ブログの可能性

日本の報道が決して公正だとも、優れているとも思わない。それでも、その報道とアメリカの報道の両方に接すると、言論の自由、民主主義を旗頭に、よその国にまで殴り込んでいくこの国の報道が、いかに制限されて、片寄ったものか分かる。

アメリカにとって都合の悪いことは殆ど報道されない。右寄り、左寄りによって報道の差はあるけれど、双方が頬かむりをしている事がある。



たとえば、アメリカの軍の実情、アメリカと反対側の立場の主張、文化の背景、原爆の実態、等々。報道されても、ものすごく限られたものか、片寄った見方である。アメリカは正しい、素晴しいという枠を出ない。

politically incorrectという言葉がある。たとえ、それが真実でも、言ってはいけないことというのもたくさんある。言えば袋叩きにされて、職を失いかねないような事が結構ある。触れてはいけない聖域になってしまっていることも結構ある。

日本の報道も、今回の総選挙の過程にも顕著に表われているように、腑抜けの報道が多い。相手の建て前をそのまま報道して一歩も突っ込まない。その次元で一緒に踊っている。あんな国民をなめたとしか思えない中味のない反対答弁に、何の批判もない。取り上げるのは票数ばかり、中味への言及がない。

この点だけを取り上げれば、アメリカの報道の方が遥かにましだ。あんな中味のないものを批判抜きで終らせたりしないと思う。自民党の分裂云々のレベルで一緒に騒ぎはするだろうけど、それを超えた本質に触れないでは済まさないだろう。

飛び切り優秀な人がマスコミに行くのに、そうなる。そういう飛び切り優秀な人で、個人的にもその優秀さを知っている人は、大新聞をやめてしまった。直接の動機は知らないけど、新聞では書きたいことが書けない。上から止められて、泣く泣くどうでもよい記事を書くことは少なくないらしい。

国によっては言論の自由がない所もある。そういう国でも、ネットはどんどん広がっている。ブログはそういう上からの報道に拮抗できる可能性を持ったものだと思う。politically correctにこだわらず、また、上からの情報をうのみにするのでなく、自分の目で見て、頭で考えたことを発信できる。

勿論、偽りの情報が流れる危険も大いにあるけれど、マスコミがあえて口をつぐむことこそ、ブログの可能性があるように思う。自分の勤める報道機関で、書かせてもらえないとぼやく記者こそ、世界に向かって、個人として発信してもらいたいものだ。

今回の事でも、マスコミが言わないなら、個人のブログで、今の本当に大事な問題は何なのか発信して行くのは、意味があると思う。大げさかもしれないけど、ブログにはそういう、世界を変えて行ける可能性もあるのだと思う。時間が掛かっても、真実は常に最後には表われる。真実の力に支えられて、発揮出来るものがあるような気がしている。一つ一つの力は弱くても。
[PR]

by bs2005 | 2005-08-12 23:11 | 異論・曲論  

<< 反対派の選挙区に法案支持派の候... 守る >>