カテゴリ:未知と無知( 69 )

 

この年で、すっぴんで外出に挑戦?!

タモリの入浴法が凄い!とインターネット上で話題になっているというので、記事を見てみた。湯船に10分じっと浸かって、石鹸もシャンプーも使わないのが、彼の肌が女性タレント達の羨む艶の良さの秘密らしいという。人間の本来持つ自己洗浄力を大事にすることが肌を守るらしい、という。

と言っても、彼は女性タレントほどメーキャップをしているわけでもないから、そもそもそんなにむきになって洗わなくても良いのかもしれない。髪もそう多くはないみたいだ。タモリに効果があっても、一般的にはどうなのかなと半信半疑だった。そんなことを茶飲み話にしていたら、その話を聞いていた一人が驚くべきことを言った。彼女は自分の体験からそれが信じられるのだという。

昔は化粧をばっちりしなければならない仕事上、かなりメーキャップも念入りにしていたのだけれど、ある日、そういう生活に嫌気がさしてきて、ファンデーションを塗るのさえ止め、洗顔も石鹸を一切使わない洗顔に徹して数十年。ファンデーションを塗らないので石鹸を使わなくても汚れは落とせる、石鹸を使わないので肌から必要以上のものを取り除いていないので、健康な肌になる、だからファンデーションは要らないという好循環に入っているようだ。

数年前まではそのまま何もつけず、眉と口紅だけ。最近は年齢のせいか洗顔後に少しつっぱるので保湿スプレーをするだけ。数年前からダイソーで売っている海綿状のもので、丁寧に顔も身体も洗っているとか。初めは顔だけ海綿上のものを使っていたが効果があるようなので身体にも使い始め、身体にも効果が感じられるという。

そういう彼女の顔が、マユと口紅以外はすっぴんだとはとても思えない自然な艶と綺麗な色の肌をしている。今まですっぴんとは夢にも思わないでいた。十代の若い女性ならともかく、私よりは若いとはいえ、立派な中年女性なのに。普通、中年女性がすっぴんだと、どす黒いような、くすんだ張りの無い顔色だけど、彼女は健康的に艶々している。そういう洗顔とすっぴんを始める前とは明らかに違うのだという。

私の場合、もう年だし、テニスで日焼け止めを塗ったりするので石鹸をまるっきり使わないでは無理だろう。今更とてもすっぴんでは通らない肌の色だし、遅すぎると思ったのだけど、少しずつ取り入れてみようと思い直した。

早速お風呂で実践。ただ髪はやっぱりシャンプーを使わないと汚れが取れていない感じだけど、肌は確かにいつもより艶が良い感じがしないでもない。

シャワーの時以外は顔と身体に石鹸は使わない。朝起きたときも石鹸は使わない。手は衛生上、石鹸を使う、、すっぴんでも問題なさそうな場所には出来るだけファンデーションなどはつけないで出かける、等々、自分なりのルールを決めて、少しだけでも取り入れて行こうかと思い始めた。
[PR]

by bs2005 | 2010-10-06 09:27 | 未知と無知  

塩みがき効果?

たまたま市販の歯磨きには発ガン性物質が含まれている。そんなもので磨くより塩で磨いた方が良いという話を聞き、小心者の私はその日から塩で磨き始めました。オットにも勧めて。

そして数ヶ月、、ふと気づくとオットは熱いものを食べると歯茎が痛かったので歯医者から、これ以上悪化したら手術と言われていたのに、全然痛まなくなったのだとか。

私はこれと言って悩んでいた症状もなく、そのオットの話を半信半疑で聞いていたのですが、今回、日本に行ったとき、テレビで夜寝ている間に口の中が粘つくようになるのは老化のせいだという話を聞きました。

大分前から、その粘つきに不快感を覚えていた私、そうか!あれは老化のせいだったのか!と思いながら、ふと考えてみると、最近、全然、それが無いのです。塩みがきのせいのような気が、、。

だって以前は、寝る前にしっかり磨いても、その気持ち悪さで目覚める時もあった位なのに、今は全く無いのですから、、。オットの例にしても私の例にしても、科学的根拠は分かりませんが、、。

