きな臭すぎる、、、

集団自衛権行使に賛成で、憲法解釈を変えるべきだという人間ばかりを集めた懇談会、そのメンバーのほとんどがそういう意見だったのは当たり前すぎる話だ。そもそもそういう人選をして、これが結論ありきでなくて何だろうか?「結論ありきではありません。」と抜け抜けと言える神経の太さは何だろうか?



国際社会が求める日本の役割、という。国際社会とは具体的にどの国々を指しているのか?アメリカ以外にどの国を指しているのか?中国が入っていないのは既に反対を示していることからも明らかだ。一部の国しか支持していないものがなぜ国際社会の支持と言えるのか?

国際環境が変わったから、という。そういう目先のものに日本が振り回されて良いのか?日本がどういう国際社会作りを目指すのか、そのためにどういう形の貢献があるべきか、その論議を抜きにして、何を語りうるのか?日本の主体的姿勢、ビジョンはどこにあるのか?

日本の安全が集団自衛によって守られる、という。その保障がどこにあるのか?軍事同盟と集団自衛との差はどこにあるのか?今の国際社会で、特定の国とあからさまな軍事同盟を結ぶこと、あるいは軍事力に依存した方向を目指すことが果たして安全でありえようか?

特に、その国際戦略によってテロの標的とされている国との軍事同盟が、日本をどれだけ危険な方向に持って行くか、アメリカを更にどれだけ危険な方向に後押ししてしまうか?それはアメリカを助けはしないし、安全にもしない。日本もアメリカも泥舟に乗って、泥沼への旅立ちになるかもしれない。

北朝鮮の脅威、という。しかし軍事的に脅威を増すであろう日本を、北朝鮮は黙って手をこまねいてみているだろうか?やられる前にやろうと動きかねない国ではないか。

それぞれ、どれだけの可能性を具体的に現実的にシュミレーションをしているのだろうか?短絡した机上の議論ばかりが横行しているのではないだろうか?

こういう国際情勢だからこそ、日本独自の国際平和への道を慎重に探ることが最も大事なときに、こんなに抜け抜けと世論操作を行う指導者のあり方はきな臭すぎる。本当にもういい加減にしてもらいたい。私はゆっくり治療と静養に専念したいのに、心配でおちおち休んでいられない、、(涙)。
[PR]

by bs2005 | 2007-05-18 22:23 | TON同盟  

<< 短期の転地療養 風が吹いても桶屋は儲からない >>