新地雷識別器

東北大東北アジア研究センターの佐藤源之教授が開発した地雷識別器。

これは今までのものと違い、掘削せずに地雷を識別できるので、地面を掘り起こして地雷かどうかを確認する手間が省けます。検知能率もずっと改良され、軽量化されている(約3キロ)とのこと。

現在世界にある地雷は約一億とのこと。早急な除去が必要であり、これを利用出来れば多くの国に貢献出来ます。現在実用化を目指しているそうです。頑張って欲しいです。
[PR]

by bs2005 | 2007-09-29 00:19 | TON同盟  

<< rain out 相撲協会の体質 >>