有識者会議の怖さ

頭がまだ働かないので、あまり書きたくはないのですが(笑)、ニュースを聞いているとじっとしていられない感じがしてきます。とんでもない道に進もうとしているように見えるのです。それで、いつもにも増して、おおざっぱな論で申しわけありませんが、やはり書いておこうと思います。





今の憲法では許されないとする集団防衛を認められる憲法解釈を、有識者会議で検討するとのこと。そこに選ばれる有識者とは一体どういうメンバーなのか?拡大解釈で一体どこまで行こうとしているのか?

今の国際情勢、安全保障情勢に現憲法は対処しきれないと考えるメンバー。日本も国際貢献するべきだと考えるメンバー。それ自体には異論はありませんが、具体的にはどういう考えを持った人々か?

日本人の悪しき傾向として、〇〇すべきという「べき理論」に振り回される傾向があると思います。何故、いかに、という中味や、それがもたらすものの長期的な展望の検討が不十分なままで。

国際貢献は勿論するべきです。しかし、内容と現実性と長期的展望がしっかり論議されるべきでしょう。日本が最も有効に貢献できる道は何か?軍事力には絶対に無いと思います。

安全は保障するべきです。しかし、日本の場合、それを軍事力で獲得できるか?逆だと私は信じています。長い目で見たら、今の道は危険なだけです。今まで対岸の火事を決め込み、平和ぼけとまで言われてきた日本が、北朝鮮の脅威で慌てて、単純にま反対にぶれるようなことがあってはならないのです。本当にその道が安全に寄与するのか?現実的に考えるべきです。

国連の紛争解決、監視に協力する為の自衛隊派遣はあってもよいように見えます。しかし、その道を開いてしまえば、アメリカと一緒に何処かの国に侵入する戦争を拒否できる道はもう無くなります。それが日本の安全になる筈がありません。

今のアメリカの軍事力に頼った国際戦略は、アメリカの中ですら疑問を持ち始めている人々は沢山います。何が長期的に最も有効であるか、現実的であるか、今こそ、日本はしたたかに見通さなければならないのです。

安倍さんは悪い人ではないと思います。信念を持った筋を通す政治家としての魅力も持っています。

でも、決定的に不足しているのは、戦争に振り回され、乗せられ、空しく命を散らした庶民の側に立って過去の戦争を見ていないことにあります。指導したエリートの側からしか見ていない、そのことに気づいてもいない、それが一番の問題だと思います。

国際関係は信義や好意には基づいていません。国益に基づいているのです。信義を守るのはあくまでも国益が守られる範囲内のことです。日本がいかにアメリカへの信義を守ろうとしても、アメリカは国益にかなわなければ、簡単に日本を見捨てるでしょう。6カ国会議でもその姿勢は見られたと思います。

信義や信念を大事にする姿勢がいつも正しい訳ではない。ある意味では、その姿勢は危険でもあります。国際政治の上では国益を優先した非情さも求められます。指導者に必要とする態度は信念や信義と一歩離れたところから見られる、長期的展望に支えられた徹底した現実感覚だと思います。

自分の信念を根本から疑ってみる、そういう態度も国の指導者には必要だと思います。残念ながら、安倍さんにはそれが無いと思います。今、必要なのは、エリートの側に立った有識者の発言ではなく、庶民の側に立った発言です。何故ならば、それが結局、最も普遍的な、世界の人々を結び、平和に直結する考え方だからです。有識者の有識なるものに盲目的に従ってはならないでしょう。
[PR]

by bs2005 | 2007-04-11 03:39 | TON同盟  

<< 道遠し、、 今にして知る渦中の混乱(+救急... >>