「イエス「と「ノー」のお話

先日、『英語でしゃべらナイト』と見ていたら、アメリカから来て日本で歌手活動をしているリサ?・ナントカという見目麗しい女性がゲストで出ていて、片言の日本語を駆使していた。日本で感じることは?と訊かれて、「日本人はイエス、ノーがはっきりしていないので分りにくい」と言っていた。



よく外国人の口から聞かれる言葉である。アメリカでもビジネスマンの口から何度か聞いた。そこから日本は建前文化だからという日本人は多い。

ちょっと待って!と言いたい。確かに日本人のイエス、ノーは外国人にはわかりにくい。また、京都のぶぶ漬けに代表されるような、日本人同士の間でも文化を理解しないと分りにくい面はある。しかし、よく考えてみて頂きたい。

日本人同士なら、大抵の場合、(大人同士なら)どんなにうまい表現でも、イエスに聞こえる言い方でも、ああ、ノーなのね、と阿吽の呼吸でお互いに了解しあっている。その言い方がイエスかノーかの本音を理解できる共通の文化があるからだ。問題はそこに理解しあえる文化があるかどうかの違いだけだ。

外国だって大抵の文化は建前を大事にしている。本音をぶつけあうのは余程近い関係だ。勿論、どの範囲までかには個人差はあるにしても、そう親しくない関係で本音をむきだしにする文化は無いだろう。争いが絶えなくなる恐れがある。建前と本音を使い分け、表現する方法=文化が違うだけである。

アメリカ人もそうである。建前を本音のように見せるのが日本人より上手い面もある。日本的基準からするとやけにはっきりして見える局面もたくさんあるが、逆にアメリカ文化を理解していないと誤解する表現の場合も多々ある。

そこを踏まえておかないと、とんでもない誤解をする。本音でストレートに語り合う文化だと思い込んで、言いたい放題を言って陰で憤慨させたり、はっきりノーと言わなかったからノーじゃないんだろうと思い込み、相手を辟易とさせたりする。イエス、ノーの言い方、建前と本音の表し方と了解しあい方が文化によって違う。その理解がとても大事だと思う。

アメリカ人の思う「教養ある人」は、怒りを公的な場で表さない。そもそも声を荒げることを非常に嫌う文化である。だから穏やかに、場合によってはニコニコと耐えているので、日本人は調子に乗ってしまったりする。

アメリカ人にとっては、自分が「教養のある人」と思われることは、社会的地位を上げて行く上ですごく大事なことだ。「教養ある人」は知識をひけらかしたり、自分の優位性をあからさまに相手に見せつけたりしない。人間は自由で平等なものと体の全細胞が理解して動いていることを、いつも人にアピールしたいと思っている。

「教養ある人」はあからさまに相手を失望させたりしてはならないとも思っている。よくフランクとかフレンドリーとか気取りが無いとか言われるけれど、それが自分と立場や地位の違う人間に対する「教養ある人」の取るべき態度と信じるからそう振舞う。相手に露骨な失望や怒りを見せたり、悪感情を与えたりすることは「教養ある人」のすることではないと思っている。

拉致問題を北朝鮮のテロ指定解除の条件から外すなと日本政府はアメリカにお願いし続けている。牽制する為なら、時間稼ぎの意味でも大いにやって欲しいけれど、その件に関してはもうとっくの昔にアメリカはノーと言っている。ノーという言葉を使わなくても。アメリカの文化の中では、はっきり分る表現で断っている。そんな期待はするな、と。

アメリカ人だって、いつもくっきりはっきりノーと言う訳ではない。相手と状況を見て上手に言っている。それが見えないのは自分の文化の枠で、或いはアメリカはストレートで建前を使わないなどという誤解の枠で見るからだ。

政治的判断で、それに気づかない振りをしているならば、それはそれで意味のあることだと思うけれど、本気でそう思っていつまでもそこに縋っているのだとしたら、大いに問題だと思う。ノーなのだと受け止めて次の外交手段を考えて行かなければならない。いつまでも馬鹿の一つ覚えのようにお願いしていても始まらない。

相手は既にノーと言っているのだ。表現が文化によって違うだけのことだ。拉致問題に関してはとっくの昔に次の手を考えて行かなければならない状況に来ている。アメリカに「お願いする」エネルギーを他に使ったらどうかと思えてならない。
[PR]

by bs2005 | 2007-10-29 01:05 | 異論・曲論  

<< コワレそう、、、。 やっと、Vocalist 3!! >>