高橋はるみ知事のとんでもなさ

遠くで何も出来ないけれど、せめて高橋はるみ知事に抗議のメールを送ろうと思って、彼女のメールアドレスを探している内にWikipediaの記事を見たら、 高橋はるみ氏という人はとんでもない人のようですね。

 2009年 経済産業省出身であり、やはり泊原子力発電所(泊原発)
 3号機でのプルサーマル発電を認可した。

 2006年の長野県知事選では脱「脱ダム」を唱え、穴あきダムなど
 大型公共事業を推進する村井仁(同年9月より長野県知事)を選挙応援した。

 "落札率95%以上"の割合がワースト2位の鹿児島県の76.3%を
  大幅に上回り、84.3%で北海道がワースト1位となっており、高橋知事の
  道政下で談合が広く行われていることを強く示唆している。また、この調査では
  談合により失われたと推定される道予算は全国二位の東京都(179億)を
  圧倒的に上回る全国ワースト1位の約300億円と推定されている。

泊原発容認の北海道知事“高橋はるみ”の後援会『萌春会』会長は、元・北海道電力代表取締役『南山英雄』

原子力安全委員会の動画で、まともな論議は全くされなかったことは白日の下に明らかなのに、二重チェックが済んでいるからとか、ストレステストも済んでいないのに、一体何の権限があって許可を出せるのでしょうか。

でも、彼女の経歴と背景を見たら、こんな出鱈目な決定を平気でする人間であることだけはよく分かりました。こんな人が自分のホームページで「子供たちの未来のために」なんて大きく書いているのを見て、思わず「何を抜かすか!!」と口走ってしまいました。

色々の抗議行動は計画、実行されているようですが、私も行けるものなら行きたいです。こういう一つ一つの動きをまめにつぶして行かないと原発は結局元通りになってしまうと思うのですが、あ~!もどかしい!

とりあえず、道庁室のメールフォームを使って抗議は出しましたが、抗議の声が盛り上がることを遠くから祈っています。
[PR]

by bs2005 | 2011-08-17 13:12 | TON同盟  

<< 危険を訴えるだけでは原発問題は... 「神隠しされた街」 >>