入った方がいい「ひび」もある

テロ対策特別措置法延長に反対すると、日米同盟にひびが入るという。日米同盟にひびが入るのではなく、ブッシュ政権との関係にひびが入るのだと思う。そして、それは入った方が良いひびだ。




他の国もどんどん撤退している。日本だけが残ったら、今度こそテロの攻撃目標にされるだろう。延長した期限より先にアメリカが撤退を決めたら、テロ横行の世界で丸裸で取り残されるのは、アメリカではなく日本である。そういう日本の国益をもっと慎重に図るべきだ。アメリカ人だってその気がないのに、ブッシュ政権と心中するわけに行かない。

今のイラク侵攻に象徴されるブッシュ政権のテロ対策に大抵のアメリカ人はノーと言っている。日本がブッシュを支援しないことは、そういう人たちを支援し、連帯することにつながる。今のブッシュ大統領の国民からの扱われ方は、今の安部さんの国民からの扱われ方に酷似している。次の政権になったら回復されるようなひびに過ぎない。次の政権にだって、日本の骨のあるところを見せておいた方が良い。

日本がアメリカで軽く扱われている最大の理由は、日本がただのイエスマンだからだ。日本独自の姿勢をアメリカに抗してでも見せるという態度がない。アメリカに抗してそういう態度を見せる国は、最初はもちろん議会でもマスコミ等々でもブーイングを受けているけれど、長い眼で見ているとほぼ必ずそれなりの尊敬を勝ち得ている。

小沢さんは今度のことでむしろアメリカから丁重に扱われるようになるだろう。懐柔する為に。小沢さんも党内の雑音に惑わされずに頑張ったら良い。そしてアメリカとの交渉の中で、北朝鮮核問題で拉致問題を見捨てないことと引き換えに、年内一杯の期限延長を承諾する位の駆け引きをすれば良いと思う。安部政権のようにただ懇願してもアメリカには無力だ。切り札を掴み利用する、そういうしたたかさを発揮するべきだ。アメリカが切り札を持たない相手に国益に逆らってまで屈したことはないのだから。

日本は戦争を国際問題の解決手段とする今のアメリカのあり方に、もっと声を大にして毅然とノーを言って行かなければならない。金魚のふんは金魚だって尊敬しない。同盟関係であることは金魚のふん的存在に甘んじることではないはずだ。
[PR]

by bs2005 | 2007-08-11 01:15 | TON同盟  

<< もう一つの問題発言 核の傘ではなく、非核の傘に入ろう! >>