したたか外交の一提案

名前忘れましたが、アメリカの北朝鮮担当者が日本の議員集めて、拉致問題の解決なくてもアメリカはテロ指定を解除すると言ったようですね。



日本の報道では、日本がどう受け止めるか様子を探ったなどと言ってますが、何度も書いたように、アメリカはアメリカの言い方で何度も表明していることです。あまりに日本側が察しが悪いので、もう少しはっきり言っておく必要に駆られたということでしょう。特に給油継続の問題もあるので、ショックを受けられても困ると、、。

それで日本政府は福田さんの訪米時にもっと強力に要請する、なんて言ってますが、強力にであれ、何であれ、お願いする限り、外交辞令以上のものは返って来る筈ありません。もうアメリカはとっくの昔に答を出しているのですから。

そこで提案です。拉致問題を無視してテロ指定を解除するならば、日本はもう思いやり予算を出さない、そちらの思いやりが得られない以上、こちらもその義務は無いと言ってやったら?もう答を出した拉致問題での譲歩は得られなくても、予算削除の大義名分は得られるかもしれません。

今の日本の政治家にそんなこと言えるガッツは無いでしょうね。でも、アメリカが態度を変えるのは、こういうガツンと向かってくる相手に対してのみです。いくら要請(お願い)しても無駄なことです。ますます馬鹿にされるような要請は止めた方が良いと思います。したたかな外交とはこういう事です。ガッツが必要なのです。腰の引けた外交で得られるものは何もありません。

いつまでも日米同盟はアメリカが日本を守ってくれるもの、などという錯覚から目覚めないから、がつんと言えないのです。日米同盟はアメリカにとって都合が良いからです。どちらの方がそれから利益を得ているか、アメリカの方が大きいかもしれません。基地問題で日本の多くの人々が苦しんでいることを考えても。政治家はその苦しみを自分の痛みと感じていない分、アメリカに大きい借りがあるように感じているようですが、、。

正しく認識できていないから弱気になるように見えます。お世話になっているのに文句は言えないという感じでしょうか。アメリカにとって利益のないものならば、アメリカはとっくに破棄してます。アメリカの国民の誰一人、自分達の息子や娘の命を犠牲にしてまで日本を守る義務がある、なんて思っていません。当然のことです。あまりにも当たり前で、文句も言えない当然のことです。いざという時にアメリカが守るのは日本ではなく、日本にある米軍の基地です。

幻想から目覚めて、ガッツのある外交をするべき時です。外交はお願いで何とかなるような場ではありません。生き馬の目を抜く場です。終戦直後の吉田首相のガッツを見習って欲しいと切に思います。
[PR]

by bs2005 | 2007-11-10 10:28 | 異論・曲論  

<< アルゼンチンへの道 シーレーン問題 >>