カテゴリ:TON同盟( 125 )

 

カレル・ヴァン・ウォルフレン『人間を幸福にしない日本というシステム』より

この間、私が記事で書いたり、古賀さんが本で書いたりしてきていること、原発問題の本質的問題ーつまり日本の構造の問題を鋭く抉り出していると思いますので、タコームさんが紹介して下さった彼女のサイトから一部引用します。

第1-1章 偽りの現実と閉ざされた社会

30 市民とは何か

市民とは政治的に意味をもつ存在だ。市民とは、自分のまわりの世界がどう組織されるかは自分の行動にかかっていると、おりにふれてみずからに言い聞かせる人間である。市民はつねに、社会における自分たちの運命について理解を深めようとつとめる。

市民にとっては、自分がどのような状況におかれているか、その現実を知ることが決定的に重要だ。変えるべき対象について正確に知らなくては、変えようがないからである。

31 日本では民主主義は可能性に留まっている

ここで、もう一つの概念を理解する必要がでてくる。「偽りの現実(false reality )」という概念である。

日本では民主主義はまだ実現していない。いぜんとして可能性にとどまっている。そして、私の言う偽りの現実が人々の頭からかたときも離れず、おそらく日本に民主主義が生まれるのをはばむ最大の障害となっている。」

38 「しかたがない」について

「しかたがない」と言うことは、政治的な主張である。

...「しかたがない」というたびに、いま自分が問題にしている点を改めようとする試みが、すべて失敗に終ると言っているのに等しいからだ。こうして、変革をもたらそうとする試みはいっさい成功しないと考えるよう、他の人々に勧めていることになる。

...「しかたがない」というひとことの力で、日本人を政治的に閉じこめる檻の格子はしっかりと閉ざされる。..もっと自分通りに生きたいと考えるなら、「しかたがない」という一句を自分の辞書から追放したほうがいい。しかし、そうするためには、まず勇気が必要だ。...」

43 公式には民主主義国である日本が、なぜこれほど官僚に支配されつづけているのか

--これは、日本の市民がつねに自問すべき最大の問題である。なぜなら、官僚は選挙で市民に選ばれたのではなく、市民の選んだ代表によって任命されたのでもないからだ。官僚は、政府の省庁につとめているというだけで、権力を手にしている。

彼等がこれらの省庁に入れたのは、たいていの場合、東大の入学試験に合格できたからにすぎない。彼等は、国家の運営に必要な英知を東大で吸収できたとでもいうのだろうか。そんなはずはない。東大にしても他の有名大学にしても、政治についてはずっと以前からひどく時代遅れの教育機関になっているからだ。このような遅れた環境のなかでは英知は育まれない。」

[PR]

by bs2005 | 2011-08-24 15:17 | TON同盟  

今は亡き反原発リーダーの福島事故の予見と言葉

反原発のリーダーであった高木仁三郎氏は2000年に亡くなりましたが、亡くなる5年前に今回の福島事故を正確に予見しています。そして、集中立地が目立つ(福島浜通り、福井県若狭、新潟県柏崎、青森県六ヶ所村など)が、どう対処したらよいのか、想像を絶する とも言われています。原発は、大きい地殻変動が起きた今、またいつ大事故を引き起こすか分からないのです。

今でも日本全土に汚染は広がっています。再度の大事故により、これ以上の汚染が起きたら、日本は人間が住めない国になりかねません。再開を本気で考える人の正気を本当に疑ってしまいます。

以下、福島事故の15年以上前に福島第一原発 について、老朽化により耐震性が劣化している「老朽化原発」であり、「廃炉」に向けた議論が必要な時期に来ていると公的に指摘していた(「日本物理学会誌」に寄稿)ことを引用します。


『考えられる事態とは、(中略) 地震とともに津波に襲われたとき 』

『原子炉容器や1次冷却材の主配管を直撃するような破損が生じなくても、 給水配管の破断と 緊急炉心冷却系の破壊、非常用ディーゼル発電機の起動失敗といった故障が重なれば、メルトダウンから大量の放射能放出に至るだろう。』