発ガン物質というのは、口から入るものより皮膚から入るものの方が、圧倒的にはるかに多く身体に残るのだとか。化粧品の「しっとり効果」を謳っているものに含まれる何とかという成分(名前忘れました・汗)は歯磨きにも入っているのです。

この成分は、化粧品の多様なものに幅広く入っているのです。だから化粧品は発ガン成分を含む食品よりずっとずっと怖いのだそうです。ただ名前を忘れてしまって、というか覚えられないので、化粧品はそのまま。他のものにも結構幅広く入っているものなんですけどね。忘れて調べられない、、、(汗)。

とりあえず、朝晩二回の歯磨きの一度だけでも塩みがきに代えてみたらいかがでしょうか?歯茎のひきしめ効果はあると思います。

追記:発ガン物質の名前、もう一度教えてもらいました。

最悪のものはPG (プロピレン・グリコール/Propylene Glycol):これは分子量が小さいので、お肌から血管まで浸透してしまいます。ウェットティッシュ、歯磨き、コンビニのおにぎりにまで使われている。

次に悪いのがDPG (ジプロピレン・グリコール/ Dipropylene Glycol):これは分子量が大きいので、血管までは届きません。飲み下さないようにすればまだ。。。 でも接触性皮膚炎の危険があります。

最後に、防腐剤・殺菌剤がわりによく使われているのがBG (ブチレン・グリコール/Butylene Glycol):これは分子量は小さいですが、無添加化粧品にまで使われてたりしますので、これが入っていないのを探すのは大変です。

スーパーで売られているもので完全無添加と言えるのは、手作り石鹸くらい、とのこと。それにしても、コンビニのお握り、美味しくて日本に行くとはまってしまっていたんですけどね~。

[PR]

by bs2005 | 2010-07-21 23:41 | 未知と無知  

そういうことだったノネ~、、、

恥ずかしながらーという出だしを何度使ったことか(汗)-この年まで知らなかったことを最近になって知った。

冷凍する時に、金属トレーにラップを敷いて、その上にできるだけ薄く、かつ広げた食品を離して置く。そうやって冷凍してから冷凍保存袋に移す。ここまでは知っていた。それは短時間で冷凍できるので、食品の味を比較的損なわない。そこまでも知っていた。

「でも、それだけの為なら、わざわざめんどっちいな~」と、この何事にも手を抜きたがる、大雑把でブログのタイトルまでアバウトな人間であることを隠そうともしない私の心を動かすことは無かったのだ。つまり、そんなプロセスは「えーい!省いてしまえ!無視!無視!」とこれまでウン十年も通してきた。直接、冷凍保存袋にぶちこんで、それを冷凍庫にしまいこんでいた。

それが何故だか自分でも覚えていないのだけど、突然、きちんとそのプロセスを入れるようにしてみた。

そうして分かったこと。なるほど、こうすると大抵のものは、30分から1時間位で凍ってしまう。短くなるのは分かっていたけれど、こんなに短時間とは思わなかった。

そして、もっと肝心なことが分かった。こうやると、しっかり凍ってしまうので、冷凍保存袋に移しても、袋の中でくっつかないでバラバラのまま冷凍状態が保たれる。だから必要なだけ取り出すときも実に簡単。

最初からそう言ってくれたら、この無精者の私もこのプロセス省かなかったんだけどな~。結果的にこの方がずっと楽になるんだもの。そういうことだったノネ~~。人の言うことは聞くもんだ、とシミジミ、、、、。
[PR]

by bs2005 | 2009-07-20 12:39 | 未知と無知  

無名だった日本のアンドリュー・ワイエス?

『日曜美術館』7月5日放送で取り上げていた犬塚 勉さん、素晴らしい雰囲気のある絵でした。

38歳で無名のまま山の遭難事故で亡くなり、没後20年、友人達の主催で去年個展が開かれ、それで話題になったそうです。

この画家にとっては「日本のアンドリュー・ワイエス」などと言われるのは、自分は自分だと不本意に思われると思いますが、私はアンドリュー・ワイエスが大好きで、彼の風景画が特に好きなのです。その自然の中の静謐さ、飾り気の無さ、自然を描きながら、哲学的な宇宙、命を感じさせる、、、等々の共通点を感じて、そう呼びたくなりました。

