石川洋さんの言葉

          
            自戒

    つらい事が多いのは 感謝を知らないからだ

    苦しい事が多いのは 自分に甘えがあるからだ

    悲しい事が多いのは 自分の事しか分からないからだ

    心配をする事が多いのは 今を懸命に生きていないからだ

    行き詰まりが多いのは 自分が裸になっていないからだ

   (NHK教育テレビ『心の時代』より


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

自分の都合を捨てることさえできれば、道は必ず開けていくものなのです。自己点検で大事な事は問題は他人にあるのではなく、自分にあるのだということを、どれだけ気づけるかという点にあるのではないでしょうか。

隣組をつくりなさい。自分とタイプのあわない人、発想の違う人と、何人とでもお友だちになりなさい。同じようなタイプの人間関係は腐ります。いやだと思っている人ほど自分を育ててくれ、自分の偏り、行き過ぎに気づかせてくれるのです。昨日を今日に引きずらないこと、過去の記憶にとらわれないことが大事です。昨日と関係なく、毎日まっさらな気持ちでその人を見ましょう。

納得のいかない苦しみが人を育てる。

神様や仏様はいろいろなかたちを通して人間を育ててくださっている。けっして自分に都合のいいことだけでは人間は育たないということ。もう一つは、納得のいかないことにも、人の見ていないところで真剣に取り組んでいけば、それが自分の人格を磨いていくのです。

自分がした苦労などわずかなことであって、自分が苦労したら、その分だけ、あるいはそれ以上に人の苦労が見えてこなければなりません。苦労は与えるものではなく、いただくもの。多くの人々の苦労をいただき、自分の苦労とする時、その苦労は必ずや実っていくものなのです。(『叶力(かのうりょく)』より)

          

石川洋さんのお父上の最期の言葉は「万事オーケー」だったそう、、、、。それにしても、「納得のいかない苦しみが人を育てる」という一行に特にガ~ンと、、(汗)。苦しみがやってくると、納得が行くか行かないかのレベルに自分は拘って人生を無駄にしてきてしまったなぁ、、と。自戒、自戒!
[PR]

by bs2005 | 2009-04-11 03:27 | 私の自戒録  

<< abs ゲーテに120% 同感! >>