『老朽化原発が大きな地震に襲われると、いわゆる共通要因故障(一つの要因で多くの機器が共倒れする事故)に発展し、冷却材喪失事故などに発展していく可能性は十分ある。』

『原発サイトには使用済み核燃料も貯蔵され、(中略) 集中立地が目立つ(福島浜通り、福井県若狭、新潟県柏崎、青森県六ヶ所村など)が、どう対処したらよいのか、想像を絶する (中略) これから徹底的に議論し、非常時対策を考えて行くべき。』


『「原発は地震に対して大丈夫」という言い方は、上述のような疑問や不確かさに対して、すべてを楽観的に解釈した場合にのみ成り立つもの(中略)。 国や電力事業者は、「原発は地震で壊れない」ことを前提にしてしまっているため、そこから先に一歩も進まず、地震時の緊急対策を考えようとしない。』

『行政側(注:通産省)にも事業者側にも原発の安全性を見直して、この大災害(注:阪神大震災)をよい教訓にするという姿勢が少しも見られなかった。』

『「原発は壊れない」建て前になっているため、今のような機会(注:阪神大震災の教訓) を生かして、原発が被災した場合の緊急時体制や老朽化原発対策などを真剣に考えるという姿勢もまったくみられない。』 


『 そのような事態を想定して原発の安全や防災対策を論じることは、「想定不適当」とか「ためにする議論」として避けられてきた。 しかし、(中略) 考えうるあらゆる想定をして対策を考えていくことが、むしろ冷静で現実的な態度と思われる。』


これだけ正確に老朽化した原発の危険性を予見していた人が居るのに、「想定外」とはよくも言えたものです。老朽化した原発は、地震だけでも非常に危険であること、技術者達が津波でなく地震で破壊されたと信じる理由が改めて分かった感じです。私の知るある技術者は「福島でああいう事故が起きた以上、今すぐ日本中の原発を止めるべきだ」と言っています。せっかく既に止まっているものを再開するなんて、最悪の愚行と言えるでしょう。

アメリカの原発でも地震の為、停電が起き、非常電源の一機が故障、警戒宣言が出されています。北海道知事はこんな中で再開したのです。親戚中に電力関係者が居るとか居ないとか。全く、怒りを抑え切れません。

タコームさんがこの高木さんに関して、素敵なコメントを残してくださったので、こちらの記事の中でご紹介します。

サワディ〜カ〜

高木仁三郎さんの「市民科学者として生きる」の「希望の章」の最初にカレン・ヴァン・ヴォルフレンさんの「人間を幸福にしない日本と言うシステム」の一文が載っています。
「こんな風に説得を進めさせてください。個人はすべて、少しだけなら自分の環境を変える能力がある。(中略)そうなる前提として、あなたは基本的で重大な一歩をまず踏み出さなければならない。(中略)つまりそれは、日本でもっとも頻繁に使われている政治用語「シカタガナイ」をあなたの辞書から追放すること。」

きっと原発のエネルギー源は「ウラン」と「シカタガナイ」かも、
じゃぁ「シカタガナイ」がなくなると原発は止まるのかもしれない。
そんなことを思うこの頃です。

出来るだけポジティブに生きたいものです。
アメリカの地震で原発も事故っているようですが、心配ですね、


タコームさんはカレン・ヴァン・ヴォルフレンさんの「人間を幸福にしない日本と言うシステム」を無料で読めるサイトのリンクをご自分の記事で紹介して下さっています。興味のある方はそちらの記事のリンクをご覧ください。古賀さんが指摘しているような日本の官僚の問題も鋭く指摘しています。また、日本には真に民主主義が育っていないこと、市民が存在していないことなど興味深いです。タコームさん、有難う!
[PR]

by bs2005 | 2011-08-24 14:12 | TON同盟  

一番大事なことは行動です

現地に出かけて行くことや、デモに参加することが出来なくても、こうした署名や関係各位に抗議メールを送る位のことは出来る筈。結局、こうしたチリも積もればという行動の積み重ね無しには大きなうねりは生まれないのだと思います。こんな事が何になるの?と思う方、こんなことさえやろうとしないあなたの言い訳は何でしょう?

