「その時はどのみち日本は終わりだから、、、」

原子力業界の中に居て、安全を守ることに必死でいたが為に、居場所を失った人々は沢山居る。自殺に追い込まれた人もいる。そういう人々は当然ながら、もし大事故が起きてしまった時はどうするのかということにも、一生懸命警鐘を打っていた。

しかし、その時、原子力業界の中で圧倒的力を持っていた人々の言葉は、「安全なものが大事故を起こす可能性は極めて少ない。しかも大事故が実際に起きてしまったときはどのみち日本は終わりで、為す術は無いから、その後のことは考えるだけ無駄である」の一言だったそうだ。そんな出鱈目な論理によって、力を持たない人々は弾き返されてしまったのだという。

こんなにも事故後の対策が練られてこなかったのはどうしてだったのか。安全の為に大きな圧力に抗し、刀折れ矢尽きた人の一人にその疑問をぶつけた時に、彼が話してくれたのはこんな話だった。

あの福島原発事故のあまりもお粗末な対応はこんなに乱暴で尊大な、滅茶苦茶な論理に支えられていたのだ。あの原発事故が実際に起きなければ、あまりにもひどすぎるこの言葉が実際に飛び交っていたことさえ信じ難い位だけれど、今なら充分そうだったろうと信じられる。余りにも粗雑で自分勝手な論理で原発が動かされてきたことが、白日の下に晒された今なら、、。

そして、実際には日本は終わらず、福島の人々を初め、日本中が、「日本がそんな風にあっけなく終わらなかった故の」苦しみをなめさせられている。幼児を持った母親たちもどれだけ切ない思いで子育てをしていることだろうか。

それなのに、原発の安全性を全く無視し、安全神話を作り出し、事故後の対応の必要性もこんな論理で切り捨て顧みなかった人々は、終わらなかった日本をいいことに、再び、原子力にしがみつこうとしている。

今度また事故が起こらない保証はどこにもないのに、もう一度日本の何処かでこの規模の事故が起きてしまったら、今度こそ、彼らの予言どおり、日本は終わってしまうだろうに。

そんな時に、日本経済がつぶれるとか、どうとか、そんな呑気なことを言っていて良いのだろうか。もう既に農業も、水産業も、牧畜業も壊滅的危機に遭い、今、日本は終わっていなくても、ゆっくりと終わって行く可能性すら決して無くなってはいないのに。どんな不便や苦しみだって日本が終わることと比べれば耐えられないものはないだろうに。

福島原発の収拾も終わっていない。あの事故の本当の原因もまだ分かっていない。津波ではなく地震で既にメルトダウンは始まっていたと信じる原発技術者は少なくない。地震があっても大丈夫というデータを、真実ではないのに無理やり作らされて精神を病んでしまった原発技術者も居る。

マスコミはそんなことを一切報道して来なかった。マスコミも原発事故の共犯者である。地下水の汚染の度合いも本当には分かっていない。前述の彼は、この汚染は相当広範でひどい可能性があると心配していたが、マスコミはそのことも殆どまともに取り上げていない。水が駄目になったら、日本は本当に終わってしまう。

そういう可能性だってまだ失われたわけでもない。それなのに、原発の必要性を声高に言ったり、脱原発を感情論という人々よ。本当に論理的でないのはどちらか。本当に感情論でないのはどちらか。

日本はどうせ終わると言った人々よ。今、崖っぷちに立つ日本で、あなたがたが守りたいものは今だに原発であるという事の馬鹿馬鹿しさを思い知るべきだ。既に世界で三度も大きな事故を起こしている原発(小さな事故なら無数)が再び起こさない保証などどこにもない。地震国の日本でそんなものに依存するよりも、日本には地熱という資源もある。死ぬ気で研究すれば他にも道は開ける筈である。人類はいつもそうして新しい扉を開いてきたのだから。

原爆、原発と被爆で最も苦しんできた日本だからこそ、その新しい扉を日本が開くのだという気概を何故持てない?!放射性廃棄物という形で後世に大きなつけを回してしまう原発、どんな厳重な原発警備をしても、(全ての送電系統の無数の施設を守るなんて不可能な)送電施設のほんのいくつかを破壊すれば原発のテロ攻撃は簡単に実現してしまうこと、それだけだって原発は禁じ手なのに、こんなに地震の多い日本であなた方は一体何を考えているのだろうか。私はあなた方の正気を疑ってしまう。

あなたがたは一度で懲りずに、今度こそ日本を終わらせたいのか?そこまで日本を終わらせたいのか?
[PR]

by bs2005 | 2011-08-08 12:09 | TON同盟  

<< あるイタリア人から石原伸晃氏へ... 『自民党はどこで間違ったのか』 >>