あるイタリア人から石原伸晃氏への抗議文

脱原発の国民投票を集団ヒステリーと決め付けた石原氏へのイタリア人の抗議文とその後のやりとりです。

これに対して彼の事務所はイタリア人のことを言ったのではなく、菅総理のことを言ったのだと苦しい弁解をしていますが、菅さん一人で何故集団と言われるのでしょうか。日本の政治家の国際感覚の無さを露呈した一つのエピソードだと思いますし、このイタリア人(?)の言っていることはまともだと思います。そして石原事務所はそれ以降は沈黙しているようです。恥ずかしいことです。

今までの脱原発、反原発を批判する方の論理の方がよほど破綻している。日本というコップの中でしか通用しない論理です。もっとまともな論議をして欲しいものです。
[PR]

by bs2005 | 2011-08-08 23:16  

<< エアコンよりテレビを消した方が... 「その時はどのみち日本は終わり... >>