地球上で最も普遍的なもの

それは庶民なのだと思う。自分の暮らしに精一杯で、自分の家族を守るのに精一杯で、家族のことで一喜一憂し、喧嘩したり、いつの間にか仲直りしたり、家族が欠ければ嘆き悲しみ、新しい命を愛おしみ、自分の家族の誰も戦場に引き出されないように、政治とか軍事とか思想とか宗教とか難しいことは分からないけど、ただ家族の無事を切に願い、、、。



それだからこそ、地球上で最も強い力を持ちうる存在なのだと思う。地球の裏側の庶民と庶民が心を繋ぎ、指導者の思うままに戦場に駆り出されて、まだ見たこともない地球の裏側の同じ存在の人々を殺したりしないと声を上げて行くこと、そういうことの積み重ねで平和に向かって行ける最も大きい力を持ち得る存在なのだと思う。どんなに遠回りに見えても。

普遍的なものが人を繋ぐ力を持つ。芸術がそうであるように。芸術と庶民、私はこの二つが一番平和に近く、平和の実現に一番力を持つものだと思う。世界を繋ぐものはそういう普遍的な思いへの感動なのだと思う。ただのオバサンをなめるなよ〜!というのは、そういう気持ちからだ。そして私はブログはそういう庶民と庶民をつなぐ力になるものとして期待している。
[PR]

by bs2005 | 2007-01-16 11:24 | TON同盟  

<< 損な生き方は損じゃない。 美輪明宏さんの言葉 >>