片思い

アメリカで暮らしていると、アメリカにとって日本がどんなに小さい存在かよく分る。完全に片思いの関係であることが。



首相が来たってニュースになるのは稀。拉致問題だって、ブッシュ大統領と横田さんが会ったことだってニュースにもならない。アメリカ人の殆どは拉致問題を知らない。政府もマスコミも知らせようともしない。

アメリカにとって日本が大事なのは、あくまでもアメリカに利益をもたらす範囲のことだ。それ以上でもそれ以下でもない。そして、本質的に国と国の関係はそういうしたたかで非情なものだ。

信頼関係を築くことは大事なことだけど、国と国の政治的信頼関係と、人と人の信頼関係は別のものである。混同したり、情緒的になってはとんでもないことになる。

冷静に先の先まで読める将棋や碁の名人のような冷徹な知性が求められる。日本の政治家やいわゆる有識者でそれを持つ人が居るのだろうか、甚だ心もとない。

片思いで、再び日本を戦争に巻き込むようなことがあってはならない。日本は戦争以外の手段で国際政治を行う権利と義務を持った稀少の存在である。

押し付けであろうが、棚ぼたであろうが、戦争放棄の憲法を持ち得た、そして世界で唯一の被爆経験を持つ国の権利であり、義務である。本当に「許されてはならない」のはそれを忘れることだ。
[PR]

by bs2005 | 2007-04-27 00:13 | TON同盟  

<< 安倍首相訪米の実像 安倍総理の質問の落とし穴 >>