本当に「消費税のせい」なの?

鳩山さんから菅さんに代わって、一気に上がった支持率が、菅さんが消費税のことを言い出したばっかりに選挙には負けるし、支持率がガタ落ちしたということをよく聞くけれど、本当にそうなのか?

勿論、全く影響を受けなかったわけではないだろうし、あの提示の仕方とその後の曖昧な態度は影響しなかったと言えば嘘になるだろうけど、それでも消費税がそんなに左右したとは思えない。そうだとしたら、消費税を10%にと言いだしっぺの自民党が、あんなに議席を獲得するとは思えない。上げる時期はともかく、今のままの消費税で済むと思っている国民は少ないだろう。民主党はもっと根の深いところで負けたのだと思う。

民主党が、今の状態を「消費税をいきなり持ち出したから」、などという薄っぺらな観点から見る限り、民主党の支持は落ち続けるのではないだろうか。そもそも鳩山さんから鳩山内閣の中枢に居た菅さんに変わっただけで、あんなに支持率がころりと変わること自体、実に無責任かつ無内容な国民の対応だったと思う。気まぐれに上がったものがあっという間に下がるのは目に見えていた。政治家のお粗末さは日本の国民のお粗末さをそのまま反映しているのだろう。

政策を通すことも放棄して、あんな根拠のないムード的で無責任きわまる支持率の上昇をあてにして、選挙になだれこんだ民主党の浅はかなご都合主義、そこには先見の明も、物事を本質的に見る視点も全然無い。そもそも、その体質こそが選挙の大敗を招いたのだと思う。その本質的問題は、今度は民主党の代表選が迫っているからと言って、会期を短くしようという態度にも顕著に表れ、消費税を仮想敵にすることで無反省のまま温存されている。

軽率に選挙になだれ込まなければ通っていただろう政策も、ねじれ国会になってしまっては簡単には通るまい。国民にとって通った方が良かった政策かどうかは別としても、自分達が信じて賭けている筈の政策を、そもそも真剣に実現する気があったのか甚だ疑わしい。これが政策政党のやることだろうか。

野党だった民主党が与党になって、すぐまともな政治をするとは思っていなかったけれど、その浅はかさ、ご都合主義、先見の明の無さには呆れてしまう。選挙と首のすげ替えしか考えていないようだ。そしてそれは野党も全く同じ、、日本は一体どうなってしまうのだろうか。世界は待ってくれない。世界の中でどんどん置いてきぼりにされていく日本、悲しくなるばかりだ。
[PR]

by bs2005 | 2010-07-23 04:23 | 異論・曲論  

<< 首相がくるくる代わる国の行き着く先 塩みがき効果? >>