これ見よがしの訓練

大量破壊兵器と日本に運ぶ石油、麻薬が海上でテロに渡るのを阻止する訓練をニュースで見た。給油継続が問題になっている今だからこその茶番という感じだ。こういう任務の為に、給油継続が必要なんだと言わんばかり。わざとらしいこと極まりない。



こんなことで大量兵器や麻薬がテロの手に渡るのを阻止できる訳がない。彼らが手にする方法は他にいくらでもある。米元高官の意見広告通り、大量破壊兵器がテロに渡らないようにする最も有効、そして唯一の方法は、大量破壊兵器を初め、テロの手に渡ったら困ると思う全ての兵器は一刻も早く廃絶することだ。それしかない。

麻薬に関しては、何度も言うように農民が作らないでも済むように灌漑を進めて、まともな農業が出来るようにしてやることだ。麻薬を作らせないようにするより他ない。

石油運搬を海賊から守るのが目的なら、あんなに多量の油が必要である筈がない。要所を押さえた警備をすれば良い筈だ。そして給油も各国の出航する港でやればよい。港でやるなら、わざわざ自衛隊がやらなくても油代を出せばよい。国際貢献はお金だけでよいのかと居丈高にいうけれど、現物支給かどうかという差に何の意味があるのか。

野党のお株を奪って民主党に自衛隊の海外に於ける軍事力行使はできないと言ってる傍から、あんな訓練をする法的根拠はどこにあるのだろう。出来ないはずのことを練習する意味は?根拠も理屈も滅茶苦茶、矛盾だらけ。自衛隊を海外派遣したい、集団自衛に参加したいという本音が丸出しで、自己撞着を屁にもかけない傲慢さ。

爆笑問題の大田さんは、「テロとは闘わない」というマニフェストを出したそうだけど、実に本質を突いている。テロは闘うものではなく、テロの背景の本質的問題を解決するべきものだ。闘う限り、テロは増える。イラクだけでなく、アフガンでもああいうやり方は通用しないからこそやめるべき給油だ。

矛盾だらけの訓練をこれ見よがしにやる。実践的にも効果を期待できないようなことを、もっともらしく。あんな茶番を許してしまうのは、民主党が自衛隊のアフガニスタンへの派遣を言い出したり、イラクへの給油でさえなければよいような問題追及の仕方をしているからだ。

与党も野党も、国民を愚弄するのもいいかげんにしてもらいたいものだ。そこまで御しやすい馬鹿と思われているのだろうか、私たちは?
[PR]

by bs2005 | 2007-10-15 10:09 | TON同盟  

<< KAMON 「お一人ボッチデスカ?」 >>