There will be consequences.

「そんなことをしたら必ずそのつけは払わされるぞ!」とか「そんなことしたらただでは済まないよ」という感じの意味。

consequence は結果、帰結などと学校では習っていると思うが、「当然の帰結」とか、「必然的結果」という起きるべくして起きたというニュアンスが強い。result も「結果」という意味だが、これに比べると無色の感じだ。

京大の入試でネット利用でカンニングをした予備校生、3歳のいたいけな女の子を殺してしまった大学生、どちらもちょっと考えれば、そんな事をやったら、どういうことになるのか分かりそうなものなのに、最近、後のことは考えなかったのかという事件が多い。

社会全体が「やり得」「やり逃げ」が許される社会になってしまっているからだろうか。寒々とした気分になってくる。

ところで私も日頃、食べたい放題、やりたい放題の生活を送ってきたconsequenceか、年をとって抵抗力、免疫力が落ちてきたconsequenceからだろうか?

松の内も終わったかな~という頃、鼻と喉の症状だけの熱も出ないごく軽い風邪にかかったら、何とベッドから出るのがやっとという状態になってしまい、普通の生活がかろうじて出来るまでに2週間以上かかってしまった。若かった頃は、症状から言えば一晩寝ればけろりと直る程度の風邪なのに、そうなってしまった。(涙)

振り返ってみると、去年も全く同じような感じで2週間寝込んでしまった。つらつら考えるのに、若い頃なら、さっとやっつけられた風邪をやっつける力が無くなってしまったようだ。

大事な人々を次々と見送り、自分も弱ってきて、年を取ることのconsequenceをしみじみと感じ、すっかり弱気になってしまったのだけど、大分回復すると共に、少し心身の元気も戻ってきた。そうなれた一番の力は気遣ってくれた人々なんだけど。

風邪が完全に治らない頃に日本に行かなければならなかったり、その間に溜まった家事が山ほどあり、もう2ヶ月過ぎてしまったけれど、私の2011年はやっと今、始まるという感じだ。

There will be consequences.と自分に言い聞かせながら、やるべき事を真面目にちゃんと片付けていかねば、、、(汗)。
[PR]

by bs2005 | 2011-03-05 06:36 | こんな英語表現  

<< 『四十九日のレシピ』から 初夢の訓示 >>