難しすぎて私には分からないという方、分かろうとしないのは怠慢でしかないと思います。日本の子供の未来、つまり日本の未来がかかっていることなのに、、、。社会で起きていることに対して惰眠を貪るのはもう止めにしませんか?

東海第2原発の再稼働中止と廃炉を求める実行委員会による署名活動
民主党への抗議
自民党への抗議
菅総理への抗議:kan-naoto@nifty.com
海江田氏への抗議:メールアドレス office@kaiedabanri.jp

この他にもNHKとか、色々工夫してください。声を上げましょう!一人一人が声を上げることが、とても、とても、とても大事なのです。

公的な場で文句を言わない、騒がず自分の暮らしに静かに埋没している日本人のあり方が、今日の日本の構造的問題を支えてきてしまったのです。

小出さんはよく、あの事故を許してしまったご自分の責任を言われますが、先生は考え、行動されてきた方です。そういう声に耳を傾けず、きちんと行動をしてこなかった、あるいは考えすらしてこず、自分の暮らしの中で惰眠を貪ってきた私達が、あの原発事故のより罪深い共犯者なのです。

出来ることから声を上げて行きましょう!行動しましょう!
[PR]

by bs2005 | 2011-08-23 16:19 | TON同盟  

古賀茂明氏のスタンスー『日本中枢の崩壊』より

現役官僚でありながら、政府を批判したが故に、一年以上「大臣官房付き」というポスト=事実上、仕事を与えられず干されている古賀氏の孤軍奮闘ぶりは、徐々に人に知られ始めています。

こういう人の発言を拡散して行くことは、反原発が原発の危険を訴えるだけでは達成されない、もっともっと深い日本のあり方の本質に関わっている問題である以上、不可欠のことと思います。

彼のスタンスを『日本中枢の崩壊』の中から数箇所ご紹介させて頂きます。どうぞ、この本に限らず、彼の著作を読んで頂ければと思います。

私を駆り立てているもの、それを一言で表現すれば「危機感」である。私には、現在、日本は沈没するか否かの瀬戸際にあるという強い危機感がある。それは東日本大震災があったからではない。

世界の国々は、凄まじい変化に対応するため、常に変革を繰り返してきた。ところが、われわれの国、日本では、変革は遅々として進まず、閉塞状態に陥っている。

日本の国という列車を牽引している政治、行政のシステムがあまりにも古びていて、世界の変化に対応できないのだ。

現在の国家公務員制度の本質的問題は、官僚が国家のために働くシステムになっていないという点に尽きる。大半の官僚が内向きの論理にとらわれ、外の世界からは目をそむけ、省益誘導に血道を上げているとどうなるか。昨今の日本の凋落ぶりが、その答えだ。

東電が経済界では断トツの力を持つ日本最大の調達企業であること、他の電力会社とともに自民党の有力な政治家をほぼその影響下に置いていること、電力総連という組合を動かせば民主党もいうことを聞くという自信を持っていること、巨額の広告料でテレビ局や新聞などに対する支配を確立していること、学界に対しても直接間接の研究支援などで絶大な影響力を持っていること、などによるものである。

 簡単にいえば、誰も東電には逆らえないのである。

こうした巨大な力を見せつけられてきた経済官僚が、本気で東電と戦うのは命懸けだ。

福島原発の事故処理を見て、優秀なはずの官僚がいかにそうでないか明白になった。いや、無能にさえ見えた。専門性のない官僚が、もっとも専門性が要求される分野で規制を実施している恐ろしさ、安全神話に安住し、自らの無謬性を信じて疑わない官僚の愚かさ、想定外を連発していたが、すべて過去に指摘を受けていた。ただ、それに耳を貸さなかっただけ、「想定外症候群」と呼べる。

しかし、これらの問題は、決して今日に始まったことではない。何十年という歳月をかけて築かれた日本の構造問題そのものである。未曾有の危機だから、それが極めて分かりやすいかたちで、国民の目に晒されたに過ぎない。「日本中枢の崩壊」の一つの縮図が、この危機に際して現れた、そういって良いだろう。

