かかりつけの産婦人科医が居ない?

最近、救急でたらい回しにされて流産、早産等々の話をよく聞くけれど、多くの場合、かかりつけの産婦人科医が居なかったとある。妊娠6ヶ月過ぎの妊婦すら!



最初、これを聞いたときは、ずいぶんいい加減な母親だなと思った。妊娠したらかかりつけの医者を見つけるのが最初の仕事だと思うからだ。

でも、何度も耳にする内に、これは産婦人科医不足の一つの結果なのかもと思うようになった。最近の女性は働いている女性が多い。仕事が忙しくて、ただでさえ見つけるのが困難な産婦人科医を見つけられないでいるのか、仕事が忙しくて行く暇をもらえないのか?あるいはそうは思いたくないけど、単に最近の女性が命を軽視しているのか?

何にしても、このかかりつけの産婦人科医が居ないという問題の根は深いように見える。ここにもスポットを当てて、構造的問題があるなら解決を図ってもらいたいものだ。せっかく授かった命、社会全体で守って行きたいものだ。
[PR]

by bs2005 | 2007-09-08 01:28 | 異論・曲論  

<< 君子豹変す カー・ラジオで聞いたコマーシャル >>