日本に求められているしたたかさ

アメリカに住むようになって、よその国とアメリカとのやりとりを見ていると、アメリカは勿論、どの国も実にしたたかである。日本みたいに従順で、アメリカの言うことに一喜一憂している国はないように見える。



そして、ここまで強気に言うかというような国の方が、一人前の国として敬意を持って扱われている。日本は実に軽く扱われている。日本の誰々(首相、皇族を含めて)がアメリカに行ったとトップニュースになっているようなことが、新聞にも載らなかったりする。勿論、たまには取り上げられるけど、、。

言いたい放題のことを言う国に対して、政治家もマスコミも当然こぞって批判する。でも、それでどうということもない。お互いに国益の為に言っているのであり、国益の為なら、嘘とは言わないまでも本当のことは言わない、必要ならはったりもかますということは承知の上だ。言ってみれば出来合い勝負みたいなものだ。

安保ただ乗り論というのがある。日本もそれに見合った協力が必要だ。対等の関係であるべきだ、云々。その全部の論点を否定するつもりはないけど、そもそも「ただ乗り論」という言い方自体が非現実的である。

アメリカの世界戦略(特にアジア戦略)に必要だったから、アメリカは安保条約を守ってきた。何も日本を守ってあげるためではない。アメリカの国益に適ったからである。

日本がただ乗りしているようなものでしかなかったら、とっくの昔に廃棄している。ただ乗りなどと有難がることはない。アメリカにとってもオイシイものだったからだ。どの国であれ、どこかの国をただ乗りさせる程、アメリカは人の好い国ではない。

そして今、中国とアメリカの関係が変わって来たり、色々のことがあって、アメリカにとって安保条約は今までのようなオイシイものではなくなって来ている。だから対等にとかもっとやれとか色々の圧力が掛かって来ている。

ひと言で言えば、アメリカは日本に今までアメリカがアジアでやってきたことを肩代わりして欲しいのだ。喉から手が出る程、そうして欲しいのだ。アジアに今まで割いていたような力をこれ以上割きたくない。本国の防衛、イスラム圏との軋轢に全力集中したいのだ。それがアメリカの国益なのだ。

日本は今までただ乗りだったからと借りがあるように恐縮する必要はない。日本もこの転換期に根性を据えて、したたかに国益を考えるべきなのだ。

私の個人的意見では、日本の国益は、核武装にも、事実上アメリカの肩代わりを引き受けるような集団防衛にもない。何度も言うが、それでは日本を守れない。どちらも破滅への道だ。日本にとって一番国益になる道は、アメリカべったりではない出来るだけ色々な国と等距離の関係を作り上げることだ。それが日本を守る唯一の道であり、国益だ。

軍備力の強化によって立場の強化が得られる国は確かにある。だが日本はそういうものによっては強化できない歴史的、地理的、国際的負荷を背負っている。日本を強くするのは世界全体、地球全体の未来を見据え、その方向を指し示し、それを積極的に担うことによってのみ得られる。その為には先の大戦のきちんとした総括も必要だ。今、日本は正念場を迎えている。再び同じ道を歩んではならない。何よりもしたたかな現実感覚が必要だ。
[PR]

by bs2005 | 2006-12-07 02:57 | TON同盟  

<< 党議拘束が存在してしまう怖さ 是非読んでいただきたいコメント >>