闘う現役経済産業省官僚を応援する拡散ブログ

古賀茂明・非公式まとめ

こちらを読むと、経済産業省や政府の手の内がよく分かります。まだ原発推進なんて言っている人は、是非、これも読んでください。日本の政治体制はたとえどんなに安全な原発(それがあり得るとしても)を作ろうと、その安全を守る体制が無いのです。福島原発事故の本質的意味を理解してください。

あれは偶然ではなく、いつか必ず起きる必然だったのです。もし、ここで脱原発への道筋を作り上げることが出来なければ、いつか再び起きるのも必然です。明日、一年後、数年後、何十年後か、それは分かりませんが、百年も先ではないでしょう。

たとえ、あの規模の津波がこれからも千年に一度だとしても、東日本の原発では震度6以上では必ず故障を起こしているデータもあります。震度7になったら、地震だけでも大きい損傷が置きかねない。福島だって津波が原因ではなく地震そのものと見る技術者は多いのです。耐震データがいかに捏造されてきたか知るからです。そして海外の報道ではまだ福島の本当の脅威は終わっていない、これからという見方も少なくありません。

官僚の中にも、こういう良心的、信念の人は昔も居たし、今も居ます。こういう人がどんどん隅に追いやられていくのは、原発業界でも、原子力学会でも同様です。昔は報道や言論機関がそれを黙殺すれば、ただ消されて行くだけでしたが、今はネットの時代、今度こそ、そんなことの無いように支援して行きたいものです。

それにしても、海江田さんが総理になったら、原発再開は好き放題になりますね。菅おろしに動いた原発業界、経済界の思うつぼ、そんなことにならないよう祈っています。
[PR]

by bs2005 | 2011-08-21 01:02 | TON同盟  

<< 古賀茂明氏のスタンスー『日本中... 小出ウォッチャーの為に >>