相手の土俵に乗るなかれ

給油がイラクへ向かう米軍に利用されたかどうかは、本質的問題ではない。そこに拘りすぎることは、相手の土俵に乗ってしまうし、良いように利用されて言いくるめられてしまうだけのこと。本質的な問題はテロの対策に軍事力でというアメリカを初めとした国の動きに、平和憲法を持っている日本が便乗していることの筈。そして、アメリカのテロ対策が世界に平和をもたらすものではないことの筈。

イラクでなければよいのか?そんな単純な問題なのか?
[PR]

by bs2005 | 2007-09-29 07:11 | 異論・曲論  

<< 「ぶんな毎日」に寄せられている... rain out >>