政権が短期間で交代し、猫の目のように変わる状況になると、霞ヶ関の守旧派の思う壷になる。どんな政権であれ、じっくり腰を落ち着けて、公務員制度改革、そして新たな日本創造に邁進していただきたいと願っている。


注:最後がゴシック体になっているのは、私の特に共感する部分なので、、。
[PR]

by bs2005 | 2011-08-23 15:45 | TON同盟  

闘う現役経済産業省官僚を応援する拡散ブログ

古賀茂明・非公式まとめ

こちらを読むと、経済産業省や政府の手の内がよく分かります。まだ原発推進なんて言っている人は、是非、これも読んでください。日本の政治体制はたとえどんなに安全な原発(それがあり得るとしても)を作ろうと、その安全を守る体制が無いのです。福島原発事故の本質的意味を理解してください。

あれは偶然ではなく、いつか必ず起きる必然だったのです。もし、ここで脱原発への道筋を作り上げることが出来なければ、いつか再び起きるのも必然です。明日、一年後、数年後、何十年後か、それは分かりませんが、百年も先ではないでしょう。

たとえ、あの規模の津波がこれからも千年に一度だとしても、東日本の原発では震度6以上では必ず故障を起こしているデータもあります。震度7になったら、地震だけでも大きい損傷が置きかねない。福島だって津波が原因ではなく地震そのものと見る技術者は多いのです。耐震データがいかに捏造されてきたか知るからです。そして海外の報道ではまだ福島の本当の脅威は終わっていない、これからという見方も少なくありません。

官僚の中にも、こういう良心的、信念の人は昔も居たし、今も居ます。こういう人がどんどん隅に追いやられていくのは、原発業界でも、原子力学会でも同様です。昔は報道や言論機関がそれを黙殺すれば、ただ消されて行くだけでしたが、今はネットの時代、今度こそ、そんなことの無いように支援して行きたいものです。

それにしても、海江田さんが総理になったら、原発再開は好き放題になりますね。菅おろしに動いた原発業界、経済界の思うつぼ、そんなことにならないよう祈っています。
[PR]

by bs2005 | 2011-08-21 01:02 | TON同盟  

危険を訴えるだけでは原発問題は解決しない

原発問題が単なるエネルギー問題と考えられている限りは、原発=危険、代わりに安全なエネルギーという発想になりますが、この原発問題は日本のあり方の本質に関わる本当に根が深いものです。具体的には先日も上げたように日本の国防問題にも関わってきますが、同時に日本の政治、報道のありかたにもかかわり、更には地方問題にも関わってきます。

あっけなく再開されてしまった泊原発、これは一県だけの知事が容認すれば簡単に再開されてしまうという問題、二重チェックが全く機能していない問題、同知事と地元の電力会社との癒着、経済産業省だけで再開を決められるということの問題、、等々と無数に挙げられますが、同時に深い問題は地方の過疎の問題です。

他に産業も収入の目途も無いところに、原発はやってくる。そして一度やってきたら、地元の人々の自立性は完全に失われ、原発に依存しきってしまう。そういう所に問題があります。

原発が安全で危険の無いものだと本気で思っている人間なんて、この世に多分居ないでしょう。安全神話というのも、そんなに危険なものでもきちんと安全に管理してくれる筈、そう思いたいという所で危険に目をつぶってきたというだけのことだと思います。都会の街角インタビューなどで、時々主に女性が「安全神話を信じ込んでいた」と言うのには、唖然としてしまいますが、それは例外として、、。

原発を地元に受け入れる人々は、そうしなければ生きていけない、背に腹は変えられないというところに追い詰められていたからだと思います。もっとうがった見方をすれば、地方がそんな苦境に立たされ、ちゃんと自立を助けられてこなかったということは、原発推進上、その方が都合良かったからとも言えます。

過疎の地方をどうするか、その問題を抜きにして反原発も脱原発も実現はしないのだと思います。今は原発の危険を訴える原子力科学者の声が先頭になっている反原発運動ですが、地方問題のエキスパート、経済問題のエキスパート、新しい産業を生み出すエキスパート、そういう他の分野からの幅広い参入が不可欠であり、逼迫した課題だと改めて思います。