自然だけを徹底して描こうとしている分、犬塚さんの方がより澄み切った自然の豊かさを表現しているようにも思えます。多分、その点でもご本人は「比べるな!」と言われることでしょうね。

それにしても、これだけ情報が氾濫している現代でも、こんなに素晴らしい画家の作品が生きている間は日の目を見ずに終わってしまうなんてことがあるんですね~。情報が多すぎて埋もれてしまうのでしょうか。

8月30日まで東京・奥多摩町のせせらぎ美術館で、実物の絵が見られるようです。

その後は、東御市梅野記念絵画館(長野県) 10月17日~11月15日 です。

小さな石ころの一つ一つ、雑草の一本一本にも、かけがえのない命、存在があるのだと伝えてくれているような彼の静かで濁りのない絵、生で見た~い!(涙)
[PR]

by bs2005 | 2009-07-14 06:14 | 未知と無知  

ちょい干しの生椎茸は美味しい!

『生活ほっとモーニング』で食品保存の裏ワザを、少し前に放送してました。

生野菜を冷凍するときは茹でてからと思っていたら、大抵のものはそのまま冷凍できることや干し野菜のこつなども教えていました。

私のブログによくコメントを下さるブログのカリスマ主婦のお一人、クロエさんは干し野菜もプロ並みにこなしておられるようで、前にちょっと教えていただいたこともあるのですが、干すところまでは何とか干しても、結局使いこなせずにきた私です。

懲りずに今回、また干し野菜に挑戦してみました。今回はちょい干しに専念。その中で生椎茸を半日ほど干して、後は冷蔵保存というのはいたく気に入りました。生椎茸より、市販のからからの干し椎茸より美味しい!そして、どちらのレシピにも利用できると良いこと尽くし。生椎茸が大安売りの時にお勧めです。ちょっとしか買えなかったときも、数時間でもちょい干しの方が美味しくなるだろうと思いました。

生野菜の冷凍も、便利で簡単で重宝しています。葉ものは、ざく切りにしてそのまま冷凍。使うときは、熱湯をかけるだけとか、そのまま炒めたり煮たり、、便利、便利。上記のサイト、お時間があったらどうぞご一読ください。便利な情報、満載です。


その他の参考サイト:『はなまるマーケット』ー冷凍術1ー冷凍術2
[PR]

by bs2005 | 2009-07-08 03:05 | 未知と無知  

「素敵な悲しさ」の版画家、清宮質文さん

先日の日曜美術館で取り上げられていた版画家、清宮質文さん、タイトルどおりの素敵な悲しさ、静けさのある画風。今まで全然知りませんでした。上記のサイトではその色合いの微妙で繊細な美しさ、はかなさ、悲しさが全然出ていないのが残念です。

茨城県近代美術館で7月5日まで。もうすぐ終わりですね。お近くの方はお見逃しなく。私も生で見たいな~。残念!
[PR]

by bs2005 | 2009-06-30 07:30 | 未知と無知  

素朴な疑問ー犯人はマスク?

アメリカの悪名高い感染都市のど真ん中で、マスク無しで暮らしている娘やその周りの人が全く新型インフルに罹っていないのに、観光などでたかだか一週間とか二週間しか居なかった人が感染している。日本より先に国内感染をしていた国、マスクもあまり見かけないイギリス、スペインなどより日本は既に感染数が増えている。一体全体、どうしてなのだろう?

ひょっとしてマスクではないか?外出すれば色々の機会に人が触ったものに触る。病院内ではあるまいし、一回、一回消毒などは不可能である。マスクをしていれば自然にマスクに触ってしまう。そうやってマスクの外側に菌を集めてしまっているのではないか。していなければ、風と一緒に通り過ぎて行くような菌をそうやって集めて、家に持ち帰っているのではあるまいか。そして、そのマスクに触ることで、目だの鼻だのの粘膜に移しているのではないか。

こうやって罹ってもいない人間がマスクをすることこそが、感染の原因になっているのではないか?少なくともマスクをして新型インフルに罹っている確率は、しないで罹っている人の確率を圧倒的に上回っているのではないか?
[PR]

by bs2005 | 2009-05-22 04:50 | 未知と無知  

続 swine flu

日本のニュースを見ている限りでは、感染は広まっているようだけど、死者はメキシコでしか出ていないことについて、「???」という段階を超えた報道をしていないようですね。

