今は亡き反原発リーダーの福島事故の予見と言葉

反原発のリーダーであった高木仁三郎氏は2000年に亡くなりましたが、亡くなる5年前に今回の福島事故を正確に予見しています。そして、集中立地が目立つ(福島浜通り、福井県若狭、新潟県柏崎、青森県六ヶ所村など)が、どう対処したらよいのか、想像を絶する とも言われています。原発は、大きい地殻変動が起きた今、またいつ大事故を引き起こすか分からないのです。

今でも日本全土に汚染は広がっています。再度の大事故により、これ以上の汚染が起きたら、日本は人間が住めない国になりかねません。再開を本気で考える人の正気を本当に疑ってしまいます。

以下、福島事故の15年以上前に福島第一原発 について、老朽化により耐震性が劣化している「老朽化原発」であり、「廃炉」に向けた議論が必要な時期に来ていると公的に指摘していた(「日本物理学会誌」に寄稿)ことを引用します。


『考えられる事態とは、(中略) 地震とともに津波に襲われたとき 』

『原子炉容器や1次冷却材の主配管を直撃するような破損が生じなくても、 給水配管の破断と 緊急炉心冷却系の破壊、非常用ディーゼル発電機の起動失敗といった故障が重なれば、メルトダウンから大量の放射能放出に至るだろう。』


『老朽化原発が大きな地震に襲われると、いわゆる共通要因故障(一つの要因で多くの機器が共倒れする事故)に発展し、冷却材喪失事故などに発展していく可能性は十分ある。』

『原発サイトには使用済み核燃料も貯蔵され、(中略) 集中立地が目立つ(福島浜通り、福井県若狭、新潟県柏崎、青森県六ヶ所村など)が、どう対処したらよいのか、想像を絶する (中略) これから徹底的に議論し、非常時対策を考えて行くべき。』


『「原発は地震に対して大丈夫」という言い方は、上述のような疑問や不確かさに対して、すべてを楽観的に解釈した場合にのみ成り立つもの(中略)。 国や電力事業者は、「原発は地震で壊れない」ことを前提にしてしまっているため、そこから先に一歩も進まず、地震時の緊急対策を考えようとしない。』

『行政側(注:通産省)にも事業者側にも原発の安全性を見直して、この大災害(注:阪神大震災)をよい教訓にするという姿勢が少しも見られなかった。』

『「原発は壊れない」建て前になっているため、今のような機会(注:阪神大震災の教訓) を生かして、原発が被災した場合の緊急時体制や老朽化原発対策などを真剣に考えるという姿勢もまったくみられない。』 


『 そのような事態を想定して原発の安全や防災対策を論じることは、「想定不適当」とか「ためにする議論」として避けられてきた。 しかし、(中略) 考えうるあらゆる想定をして対策を考えていくことが、むしろ冷静で現実的な態度と思われる。』


これだけ正確に老朽化した原発の危険性を予見していた人が居るのに、「想定外」とはよくも言えたものです。老朽化した原発は、地震だけでも非常に危険であること、技術者達が津波でなく地震で破壊されたと信じる理由が改めて分かった感じです。私の知るある技術者は「福島でああいう事故が起きた以上、今すぐ日本中の原発を止めるべきだ」と言っています。せっかく既に止まっているものを再開するなんて、最悪の愚行と言えるでしょう。

アメリカの原発でも地震の為、停電が起き、非常電源の一機が故障、警戒宣言が出されています。北海道知事はこんな中で再開したのです。親戚中に電力関係者が居るとか居ないとか。全く、怒りを抑え切れません。

タコームさんがこの高木さんに関して、素敵なコメントを残してくださったので、こちらの記事の中でご紹介します。

サワディ〜カ〜

高木仁三郎さんの「市民科学者として生きる」の「希望の章」の最初にカレン・ヴァン・ヴォルフレンさんの「人間を幸福にしない日本と言うシステム」の一文が載っています。
「こんな風に説得を進めさせてください。個人はすべて、少しだけなら自分の環境を変える能力がある。(中略)そうなる前提として、あなたは基本的で重大な一歩をまず踏み出さなければならない。(中略)つまりそれは、日本でもっとも頻繁に使われている政治用語「シカタガナイ」をあなたの辞書から追放すること。」

きっと原発のエネルギー源は「ウラン」と「シカタガナイ」かも、
じゃぁ「シカタガナイ」がなくなると原発は止まるのかもしれない。
そんなことを思うこの頃です。

出来るだけポジティブに生きたいものです。
アメリカの地震で原発も事故っているようですが、心配ですね、


タコームさんはカレン・ヴァン・ヴォルフレンさんの「人間を幸福にしない日本と言うシステム」を無料で読めるサイトのリンクをご自分の記事で紹介して下さっています。興味のある方はそちらの記事のリンクをご覧ください。古賀さんが指摘しているような日本の官僚の問題も鋭く指摘しています。また、日本には真に民主主義が育っていないこと、市民が存在していないことなど興味深いです。タコームさん、有難う!
[PR]

by bs2005 | 2011-08-24 14:12 | TON同盟  

<< カレル・ヴァン・ウォルフレン『... ムーディーズが日本国債を格下げ... >>