そういう分野の方々の奮起を祈っています。何の能力も専門も無く、ただ祈るだけの自分がもどかしく情けない限りですが、復興を目指す若い世代から、そういう発想が育って行って欲しいものです。

原発にしても基地の問題にしてもー戦争の時の沖縄と今も基地問題で苦しむ沖縄は象徴的な存在ですがー常に中央の犠牲にされる地方のあり方を根本的に変えていかない限り、原発は止められないでしょう。そして、地方を犠牲にし続けてきた日本は、その罪ゆえに、今度こそ終わってしまうのかもしれない、、、、。

原発の危険だけを訴えても、過去の運動がそうであったように、結局、今回もいつかはうやむやになって行ってしまうのかもしれない、、あっけなく再開した泊原発はその最初の一歩になってしまうのか?
[PR]

by bs2005 | 2011-08-17 23:58 | TON同盟  

高橋はるみ知事のとんでもなさ

遠くで何も出来ないけれど、せめて高橋はるみ知事に抗議のメールを送ろうと思って、彼女のメールアドレスを探している内にWikipediaの記事を見たら、 高橋はるみ氏という人はとんでもない人のようですね。

 2009年 経済産業省出身であり、やはり泊原子力発電所(泊原発)
 3号機でのプルサーマル発電を認可した。

 2006年の長野県知事選では脱「脱ダム」を唱え、穴あきダムなど
 大型公共事業を推進する村井仁(同年9月より長野県知事)を選挙応援した。

 "落札率95%以上"の割合がワースト2位の鹿児島県の76.3%を
  大幅に上回り、84.3%で北海道がワースト1位となっており、高橋知事の
  道政下で談合が広く行われていることを強く示唆している。また、この調査では
  談合により失われたと推定される道予算は全国二位の東京都(179億)を
  圧倒的に上回る全国ワースト1位の約300億円と推定されている。

泊原発容認の北海道知事“高橋はるみ”の後援会『萌春会』会長は、元・北海道電力代表取締役『南山英雄』

原子力安全委員会の動画で、まともな論議は全くされなかったことは白日の下に明らかなのに、二重チェックが済んでいるからとか、ストレステストも済んでいないのに、一体何の権限があって許可を出せるのでしょうか。

でも、彼女の経歴と背景を見たら、こんな出鱈目な決定を平気でする人間であることだけはよく分かりました。こんな人が自分のホームページで「子供たちの未来のために」なんて大きく書いているのを見て、思わず「何を抜かすか!!」と口走ってしまいました。

色々の抗議行動は計画、実行されているようですが、私も行けるものなら行きたいです。こういう一つ一つの動きをまめにつぶして行かないと原発は結局元通りになってしまうと思うのですが、あ~!もどかしい!

とりあえず、道庁室のメールフォームを使って抗議は出しましたが、抗議の声が盛り上がることを遠くから祈っています。
[PR]

by bs2005 | 2011-08-17 13:12 | TON同盟  

「神隠しされた街」

17年前に事故を予言した詩、南相馬市原町在住の詩人によるものです。今は彼も避難先に居るそうです。

by 若松丈太郎

四万五千人の人びとが二時間の間に消えた

サッカーゲームが終わって競技場から立ち去ったのではない

人びとの暮らしがひとつの都市からそっくり消えたのだ

(中略)

半径三十kmゾーンといえば

東京電力福島原子力発電所を中心に据えると

双葉町 大熊町 富岡町

(中略)

そして私の住む原町市がふくまれる

こちらもあわせて約十五万人

私たちが消えるべき先はどこか

私たちはどこに姿を消せばいいのか

(中略)

街路樹の葉が風に身をゆだねいている

それなのに

人声のしない都市

人の歩いていない都市

(中略)

私たちの神隠しはきょうかもしれない

うしろで子どもたちの声がした気がする

ふりむいてもだれもいない

なにかが背筋をぞくっと襲う

広場にひとり立ちつくす



今の福島原発周辺の光景はまさにこのままです。こういう色々な形で、原発の問題は語られてきたのです。それこそ決して少なくはない有名な人々と無力の我がTON同盟を含む無数の無名の人々によって、、、。

