憲法に寄せる夢

現憲法は60年前に作られたものだから、今の時代に合わないという論がある。だから改正するべきだと。

では60年前に果たして時代に合ったものだったろうか?断じて否である。百年も先を行った進んだものとさえ言える。あれを押し付けたアメリカの意図が何であれ、あの九条の平和の精神は、時代をはるかに超えた人類のあるべき未来を先取りしたものである。



どの国でも憲法は理念を語っている。謳っている内容が実現されているかといえば別の問題だ。達成目標みたいな面もある。憲法は個々の時代の要請を超えた存在で、時代に左右されない普遍の価値を希求したものである。

世界第一の軍事力を持つアメリカがベトナムで敗退し、今イラクで泥沼にはまりこんでいる。軍事力に頼ろうとするアメリカ式やりかたがもう通用しないことを示している。現憲法の指し示したものの正しさにやっと時代が答を出したのだ。今こそ、自ら選び取って行くべき道だ。

あれが押し付けだというのなら改正も辞さない。でも、今度こそ、国民の手自らで平和憲法を高々と宣言する。その時初めて、日本のあの戦争への反省がはっきりする。そして、自衛隊を持っていても、それを侵略に使う気はないのだとはっきりする。日本国民の平和を希求する気持ちが本物であることがはっきりする。

領海侵犯、国土侵略に対してのみ発動する戦力として自衛隊を規定すれば良い。災害などでの国際貢献は既にしているのだから、憲法を変えるまでもない。国際貢献は大いにするべきだけど、アメリカ貢献でしかないようなものとははっきり区別されるべきだ。非核非戦を指し示すことが日本に出来る国際貢献だ。

そもそも日米同盟を双務的なものにするために憲法改正などというのは馬鹿げた発想だ。基地問題等々、日本だって既に犠牲と負担を払って来ている。双務的なものに、などという発想は何と卑屈な、誤った、しかも日本を破滅に導く危険な見方だろう。どんなに日本がアメリカの為に尽くしたって、アメリカは国益に合わなければ簡単に見捨てる。アメリカに義理人情や浪花節が通じるとでも思っているのだろうか。

今こそ、日本が国民の声としてこの平和憲法を世界に発信し、これが地球を守る道なのだと高らかに率先して宣言する。そのことに日本人全体が誇りを持って生きていく。その勇気ある姿勢が何よりも日本の平和と安全を守ってくれる。それが私の夢だ。

リスクのない選択だとは決して思わない。集団自衛やアメリカべったりの道よりは、はるかにリスクは少ないと思っているけれど、それが正しいという保証はない。しかし、平和を守るためには取らなければならないリスクである。

私達の国があの原爆で焼け爛れ、たくさんの貴い命が断たれ、そして多くのアジアの人々に苦しみを与えて、日本人が誓ったあの誓いは、時代が変わったからとか、私達が戦後に生まれたからと言って忘れて良い誓いだろうか。隣国に脅威があるからと言って投げ捨てられるようなチャチなものだったのだろうか。

あの誓いは日本人のDNAとして、私達が永遠に背負って行かなければならないものだったのではないだろうか。そのDNA無くして、日本人が日本人としてどうアイデンティティを持ちうるのだろうか。
[PR]

by bs2005 | 2007-05-05 10:20 | TON同盟  

<< 祈り 全治4ヶ月? >>