日米の健康保険制度の功罪を考える

アメリカに来て制度に関して日本は良かったと一番思ったのは、国民皆健康保険制度だ。アメリカにはそういう公的なものはない。民間の保険会社の中から選ばなければならない。そして高い。



低所得の人は、保険料を払えず、保険を持っていない人が沢山居る。病気に罹っても医者に行けない。行っても、持っていなければ診療を断られる。

個人で払うのには高額なので、保険料を負担してくれる勤め先かどうかは、勤め先を選ぶ時の大きい基準だ。パートタイムでは滅多にない。保険料のために、他の条件は良くないけど、そこに勤めているとか、その為にフルタイムの仕事に就いたという人も珍しくない。

それに比べて、日本は良い!日本人は皆そう言う。私もそう思って来た。先日、テレビで少子化の影響で健康保険は立ち行かなくなりつつあり、保険料が急激に値上がりしているという。

老夫婦が、今までの保険料が20数万円から40数万円に上がると暗い顔をしていた。定年後の年金暮らしでそれだけの値上がりは、確かに暮らしに深刻な影響を与えるだろう。自分で払っていないので正確には分らないけど、もうアメリカの健康保険とそう変わらない金額になろうとしているのかもしれない。

アメリカの医療は、保険会社の睨みが効いているので、非常に限られている。必要でない検査、投薬は絶対に保険が降りない。時には必要なものまで認められない。医者が時々テレビで文句を言っている。医学的立場から言っているのに、損得だけで保険会社は認めない、非人道的だと。

入院に関してもそうだ。お産は一日で退院させられる。手術でも、呆れるほど短期で退院させられる。保険が降りないからだ。まだ充分回復していない、本当は最低でもあと数日というようなときでも退院しなければならない。そういうのを見ていると、日本は良い。

しかし、日本の場合は、不必要な検査、投薬が多すぎる。入院も長すぎる。そして必要な医療だったかどうかの監視体制も整っていない。時々、患者の知らない所で、患者の受けていない治療、薬代まで請求していたという事件が新聞に載ったりする。

アメリカの場合は、医者からの請求が全て患者に届く。自分が受けてもいない治療で保険が払われるなどということはあり得ない。株式市場などもそうだが、日米の大きい差は色々な分野で監視体制が全然違う。談合も最近明るみに出てくることが多いが、そもそもはアメリカから談合の消滅を数年前から厳しく迫られて来たことによる結果だという。こういう面はアメリカを見習うべきだと思う。

日本の健康保険がそんなに高くなったのは、少子化もあるだろうが、無駄な検査、投薬、不必要な入院、不当な請求、そういうものも大きくあると思う。

少子化だからと言って安易に値上げするのではなく、そういう所にメスを入れるべきだと思う。医者が請求しているものは患者が知るべきだし、不必要な医療は止められるべきだ。今の検査、入院等、アメリカは極端に少ないかもしれないが、それにしても、日本はその数倍やっている。適正なのはちょうど日米の真ん中あたりなのかもしれない。

私は毎年こちらで検診を受けているが、人間ドックのような大げさなものではない。はるかにあっさりしている。そして保険が支払ってくれる。胃カメラだって、もう20年以上やっていない。検診に名を借りて不必要なものまでやっているのではないか。日本の人間ドックのようなものの一部は数年に一度やればよいのではないか。もっと簡単にすれば、検診を受ける人も増えるのではないか。

検診は健康保険は効かないのだろうから、直接には関係ないかもしれないが、日本は医者に任せ過ぎている部分も大きいように思う。こちらでは、「病気を治すのは患者本人。医者はそれを手助けするだけ。」という考えが浸透しているから、日本のような権威主義ではない。患者が主役であり、患者の判断が尊重される。患者も自分で色々調べたりして日本の患者ほど医者任せではない。

医療費の無駄を抑えないと健康保険組合はどんどん値上げしなければならなくなる。そしてワーキングプアの人達を初め多くの人が保険料を払えず脱会して、今のアメリカの低所得層のように、医療を受けられなくなってしまうだろう。日本がせっかく持っているこの素晴らしい制度を失わないでもらいたい。
[PR]

by bs2005 | 2006-12-15 03:58 | 異論・曲論  

<< 心打つメール 日本の大腸検査で思うこと >>