でも、そういう声は無関心によってかき消されてきました。でも、今度の福島事故、これが起きた後はそういう無関心も無知も許されません。

安全な原発を、などと今だに言う人々、妄想は勝手ですが、120%安全な原発を実際に実現してから、そしてその安全を120%絶対に守れる体制(勿論テロ攻撃からも)を作ってから、そして放射性廃棄物を安全に完全に120%処理できる方法を人類が発見してから、この全てが完成してから原発は始めて下さい。それも出来ない内に、どころか見込みも立たない内に、妄想で人を動かそうとするのはやめてください。

あなたの神隠しは明日かもしれない。あなたはそんなことを言っていた張本人なのだから自業自得としても、あなたの大事な家族、子孫がそんな目に遭っても、あなたは平気なのですか。

追記: 

  HOOPさんがTBしてくださった記事に略してない全文とより詳しいことが載っていますので、是非ご覧下さい。事故後の今、全文の迫力は凄まじいものがあります。HOOPさん、有難うございました♪
[PR]

by bs2005 | 2011-08-17 00:24 | TON同盟  

原発問題は単なるエネルギー問題と見誤ってはならない

既に原発推進の下心で述べたことだけど、原発を推進した最も大きな原動力になったものは、いつでも即、核武装に変われる準備をしておきたいという下心である。

それが反原発を訴える人々を「核アレルギー」と揶揄する動きになったり、そもそもの本心を隠す言葉が「原子力の平和利用」という言葉になったりした。あの戦争に一気になだれ込んで行った数々の神話は、今回は原子力の安全神話、平和利用と生まれ変わって蔓延した。

そして大本営発表に迎合したマスコミは、今度は、その動きに迎合し、事故後も、「1年20ミリシーベルトまでなら健康に支障はない」とか、何もかもごた混ぜにして「風評被害」と言いのけるなどというまやかしを流している。そして色々な業界の権益、政治家の利害、お金がからんできて、、、

そこでいつも軽視され、切り捨てられ、踏みにじられるのは力を持たない普通の人々である。戦争では最前線に引っ張り出され、原発では(力を持った人が住む)都会で大事故があったら大変だからと、地方の普通の人々が原発の最短距離に住まわされる。力を持たない普通の人々の命も暮らしも、一切歯牙にもかけてもらえない。

戦争推進の構造と原発推進の構造は、嫌になるほど二重写しに重なっている。

原発問題を単なるエネルギー問題だと思うと、大きく見失ってしまうものがあることを忘れてはならないのだと思う。終戦の日に、もう一度、深く考えたい。
[PR]

by bs2005 | 2011-08-15 22:53 | TON同盟  

アメリカ人が作った日本空襲デジタル・アーカイブ

8月11日のNHK『視点・論点』で紹介されていた日本空襲デジタル・アーカイブの設立者はカラカス・ケリー氏とフィスク・ブレット氏です。

ブレット氏は日本に15年以上在住し、日本語で小説の発表した人で、アメリカの教育の中で、原爆は戦争を終わらせる為の正当手段という教育を信じてきた人ですが、日本で暮らす内に原爆が普通の人々を理不尽に破壊したものであることに気づかされ、空襲というものも基本的にそういうものだったのだという自覚から、ケリー氏の協力を得て、このサイトを立ち上げました。

日本の受けてきた空襲、原爆というものの真実の実態と、正しい戦争などというものは無いということをその実態を伝えることで世界に伝えようとしています。


あの戦争の中で、普通の人々を殺すこと、普通の人々の生活を破壊すること、そういうことなど歯牙にもかけなかった日米双方の指導者の考え方は、原発を54基も日本に作ってきた過去の政府とも日本の普通の人々を放射能汚染から守ろうとしない現政府とも、ぴったり重なります。

原発を政治家が推進してきたのは、原発業界とのお金の繋がりだけではなく、原発が核武装をたやすくする道だったからでもあることを私達は忘れてはならないし、そういう意味で原発と原爆は本質的に同じ問題を抱えていると思います。
[PR]

by bs2005 | 2011-08-15 07:21 | TON同盟