こちらのニュースを見ていたら、専門家の一つの意見としてーまだ立証された意見ではないと断った上でーメキシコは大気汚染がひどく、貧困で栄養の行き届いていない家庭も多いので、それが理由かも?という意見を紹介してました。

勿論、まだ余りにも分からないことだらけで、この意見が正しい保証は全然無いのですが、万が一、そうだとすると空気汚染のひどい国、貧困の多い国では死者が多くなる傾向があり得るということで、アジアに感染が広がるとメキシコのような状態になる恐れも強いわけですね。ここでも貧しい層にしわ寄せが、、、(怒)。


追記:この後、ウエブの記事を見るとAP通信が挙げている理由として、どれも憶測の域は出ないものの、〈1〉ウイルスの種類が違う〈2〉栄養不足〈3〉水不足〈4〉大気汚染〈5〉医療体制の不備--を「考えられる理由」として挙げているということでした。
[PR]

by bs2005 | 2009-04-29 05:18 | 未知と無知  

生まれ変わるとすると

テレビを見ていたら、ケラマハダナイという魚のことを話していた。

その魚は、生まれたときは全てメスなのだが、一番力の強いものがオスに転換して、ハーレムを作るのだとか、、、。

輪廻というものがあるらしい。生まれ変わると、私はケラマハナダイになるような気がした。大きい口を叩く割に力は強くないので、きっとその勢力争いには負けると確信しているのだが、、。
[PR]

by bs2005 | 2009-02-06 05:40 | 未知と無知  

鉄・エンボス加工

私は新婚の頃(何て昔の話だ!)、ごく平凡な鉄のフライパンを使っていました。説明書どおりの手入れの方法で、さびもせず、焦げ付きもせず、実に使いやすかったのです。それで充分だったのに、、(涙)。

新しもの好きの私、テフロンなるものが登場して飛びつきました。そして気が付いたら愛用のフライパンは錆びが出て、もう元のあの使いやすいフライパンには戻りませんでした。その内に、昔よく出回っていた薄くて安い普通の鉄のフライパンは姿を消し、鉄と言えばやけに厚手の重いもの、他のものもいくつか試しましたが、全て重いし、高熱でがんがん空焼きが出来ないのです。

あの昔のフライパン、あんなに邪険にするんじゃなかった、、、と思っても後の祭り。それで今まで、基本的に普段は主に軽いテフロンを使い、テフロンのコーティングが駄目になる度に買い換えてという状態だったのですが、最近、何故だか鉄の軽いフライパンへの恋しさがつのるばかり、、。

それで最近、日本に行ったとき、鉄エンボス加工の26cmの炒め鍋(定価1380円)が閉店セールで3割引だったので、エンボス加工ってどんなもんダベ?と思って安かったし試しに買いました。

買ってから、たまたま有元葉子さんがすごく勧めているものだと知りました。知ってから、娘達にも、と買いに行きましたが、既に影も形もなく、、、。

さてこちらに戻って使い始めて、使いやすいの何の!昔のあの愛用フライパンが帰ってきてくれたような嬉しさ、、。空焼きバンバン、高熱バンバン!でも、こちらではエンボス加工が見つからない、、、(涙) 検索で見たら有元さんのフライパンはさすがにスーパーエンボスとつくだけあって良さそうですが、定価でも倍する。そんなに違うのかな?この安物でも充分使いやすいのに、、。

これからはテフロンのコーティングが駄目になる度に、エンボス加工のものに切り替えて行こう、もうテフロンとはおさらばだい!って今は息巻いているところなんですけど、皆さん、どうですか?エンボス加工のフライパン使っておられる方、どれ位おられるんでしょう?最初良いと思ったけど、やっぱりテフロンの方が良いよって方、おられます?

極(きわめ)・アジア鍋というのも魅力ありますね~。使っておられる方いらっしゃいます?って、料理真面目にしない癖に、我ながら何を言ってるんだか、、、(汗&笑)
[PR]

by bs2005 | 2008-10-05 05:19 | 未知と無知