その差かも??

政治家や知識人の書いたり言ったりしていることを聞いたり、読んだりする。初めはこちらはただのオバサン、向こうは専門家、向こうの言ってる方が上のレベルなんだろうと思って聞いている。バックグラウンドに持っている情報、知識の差は比べ物にならない筈である。初めは至ってもっともらしいことのようである。



それなのに、よ~く落ち着いて考えてみると、それから先の事を一歩ずつ着実に考えているのか、想定しているのか甚だ疑問になる。

例えば、核武装。北朝鮮の危険を引き合いに出して核武装を言い出す。確かに北朝鮮の危険は深刻だ。しかし、日本が核武装を本気でやりだしたら、多分その前にぶち込んできかねない位、危険な国だと分っているのだろうか。

そうなったときに、他のアジア諸国が日本を擁護してくれるなんてことがあるだろうか。口では非難したって、日本が核武装するのを自分達には出来ないやり方で止めてくれて有難いとさえ思いかねない。

中国を初め、多くのアジアの国が日本の核武装をそのまま黙って見ているだろうか。日本は第二次大戦の前科者なのだ。極端な話、中国あたりからは止めなければ宣戦布告されるかもしれない。北朝鮮相手のようにお手柔らかにとは行かないだろう。こういうことは極論だとしても、そのままで済むわけがない。アジア全体を敵に回すことになる。

ある大学教授は、核武装すれば、日本は米軍を頼らないで済むから、米軍の日本駐留の為に支払ってきた経費が浮く。雇用も増える。だから、経済効果が上がる、などと言っている。これが大学教授の言うことだろうか。開いた口が塞がらない。(一瞬、そうかなと思ってしまったのだけどー恥&笑)

この教授は、色々のその他の要素があるから、単純には言えないが敢えてそういう要素から切り離して言えば、なんて逃げ道を作って言っているけど、切り離せない大前提を無視したどんな理論も空論でしかない。傾聴するのも時間の無駄のような論理だ。

日本の核武装がアメリカの国益にならなかったら、中国や北朝鮮よりもっと厳しく、それを阻もうとするのがアメリカだろう。あらゆる対抗措置を取るだろう。アメリカがくしゃみをすると日本が風邪を引くと言われたような依存関係で、アメリカを敵に回して核武装など出来るわけもない。

忘れてはならない。アメリカは日本に原爆を落として、それを一度も公式にきちんとした内容で謝罪したことも反省したこともない。いざとなれば、落とせばよいと思っている輩はいくらでも居る。敵に回せば世界のどの国より容赦のない国だ。民主主義と自由を守る正義の国アメリカを守る為には、どのようなことでも正当化されうると思っているのだから。

アメリカが日本に核武装を認めるとしたらー現にタカ派でそう言っているアメリカ人は沢山居るー、それはアメリカに大きい利益をもたらす場合だけである。大きい利益とは何か。極東戦略を完全にアメリカの代わりに日本が担って、人的にも経済的にもアメリカがその負担を免れることが出来る保証がある時だ。そうなったら、米軍の駐留の経済的負担などとは比べ物にならない負担を日本は背負う。

たった一歩先を考えたって、核武装が日本の為にならないのみならず、現実的でないのは明らかだ。そういうことがただのオバサンにすら見えるのに何故見えないのだろう。

そのことが不思議でたまらない。一体何故見えないのだろう。もっと頭も知識もある人達が、こうなったら相手はどう出て、そこからどうなるかというシュミレーションをしないで、どうしてこんなに大変なことを平気で思いつきのような気安さで言うのだろう?

そうして考えている内にふと思いついた。エライ人というのは、色々言い出して、陣頭指揮を取って、それがうまく行かないと尻拭いは皆、下にさせる。そうやってそういう発想に慣れ切ってしまっているからではないだろうか。第二次大戦だってそんなものだ。

それに引き換え、オバサンは自分がしくじったら、皆、自分で始末に走り回らなければならない。そうならないように、どうしたって先のことまで考える。その差かもしれないとふと思った。ま、半分冗談だけど、オバサンが考えるより少しはまともなことを、エライひとには考えてもらいたいものだ。
[PR]

by bs2005 | 2006-12-22 07:16 | TON同盟  

<< 優れものの川柳 少子化と愛国心 >>