日本を守る道

自分達の国をどう守るか、それが欠如した平和論、反戦論は机上の空論だと思う。そういう平和論は、今回の北朝鮮の核実験のような事態に簡単に足をすくわれ、日本の核武装を許してしまうだろう。





核武装では日本は守れない。先制攻撃でもしない限り、やられたら反撃は出来ないことは先の記事で述べた。では先制攻撃出来る位の核を含めた強力な軍備を持つべきか?歴史的に日本はそれを出来ない立場にある。そこに数歩、あるいは一歩だけでも踏み込んだだけで、たちまち孤立するし、今の北朝鮮のようにあちこちから制裁を受けるだろう。

忘れてはならない。第二次世界大戦の頃の日本は、世界にとって今の北朝鮮のような国だったのだ。私たちがそれを忘れても、アジア諸国を初めとして多くの国は今もそれを忘れていない。世界の中で孤立したら資源を持たない日本は立ち行かなくなる。

そういう国々を無視して、アメリカとの軍事関係をもっと強化して海外にも派兵できるだけの関係にするべきか?アメリカは自分の国の兵を海外に送るのに疲れ果てている。日本が肩代わりしてくれたら彼らにとってどんなに良いだろうか、今の世界戦略を見直さなくても済むのだから。今のアメリカの苦悩は、そのまま日本の苦悩になってしまうだろうし、それは日本の崩壊に繋がる。

ではどうしたら日本を守れるだろうか。今、国民の一人一人が知恵を絞るべき正念場に来ているのだと思う。政治家、知識人、専門家に任せておきたいところだが、彼らの論を聞いているとあまりに非現実的である。国際関係の中での日本を見ていないか、党派的であるか、平和ぼけしている。

ひと言で言えば、それが実際に実現可能か、或いは有効かという視点が抜け落ちたものばかりだ。だから私のようなド素人のただのオバサンまで必死に考えなくてはならないことになる。そんなオバサンにも忽ち見えてしまう破綻した論法ばかりがまかり通っている今、とたえそれが大した知恵でなくても、見当違いのものでも、一人一人が真剣に考えることが今、とても大事なのだと思う。専門家に真剣に現実的に考えてもらう為にも、、。何と言っても、とどのつまりは自分と自分の家族・子孫を守ることなのだから。

私は、日本は歴史的、地理的、社会的諸条件から軍事力の強化では守れない国なのだと思う。それが現実的・有効なものにならない数々の制約を背負ってしまっている。自分の国のことだけを考えていては助からない、そういう国なのだと思う。相手のこと、周囲のこと、世界全体のこと、そういうことを考えていかないと立ち行かない国。天然資源がないことなどから考えても、それを最も尖鋭な形で体現し、ユニークな運命を背負って生まれた国なのかもしれない。

好むと好まざるにかかわらず、その宿命を使命として、それを誇りに生きていくより他に生き延びる道のない国。日本が世界で唯一の被爆国であり、戦争放棄を謳った国であることも、そういう運命だったからなのかもしれない。

軍事的には恐らく、永世中立(国民皆兵、国中、核シェルターのようなものになったとしても)か、名前を忘れたけど、どこかの東欧の国のように侵略されても無抵抗で直ちに降参し、その中でしたたかに生き延びる道を選ぶかというどちらかの選択しか、生き延びる道は実際にはないだろうと感じている。今以上の軍事力をという発想はあきらめざるを得ないように思う。

日本が日本を守れる道が唯一あるとしたら、それは世界にとって日本がなくてはならない国になることだと思う。日本の安定が世界の安定に繋がり、日本の存在が世界の平和と美しい地球を守るためには不可欠という国になることだと思う。

地球・環境を守る技術・知識、数々の難病を解決する医学、旱魃の国でも作物を育てられるような食料生産の能力・潅水技術等々のノウハウ、自然を守る新しいエネルギーを地球規模で実現できる技術の開発、異宗教・異文化でも対立せずにやっていける共生の思想・哲学、反核のしっかりとした理論、人間を根源で見つめ、人々を共感と癒しに導く芸術・文化等々を日本から世界に発信する。

経済的にも環境的にも文化的にも政治的にもお互いになくてはならない関係を、世界中の色々な国との間に築き上げる。そういうことを通じて、日本が地球の存続になくてはならない国になる。

それが簡単だともすぐ実現できるとも思わない。芯から崩れ落ちてきているような今の日本を見ていると、実現可能性も非常に少なく思える。それでも、いや、それだからこそ、それしか日本を守る道はないように思えてならない。そういう日本の使命の自覚から、生き甲斐も、夢も、愛国心も、日本の再生も、自然に生まれてくるのではないだろうか。

国民ひとりひとりがそういう方向を目指し、今自分の居る場で自分に何が出来るかを考えて行く。そういう方向を見失わずに自分の人生で実現するべきこと、自分の仕事・家庭づくり等々を考えていく、また苛め、虐待などの社会の問題を自分の問題として考えて行く、、

そういうチリも積もれば山となる力の総結集で、山を動かして行くより他に道はないのではないか。そういう意味で真に日本を守るのは一人一人の力にかかっているのだと思う。一番非現実的、遠回りに見える道が、結局は一番実現可能な唯一の近道なのかもしれない。


関連記事:
TON同盟結成宣言^^
TON同盟の輪
その国を美しくするものー2
Patriotism - この神聖にして不可侵なるもの
セクシーさに勝つ
[PR]

by bs2005 | 2006-11-30 01:47 | TON同盟  

<< 一人の力 核シェルター付きマンションに見... >>