頭はあるのか?!

砲丸が頭にぶつかって大怪我をしたという事件。




詳細を知って、開いた口が塞がらないとはこのことだった。向かいあって砲丸を投げあう?!
危険に決まっている。私も高校のときに授業でやったけれど、当然、投げる方向には誰も居ないということを確かめてだった。砲丸は慣れなければどこに飛んでしまうか分からない。後ろに居たって危ない。それを向かい合って投げ合った?正気か?と言いたい。

正気とは思えないようなことを生徒にやらせた教師の頭はどうなっているのか?
そもそも頭はあるのか?安全の指導はしていたけれど、投げるタイミングを生徒に勝手にやらせたのがいけないというけど、タイミングだけの問題じゃない。それも無責任極まりないけど、向かいあってというのが、そもそもどうしようもない。

全員同じ方向に向いて、投げたら取りに行く。たかが15メートルにそうやったとして時間の差がどれ位あるだろうか?走って砲丸持って戻ってくるのだって体力増強になる。一体、何考えているのか!15メートルもあれば、と思ったのかもしれないけれど、現に事故は起きている。砲丸の安全教育の基本は、「投げる方向に人が居ないことを確かめる」じゃないのか?

それに怪我をした子には申し訳ないけど、生徒も生徒だ。いくら先生が言ったことだって、常識的に考えたって無謀で危険極まりない。「嫌だ!危険すぎる!」と何故抗議しなかったのか?何故唯々諾々とそんなことをやったのだろう?中三にもなって、、。もっと自分の頭で考えてもらいたい。反抗期は何の為にあるのか?

頭の骨が折れたという生徒さん、骨が折れなかった私ですら、こんなに回復に時間がかかっている。若い分、回復力はずっとあるにしても、気の毒でならない。中三の秋、高校進学にも差し支えるかもしれない。こんなことで、一年(或はもっと)棒に振ってしまうかもしれない。

きちんと考えること、言いなりにならない精神、今、日本に一番不足しているものなのかもしれない。「空気を読む」なんてことに一喜一憂しているからこんなことになる!頭の怪我は怖いんだゾ~!ま、私もきちんと考えなかったから怪我したんだけどね、、、(汗&涙)
[PR]

by bs2005 | 2007-10-04 00:46 | 異論・曲論  

<< げんなり、、、 レシピ以前 >>