらえないという絶望感にとらわれる事もあります。面倒で、根気の要る事です。

しかし、これを怠ったり、避けて通ると、相手はこちらに見えない壁を感じてしまいます。「本音」を語らない人として警戒されたりもします。そんな時に、相手に自分の作った壁を乗り越えて、自分を理解して欲しいと思うのは無いものねだりです。自分が作った壁は自分で打ち砕かなければならないのです。

壁を作ってしまうコミュニケーションのパターンには

 * はっきり言葉で気持ちを伝えず、身振りで示す。
 *  自分の気持ちは言わなくても分かっている筈と思い込んで
   相手が明確に理解しているか確認しない
 * 相手の真意を確かめず、「あの人はこういう人だから」と決めこむ。
 * どうせ分かってもらえないとあきらめる。

こういうパターンに自分が陥っていると思ったら、まず、身近な自分と関係を保ちたいと思っている家族や親密な人との間で、きちんと理解しあう事を目指すようにする。そういう努力を始める事です。自分のコミュニケーションのパターンを見直す事が必要なのです。コミュニケーションから逃げない事が何よりも大事な事です。
       
              (参考:All About の記事 1-5-5)

      *****************  

  これって、岡本真夜さんの歌の歌詞にそのまま出て来る感じしませんか。

     いっぱい涙しよう いっぱい喧嘩しよう
     隠し事はやめようね
     ちゃんとね 言葉にしよう
     ちゃんとね 謝ろう
     逃げることもやめようね
[PR]

by bs2005 | 2005-06-25 22:51 | 忙中閑の果実  

受け売りレクチャーー脳内物質

人間の心の動きは脳内物質の働きと深く関係しています。心は物質と関係しているんです!

脳内物質には何種類もありますが、外からの刺激によって特定の脳内物質が放出され、その結果、ポジティブな感情やネガティブな感情が起きる訳です。

その主なものを挙げると、

ドーバミン:「快」に係わる脳内物質。この分泌が多いと、食欲や性欲がわき、やる気がみなぎる。

ノルアドレナリン:ネガティブな気持ちを引き起こす脳内物質。この分泌が多いと、不安やストレスを起こす。

セロトニン:平常心をもたらす脳内物質。この分泌が多いと、ストレスに対して動じない心をもたらし、頭のさえた、冷静な状態を保つ。


つまり、いつでもやる気まんまん、回りを疲れさせる位元気で、「オイ、オイ、こいつぁ、バケモノか??」というような人は、ドーバミン人間な可能性が高く、いつも情けないことばかり言っていて、「イーカゲンにセーヨ!」というような人は、「ノルアドレナリン人間な可能性が高いという訳です。

この中で、比較的馴染みが薄いと思われるセロトニンは、これが少ないとうつ病になったり、キレたりします。平常心を失いやすいので、すぐパニックを起こしたり、落ち込んだりする訳です。

セロトニンは、不規則な生活を送っていたり、日光に当たる機会が少ないと、分泌が少なくなります。また、息をつめるストレスの大きい生活もいけません。

ストレスと闘うには、このセロトニンの分泌を増やすことが大事になってきますが、それには意識的なリズム運動が良いそうです。ただし、毎日20ー30分間続ける事が肝要。ただ、そんなに大変なことではなく、自転車をこぐ、歩くなどで良いそうです。そして、何と!ガムを噛むのもよいそうです。

したがって、私の結論は皆さん、毎日、20ー30分、ガムを噛みましょう!歯の衛生にも良さそうだし、一石二鳥という所でしょうか。

それと、変にきれる人、ぐじゅぐじゅ情けない人、回りを疲れさせている人、等々、皆、脳内物質のバランスがおかしいノネと思ってやって下さい!そうすれば、そちらのストレスも少しは減るかも?(参考文献:All About 6-5-5 記事より)
[PR]

by bs2005 | 2005-06-25 00:26 | 忙中閑の果実